スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Manic Street Preachers 「A Design For Life」

マニックスのライブに行く。横浜ベイホール。

金曜のスタジオコーストは完売しなかったみたいだけど、
今日のライブは土曜かつ小さな箱ということで、即日ソールドアウトだったようで。
そこに集うファンも、きっと熱いんだろうなってことで、期待していた。

経験的に、横浜ベイホールのライブって盛り上がります。
あんなアクセス悪くて、見ずらい会場に集まる人たちって、
たぶん純粋にバンドの音楽に飢えてるんだと思います。

僕がマニックスにハマったのは2、3年前なので、ライブは一度も観たことがない。
初めてのマニックスのライブ、すごく楽しみにしていた。


開演30分前くらいに着くと、既に人がいっぱいだった。
はっきり行って、ライブが観やすいスポットは、全て人で埋まっている。

最近は身体を自由に動かせるスペースのある後方でライブを観ることが多かったんだけど、
折角なので前方で観てみることにした。
柱の裏のステージが見づらいところにはスペースの余裕あったので。

意外にもほぼ時間通りに暗転し、メンバーが登場。
ジェームスは動画で見ている通りの、小太りでちょっと髪が薄くなりかけているおっちゃん。
でもニッキーはかっこ良かった。おっさんなのに、華あるよなー。
マイクの前の飾り物が、すごくイメージとぴったりで、素敵だった。

1曲目はいきなり「You Love Us」だった。
僕はセットリスト情報を絶ってライブに来ているので、不意打ちを喰らった感じだった。
なんか観客すげー盛り上がって、飛びまくってる。Aメロから一緒に歌っている人もいるし。
こうなったら僕もアガります。サビのところを一緒に叫ぶ。いやーかっこ良かったなー。

そして「Your Love Alone Is Not Enough」を挟んで演奏されたのが「Motorcycle Emptiness」!
いきなりこれきちゃうんですかーと。僕はもうテンションMAXです。
この曲のギターフレーズが、僕の目の前で、鳴っている。飛んで騒ぎながらも、感激だった。
この曲でも客の合唱が凄かったなー。ほんと素晴らしい名曲です。ナマで聴けて本当に嬉しかった。

僕は『Journal for Plague Lovers』が好きなので、
「Jackie Collins’ Existential Question Time」が聴けたのは嬉しかった。
そして、セカンドから「Roses In The Hospital」。
「We don't want your fucking love」のフレーズは、かっこよかったなー。

中盤にいきなりクライマックスかよーって感じだったのが、
「This Is Yesterday」「Everything Must Go」の流れ。
この二曲はヤバかった。感動してしまった。

マニックスって、正直言って演奏力あるバンドじゃないし、
年も取ってるから演奏に勢いがある訳でもないし、ステージングも凄いって訳でもない。
楽器の音作りなんかも、いい加減だなーって思ったくらいだし。

でも、彼らの音楽には、とにかく、重みがあった。
彼らの音と、そして何といってもジェームスの歌が、たまらなく僕の胸に響いた。

マニックスは、栄光と挫折、喜びと悲しみを激しく繰り返してきた訳だけど、
ジェームス、ニッキー、ショーンの3人は、結成当時から変わらないメンバーで、
ずっとバンドをやり続けている。そして彼らは、リッチーの存在を背負って音楽をやり続けている。

そんなバンドの歴史を、僕はライブという場所で、強烈に叩き付けられたような感覚になった。
なんてゆーか、音楽の説得力が違う。マニックスにしかきっと鳴らせない音楽。

あそこに集まっていた、恐らく昔からマニックスを追いかけているファンの方々の多くは、
曲の良さもさることながら、そんな彼らの姿勢なり、醸し出す空気なりに魅了されて、
ずっとライブに通っているんだろうなーって、勝手に思った。

しかし「This Is Yesterday」は、ほんとに良かった。
僕は『Holy Bible』が一番好きなアルバムなので、この曲が聴けて嬉しかった。メロディが美しい…。
そして「Everything Must Go」もうとにかくスケールの大きな、これまた美しいメロディの曲。
もうライブ締めてもいいんじゃねーかってくらいに、クライマックスを作り上げていた。

また、「Suicide is Painless」がすごくかっこ良かった。
努めて冷静に歌い上げた後、リズムチェンジして、疾走するところなんて、鳥肌ものだった。
この曲はライブの方が断然かっこいいと思った。しばらくこの曲にはハマりそうだな。

そしてここできました「Motown Junk」!たぶんこの日一番の盛り上がり。
この盛り上がりには正直ビビった。客の人達、すげーって思った。ジェームスに合わせて、大合唱。
心なしか、バンドの演奏も、この曲のときは若々しい。ニッキーの動きがかっこ良かったな。

