スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cavalera Conspiracy 「Inflikted」

いつもアーティストを絶賛する記事ばっか書いてるんで、
ちょっと残念だったライブの感想を書いておこうと思う。
あー、今日もメタルです。

今年のサマソニで最も楽しみにしていたのが、Cavalera Conspiracyだった。
サマソニ前の記事でも書いてたけど、マックスとイゴールの兄弟が一緒に観れるのが、
本当に楽しみで仕方なかった。

当日、僕はTeenage Fanclubのライブを途中で泣く泣く抜け出した。
ちなみにTFCのライブ、めちゃめちゃ良かった。CD通り、コーラスがとても綺麗だった。
僕が抜けた後、最後の方に大好きな曲「The Concept」をやったらしい、悲しい。

そこまでしたのもカヴァレラ兄弟を前方で観るため。
モッシュピットに入れなかったら、後悔するって思った。

でも、そんな心配は全然いらなかった。
ホルモンが終わった後のマウンテンステージは、びっくりするくらいガラガラだった。
床には見渡す限りに散乱するゴミが異様に残されていた。
コップやら、ペットボトルやら、飯食った後の容器やら。

想像はしていたけど、想像以上の過疎っぷりだった。寂しかった。
ホルモンファンがゴミ散らかして出て行ったということも、なんか寂しかった。

気を取り直して前方に。余裕でモッシュピットに入る。
でも前方は生粋のファンっぽい人がいっぱいいる。
てゆーか年齢層が高い。自分よりも年上っぽい人が多い。
サマソニで、こういうことってなかなか無い。


そんなこんなの過疎ステージだったけど、前方の野郎共はメンバーの登場に声を上げる。
凄かった。野太い声の群れ。「う゛ぉーっ」て。そしてメロイックサインの群れ。
憧れだった男達がやってきた。感激。

1曲目、アルバム通りに「Inflikted」。
結果的にここの頭の一音目、ここが一番心が高ぶった瞬間だった。
メタルのライブだと、どちらかというとモッシュよりもヘドバン派の僕は狂乱のあまりに頭を振る。

でも、曲が進むにつれてだんだん冷静になってきた。身体は動いたまんまなんだけど。
「何か音小さくね?ギターあんま聞こえねーよ。声も出てなくね。音のバランスすげー悪いな」って。

会場の問題もあるけど、はっきり言ってPAの腕の問題だったと思う。
その後のリンプが凄くいい音に聴こえたもんなー。
そんな感じで、音にまずがっかり。
こうなると折角のライブも一気に冷める。メタルのライブって、とにかく音は大事だ。

そしてマックス、昔の映像で観たマックスじゃなかった。
ギターのバッキングすげーいい加減だし、ボーカルもなんか迫力不足。
ステージアクションもなんかもっさりしてて、胸に響かない。

イゴールのドラムも、マックス抜きのSepluturaで観たときの印象と違っていた。
なんかリズムずれてねーかって思った。あんまり上手くなかった。ここも凄い気になった。

またCavalera Conspiracyのアルバムでも思っていたことだけど、
やっぱり曲が単調で、あまり面白くない。
何か、すっごく残念なライブだった。あれだけ期待していた分、すごく喪失感があった。

とは言え、やっぱりSepluturaの曲やってくれたときは嬉しかったし、
何より客の盛り上がりが凄かった。
物凄い高速サークルモッシュだった。サマソニであんな高速モッシュ見たこと無かった。
みんな兄弟を待ってたんだなーって、思った。その想いは僕も一緒。

最後にマックスとイゴールが二人で観客に挨拶してくれて、
二人で肩組んで帰っていったシーンも、良かった。
伝説を作った兄弟なんだから、仲良くしろよって思った。


フジロックでBad Brainsを観たときにも思ったことだけど、
メタルとかハードコアってジャンルは、年取って体力的に衰えてしまうと、
凄いライブって期待できなくなるのかなって思った。悲しいけど。

他のジャンルだと、MetersやSpecialsみたいにとんでもないオヤジがいるんだけど、
歳を取ることによる「味」とか「ワビサビ」とかが反映されにくいジャンルなのかも。
なんか胸に響かなくなるのだ。

こんなこと書くと色んな人に怒られそうだけど、そう思った。
数年前にJudas Priestを観たときもそう思った。
もう全盛期ではないって、割り切って観るしかないのだ。

僕のヒーロー達は歳を取っていく。同時に僕も歳を取っていく。
ちょっと悲しいこと。苦い夏のひととき。


B00122M2QUInflikted
Cavalera Conspiracy
Roadrunner 2008-03-25

by G-Tools



Cavalera Conspiracy 「Inflikted」「Sanctuary」「Territory途中まで」 LIVE
なんだかんだですが「Inflikted」はかっこいいです。



ブログランキング お勧め音楽
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。