スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Airborne Toxic Event 「All At Once」

2009年のフジロックで偶然出会ったバンドThe Airborne Toxic Event。
彼らのライブに衝撃を受けて、家に帰ってCDを買ってハマってしまったバンド。

そして彼らのセカンドアルバムがいよいよ発売ということで『All at Once』を購入。
前作のセールスが芳しくなかったのか、日本盤の発売は、残念ながら、無し。
ということで、このアルバムは日本では全くといい程、話題にはなっていないみたい。

とはいえ、このアルバムはアメリカにて好調な滑り出しを見せているようである。
全米で15位に初登場でランクインという記事が。
前作の素晴らしさもさることながら、地道にライブを重ねてきた結果というのが出ているのかな、
ということが感じられて、かなり嬉しい。
http://skream.jp/news/2011/04/adele6.php

『All at Once』はファーストで築き上げた彼らの音楽の土台はそのままに、
時代の空気感も取り入れながら、スケール感を何倍にもしたような名盤に仕上がっている。
期待感90%、不安感10%で聴き始めたんだけど、1曲目からもう期待通りの出来で、
ほんと期待に応えてくれてありがとうって気持ちで、感激しながら聴いていた。

あんまりデビューしたてのバンドに入れ込む経験って僕はあまりなかったんだけど、
このバンドに関しては、本当に素晴らしい出会いだったと思う。ほんと感謝している。


西海岸はカリフォルニア出身のバンドだけど、UKロックの香りを感じさせる、湿り気のあるロック。
最近Rockin'onでアメリカのインディーバンドの特集が組まれることが多くなったけど、
このバンドもそうした音楽の括りにカテゴライズされるバンドなのかなって気がする。
僕自身あんまりそこらへんのバンド、ちゃんと聴いたことないからよく分からないんだけど。

今回のアルバムでもそんな時代の空気感を取り入れるかのような、
シンセの音使いであったり、打ち込み風なドラムの音作りであったり、を聴くことが出来る。
シングルカットされた「Changing」は、そんな彼らが打ち出した新機軸とも言えるような曲だと思う。

とはいえそれらはあくまでエッセンスであって、基本的な雛形は前作と全く一緒。
美しいメロディと、それを引き立たせる美しいアレンジ。
僕にとって似ていると思うバンドって、やっぱりU2だった。

インディーロックという世界の中で、決してマニアックな方向に走る訳ではなく、
スケール感の大きなロックをやっていると思う。

アルバムの冒頭を飾る「All at Once」は彼らの名刺代わりともいえる曲。
前作での名曲「Sometime Around Midnight」と曲展開が同系統で、
いきなり彼らの世界観に引きずり込んでいく。

このバンド、静と動の使い分けが素晴らしいと思う。
序盤に感情を抑えながら徐々に盛り上げて、中盤から終盤にかけて一気に感情を爆発させるような構成。
否応なしに彼らの音楽に引きずり込まれていく。

彼らにはクラシックの素養があることが特徴であって、
緻密に計算されて曲作りが為されていることが感じ取れるんだけど、
ロック的な衝動や切実さと言うものが感じ取れるのが、またこのバンドの魅力だと思う。
クラシックのように鑑賞する音楽というより、やっぱり全身で受け止める音楽。

マイケルのボーカルにも説得力が増しているというのも、特筆すべきところだと思う。
ライブを重ねて世界を回ってきた経験が、彼の紡ぎだす美しいメロディに、
新たな彩りと、艶というものを添えているのではないかと思う。

このアルバムには捨て曲というものが一切ないのが凄いところなんだけど、
その中でも聴き所というものがしっかりと配置されている。

冒頭の名曲「All at Once」に続く、時代の空気感をまぶした彼らなりのポップソング「Numb」。
組曲風に繋げられドラマチックな展開が素晴らしい、MUSEっぽさも感じられたりする
「The Kids Are Ready to Die」「Welcome to Your Wedding Day」。

クリーントーンのギターの音色がたまらなく気持ちいいギターロック「Strange Girl」、
そしてアルバムのクライマックスというに相応しい、ビオラをフィーチャーした
きっとライブでもクライマックスになるであろう「All I Ever Wanted」。

特に中盤から終盤にかけてのアルバムの構成は最高だと思う。
ここまで完成度の高いアルバムって、僕はしばらく聴いたことがない。
名前の売れている色々なバンドのアルバムに対しても、十分に勝負できる会心の名盤だと思う。

このバンドの弱点はビジュアル面だけだと思う。
マイケルを初めとして、申し訳ないけどメンバーに華がないのが残念なところ。
今作からシングルカットされたPV見てみたけど、
やっぱり野暮ったさというものがどうしても感じられてしまった。

でもフジロックで観た印象からすると、
アンナを初めとして、ライブではやっぱりミュージシャンとしての色気が感じられた。
きっとライブを重ねることによって、彼らの雰囲気というものは、
彼らの作っている音楽に相応しいレベルに、自然と引き上げられていくであろうことを僕は感じている。