「If You Tolerate This Your Children Will Be Next」は勿論素晴らしかったんだけど、
更に素晴らしかったのが、ジェームスが一人で弾き語りした「Everlasting」。
思わず聴き惚れてしまって、呆然とジェームスをただ見つめて、彼のギターと歌を聴いていた。

たぶん昔より高音出なくなってるんだろうけど、でもやっぱり彼のボーカルは素晴らしい。
声自体が魅力的ってのもあるけど、彼の歌って、なんでか知らないけど、僕の胸を打つ。
サラッといえば、エモーショナルな歌ってなるんだろうけど、上手く言えない。
やっぱり様々な経験を積んだ人間にしか出せない、表現力ってあるんだと思います。

とにかく「Everlasting」はすごく良かった。感動してしまった。

そしてまたメンバーが戻ってきて(ニッキーは衣装替え)、演奏されたのが「Faster」!
この曲、僕は最高に好きです。ジェームスの歌い方が他の曲での歌い方と違って、
パンクな感じで吐き捨てるようなボーカルになるところが好きです。
この曲もよく盛り上がってたなー。この曲の歌詞もかっこいいもんなー。

ラストの前のMCでニッキーが、ジョー・ストラマー、ミック・ジョーンズを引き合いに出して、
ジェームスを称え、彼の名を呼んだ時の観客の拍手と歓声ったらなかった。
拍手はいつ鳴り止むんだって感じだった。心なしかジェームスも感激しているような表情だった。

僕も周りの観客と一緒に拍手して、歓声を上げていた。
その行動は、本当に何も考えずに、自然に出てきた行動だった。

見た目はかっこいいとはいえないけど、かっこいいぜ、ジェームス。

圧巻だったのは、ラストの「A Design For Life」。
この曲、今の僕の状況と心境にシンクロして、思わず目頭が熱くなってしまった。
歌い出しから観客は大合唱。僕もカラオケかよってくらいのでかい声で、思わず歌ってしまった…。

この曲は本当に超名曲だと思います。
これ以上ないくらいの盛り上がりの余韻を残して、ライブは終わった。


今日のライブ、僕は一人で行ったんだけど、
帰り道駅まで歩きながら、自分の人生について考え込む自分がいた。
今日聴いた「A Design For Life」の余韻に浸りながら。

今は仕事に追われているけど、その中でやっぱりやり遂げたいことがあって、
それに向けて今は頑張ろうって考えていたんだけど、
何か空虚な気持ちになってしまった。なんでか分からないけど。

自分って、何があれば満足なんだろう。なんかよく分かんなくなってきた。


ライブに行って、こんなことを考えさせてしまうマニックスって、やっぱ凄いです。
こんなライブに行ってしまうと、毎回行きたくなってしまいます…。

とにかく今日のライブは良かった。
邦楽ではなく、洋楽のアーティストで、ここまで歌詞に感情を移入してしまうバンドって、
ひょっとしたら彼らが一番かもしれない。

自分にとって、とても大事なバンドです。


Libraries gave us power
Then work came and made us free
What price now for a shallow piece of dignity

図書館は俺達に力を与え
労働を産み、俺達を自由にした
浅薄な威厳を得るための対価はいくらであるのだろうか

I wish I had a bottle
Right here in my dirty face
to wear the scars
To show from where I came

俺はいっそボトルを手に取ってしまえは良かった
今すぐここで、俺の汚ならしい顔に
傷跡をつけるために
俺がどこからやってきたのかを示すために

We don't talk about love
We only want to get drunk
And we are not allowed to spend
As we are told that this is the end

俺達は愛について語ることはない
ただ酒を飲んで酔っ払いたいだけ
俺達は消費することを許されてはいない
これが終わりなんだって、聞かされているんだから

A design for life


(セットリスト)2010/11/27 横浜ベイホール
You Love Us
Your Love Alone Is Not Enough
Motorcycle Emptiness
(It’s Not War) Just The End Of Love
Jackie Collins’ Existential Question Time
Roses In The Hospital
This Is Yesterday
Everything Must Go
Some Kind of Nothingness
You Stole The Sun From My Heart
Ocean Spray
La Tristesse Durera
Suicide is Painless
Motown Junk
If You Tolerate This Your Children Will Be Next
Everlasting (acoustic)
Faster
No Surface All Feeling
Golden Platitudes
Tsunami
A Design For Life


B000024UNZEverything Must Go
Manic Street Preachers
Epic 2001-12-10

by G-Tools



Manic Street Preachers 「A Design For Life」
この曲のPVも、めちゃめちゃかっこいいです。ただイントロの音はでかいので注意して下さい…。
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Manic Street Preachers 「Motorcycle Emptiness」

今日は会社にて、あるプロジェクトの会議があったんだけど、
会議の終わりに、日頃思っている組織としての問題点とマネジメントの問題点を言ってみた。

ある上司の目が怖かった。
部下として一定ラインを超えたことを言ってしまったのかも。

人間ってお互いの意見を主張しあう中で、相手の主張に納得したり、
自分の考えを訂正したり、っていうことは割りと簡単に出来るものなんだけど、
ある批判や主張が、人間の行動の変革を迫るような内容になると、
とたんに自己防衛本能をかきたてられるというか、頑なになるものである。

今日は改めてそのことを実感した。
ボトムアップで組織を変えるなんて、夢のまた夢、なんて思ったり。
自分の主張が絶対的に正しいなんては思っていないけど。

自分の立場が逆だったらどうだろうか。
若造に自分のやり方を否定されているように感じたら。

うん、やっぱりムカつくだろうな。
そう感じながらも、自分に対する批判を真摯に受け止める度量を持つように心がけたいものである。
なんて。綺麗事。


そんな気分なんで、どことなくメロディアスな曲が聴きたくなった。
今日もManics。「Motorcycle Emptiness」
マニックスに名曲はたくさんあるけど、この曲が一番好きかもしれない。

ジェームスのボーカル、ギター。
メロディがたまらなく、好き。切ないメロディ。胸にぐっとくる。

Each day living out a lie
Life sold cheaply forever, ever, ever

Under neon loneliness motorcycle emptiness
Under neon loneliness motorcycle emptiness

ここらへんの歌詞が特にいい。
「motorcycle emptiness」には、ガス欠になったバイクの姿を
自らの姿に重ね合わせているのかな、と感じる。

「Under neon loneliness」は、邦題だと「享楽都市の孤独」と付けられている。
この邦題はかっこいい。


別にこの曲に限った話ではないけど、この曲の歌詞には救いがない。
込められているのは、今生きている現代社会への嫌悪感のみである。

Drive away and it's the same
Everywhere death row, everyone's a victim

走り去っても状況は同じ。どこも死刑囚監房棟、誰しもが犠牲者と、彼らは歌っている。

All we want from you are the kicks you've given us

あげくの果てには、てめーらにやられたことをお返ししてやりてーよ、と。
ここは「I」ではなく「We」であることに多少の救いは感じたりするけど。

この曲において、彼らは我々の置かれている状況を提示するのみであって、
美しいメロディに乗せ、彼らは救いようの無い想いを吐き出しているのである。


明日も頑張らんとな。理系職場の孤独。なんて。


B000053F54ジェネレーション・テロリスト
マニック・ストリート・プリーチャーズ
エピックレコードジャパン 1998-09-09

by G-Tools


Manic Street Preachers 「Motorcycle Emptiness」 PV
日本が舞台になったPVです。横浜は桜木町の観覧車が背景に使われています。
この観覧車、大学時代に思い入れが深く、そういった意味でも惹かれるPVです。
http://www.youtube.com/watch?v=_7HsdT3rh_Q


Manic Street Preachers 「Motorcycle Emptiness」 LIVE



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Manic Street Preachers 「Jackie Collins Existential Question Time」

遅ればせながらManicsのニューアルバム『Journal for Plague Lovers』を聴く。
Green Dayのときと同じように、辞書を片手に。

いやー、これもいいアルバムです。
既に何回も繰り返して聴いている。
素晴らしいアルバムに続けざまに出会えて幸せである。


アルバム全体のイメージとしては地味なのかもしれない。
「A Design For Life」や 「If You Tolerate This Your Children Will Be Next」のように
壮大なスケールでアレンジされ、胸を揺さぶるメロディが立ちまくった曲は無い。

どことなくダークな雰囲気で、エッジの立った短い曲が続くところ。
やっぱりイメージするのは『Holy Bible』である。

といっても『Holy Bible』のように変拍子を多用して、
曲に緊張感を与えているような作りにはなっておらず、
あくまでリッチー後のマニックスが自然体でエッジの立った音を鳴らしたといった趣。

ミドルテンポのどっしりしたリズムが印象的な「Peeled Apples」、
アコギのフレーズにジェームスの歌声が映える「This Joke Sport Severed」、
打ち込み風のリズムにエッジの立ったギターがかっこいい「Marlon J.D.」。

「All is Vanity」のリフもいいなー。
サビのメロディと裏のギターが美しい「Virginia State Epileptic Colony」もいい。
ニッキーの朗読風「William's Last Words」から続くシークレットトラックもかっこいい。