彼らに必要なのは、まずは音楽的な成功だと思う。

ここまでのバンドが多くの人に聴かれずに消えていくのは本当に勿体無い。
『All at Once』がアメリカでもイギリスでも売れて、日本でも無視できなくなって、
日本盤が発売されて、日本でもライブ出来るようになってほしいというのが、僕が望むシナリオ。

絶対このバンド、日本人好みだと思うんだけどなぁ。
自分が音楽業界にいたら、絶対に売り出したいと思うようなバンド。
まずはamazonにレビュー書いてみようかな…。


B004MUD790All at Once
Airborne Toxic Event
Island 2011-04-26

by G-Tools



The Airborne Toxic Event 「All At Once」 音のみ


The Airborne Toxic Event 「Numb」 PV


The Airborne Toxic Event 「All I Ever Wanted」 音のみ
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

The Airborne Toxic Event 「Sometime Around Midnight」

The Airborne Toxic Event。

フジロックでプロフィールも曲も全く知らないで観たバンド。
その時間帯特に観たいものがなかったんだけど、折角だから何か聴きたいと思って、
偶然ステージに立ち会うことになった。
とりあえず後ろの方で座りながら、ゆっくり出来れば、それで良かった。

しかしそういった偶然ってのは凄いもので、このバンドのライブ、すごく良かったのである。
派手さは無いけど、美しいメロディとアレンジ。
ボーカルの低音ボーカルが何故か分からんけど胸に響いて、
そして紅一点の女メンバー、アンナ・バルブルックのビオラやらコーラスにも、やられた。

このお姉ちゃん、雰囲気美人というか、ステージ上で光っていた。
かわいらしく飛んでみたりする一方で、目をつぶってコーラスしたり。
ライブ中、かなり彼女を見てしまいました、はい。


早速帰ってきて彼らのデビューアルバム『The Airborne Toxic Event』を購入し、聴く。
これがまた、良い。名盤というと褒めすぎだけど、とても気に入った。
何回もリピートしている。iPod含めれば、もう十回超えたかな。

僕はあまり詳しくないんだけど、音楽的にはストロークス以降の洗練されたロックといった趣。
UKの音楽週刊誌NMEいわく、
「アーケイド・ファイアとMGMTの広大さと野心が、
ザ・クラッシュのワイルドで歯軋りする幹細胞の皮下注射を受けたような感じだ」、らしいです。
アーケイド・ファイアもMGMTも、残念ながらちゃんと聴いたことないんだけど。

アルバムはライブの印象とはちょっと違っていて、
意外にもストレートなロックンロールって感じの曲が多かった。
ライブだとビオラやキーボードが入りまくって、綺麗な女性コーラスも入っていて、
どことなく耽美的な雰囲気があったから、ちょっと期待してたものとは違ったかなって印象。

でも、文句なしで良いです。
新人であそこまでスケールの大きい曲を書けるんだから大したもんだ。

彼らの個性の一つとして、クラシックの素質をもったメンバーがいることがある。
考えられて音が重ねられているというか、アレンジがすごく丁寧。
ノア・ハーモンのベースラインはとても美しい。

そしてボーカリスト、マイケル・ジョレットの声。
好き嫌いが分かれそうだけど、低音で渋く歌い上げるスタイル。
ビジュアル面でも髪型は7・3分けだし、とにかく渋い。僕は好きです。

彼らのプロフィールまとめたページをリンクしておきます。
これ読むと、彼らは異色のバンドってことがよく分かります。
http://blog.goo.ne.jp/jptmusic/e/fd212228f1622cfce0be4f79e2bba31a


「Sometime Around Midnight」はライブで凄く印象的だった曲。
後からアルバム聴いて、あーこれこれって覚えていた。
スケールがとても大きな曲で、U2かお前らは、って言いたくなるような出来。

曲が進むにつれて徐々に盛り上がっていって、
中盤から終盤にかけて感情が一気に爆発するような曲。
こういうベタな展開大好き。素晴らしい。ベースがとても光ってます。

彼らの音を聴いていると、きっかけがあれば、そこそこ日本でも売れるんじゃないかなって思った。
てゆーか、売れてくれないとまた日本来てくれないから、困る。
売れてほしい。まだまだ音楽的に伸びしろありそうなバンドだから、今後が本当に楽しみ。

洋ものの新人バンドでハマったのは、かなり久しぶりである。期待。


B001V7UXCGThe Airborne Toxic Event
The Airborne Toxic Event
Shout Factory 2009-03-16

by G-Tools



The Airborne Toxic Event 「Sometime Around Midnight」



The Airborne Toxic Event 「Wishing Well」
アルバム1曲目の曲も貼っておきます。
ギターとキーボード、ベース、ビオラが絡み合うイントロが、とにかく美しいです…。



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。