結論。全部いい曲。

ジェームスはまず歌詞を理解してから曲を書くそうだけど、
やっぱりリッチーが残した歌詞から曲を作っているだけに、
相当に気合を入れて作曲に臨んだ事は想像に難くない。


リッチーが残した詩はジェームスも語っているように、メンバーに意図的に残された歌詞であった。
リッチーがいなくなって15年経ち、
彼らがようやくリッチーの詩と向き合えるようになるまでには、
想像も付かないほどの、色々な葛藤があったのだろうな、と思う。

All Lyrics Richard Edwards.のクレジット。
ジャケット中に見開きで挿入されたリッチーの写真。
このアルバムは4人で作ったんだという彼らの想いが伝わってくるようである。

このアルバムの歌詞なんだけど、全然まだ理解しきれない。
リッチーの詩って学術的な用語や、文学的な引用が含まれているし、
単語や熟語の羅列、脈略のないもの同士の対比などが多くて、難しいのである。


例えば「Jackie Collins Existential Question Time」。

ネット上で簡単に調べてみた限り、この曲に出てくるJackie、Joanという姉妹は、
Susan Crimp著作の「Hollywood Sisters」という小説?をモチーフにしたと思われる。

曲タイトルを直訳すると「ジャッキー・コリンズは実存主義的な時代に疑問を抱く」。
実存主義ってサルトルに代表される思想だと思うんだけど、
主人公は学生運動でもやっていたのだろうか?
ここらへんは原作にあたらないと分からないかも。

Tonight we beg, tonight we beg the question
If a married man, if a married man fucks a Catholic
And his wife dies without knowing
Does that make him unfaithful, people?

綺麗なメロディに乗っていますが、さらりとエグいことを歌っています。
人間は汚い動物であるという、リッチーの世界観が現れているように思う。
僕にはその一端しか垣間見えることが出来ないけど、
彼の抱く「question」はきっと壮絶なものだったのだろう。

Oh mummy what's a Sex Pistol?

「Sex Pistol」ってバンドを想起させるけど、これは所謂イチモツのことと思われる。
このフレーズも人間の醜さを描写しているように感じます。

A situationist sisterhood of Jackie and Joans separates us
the questions without a home

曲のラスト、ジェームスのシャウトがたまらなくかっこいいフレーズ。
ジャッキーとジョーンの姉妹を状況主義者と称して、我々を分断すると言っているけど、
最後のフレーズが良く分からない。「questions」「home」は何を指しているのだろう。
ここは宿題。気になるなー。日本盤買えばよかったかも。


このアルバムは、メンバーの気合が伝わってくるアルバムである。
ジェームス、ニッキー、ショーン、そしてリッチー。
四人が魂を込めて作った入魂のアルバムだと思う。

聴く側にとっても魂を込めて一曲一曲と向き合っていきたいと思わせる、
本当に素晴らしいアルバムである。胸が熱くなります。


B001TMEE8Mジャーナル・フォー・プレイグ・ラヴァーズ
マニック・ストリート・プリーチャーズ
SMJ 2009-05-13

by G-Tools



Manic Street Preachers 「Jackie Collins Existential Question Time」
公式のPVなのかはよく分かりません。
リッチーがフューチャーされた、胸にぐっと来る作りになっています。
この曲、すごくいい。名曲。



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Manic Street Preachers 「A Design For Life」

昨年11月に元オリジナルメンバーであるリッチーの死亡が正式に認定された。
元々戻ってくる見込みは殆ど無かったであろうにせよ、
バンドにとって一つの区切りとなる出来事であろう。
リッチーは何故、失踪してしまう程に精神を病みながら、それでも音楽を向き合ったのか。

マニックスのメンバーは彼が戻ってきたときのために、
信託基金を作り4分割した印税を払い続けてきたとのこと。

『Everything Must Go』はリッチーの失踪直後に制作されたアルバムであり、
「A Design For Life」はマニックス再始動を告げる象徴的な曲である。

We dont talk about love we only want to get drunk
And we are not allowed to spend
As we are told that this is the end

A design for life

あまり振り返ることなく30近くまで生きてきた訳だけど、
いつの間にか日々の生活は時計通り正確に、周期的に繰り返し過ぎ行くようになってきた。
それがサラリーマンの宿命であり、労働者の定めであるのだろうか。
これで良いのか。

この曲は自分の今の生活、そして未来。
どのように生きるべきか、僕に問いかけてくる。

バンドの演奏、そして何といってもジェームスのボーカル。
リッチーの想いも乗せられたような歌は圧倒的な説得力を持って胸に響く。


B000024UNZEverything Must Go
Manic Street Preachers
Epic 2001-12-10

by G-Tools



Manic Street Preachers 「A Design For Life」(Live on Later..)


テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。