スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Slayer 「World Painted Blood」

今年のラウドパークのトリもスレイヤー。
いつまでもスレイヤーじゃないだろうと思いながらも、
彼ら以上の格を持つバンドなんて現段階においても考えられないのは事実。

ただ、正直僕はもうスレイヤーは衰えが隠せないと思っていた。
実際のところはフロントマンのトムアラヤの衰えのこと。

とにかくトムアラヤのヘッドバンギングは強烈で、
僕の中では「ヘッドバンギングが最もかっこいい男」ナンバーワンだった訳だけど、
長年の首の酷使を原因として、彼はとうとう頸椎を損傷するまでに至ってしまう。
結局彼は2010年に首を手術し、二度とヘッドバンギング出来ない身体になってしまった。

僕はその頃にBIG4のライブ観てるんだけど、そのときのスレイヤーのライブは残念なものだった。
トムがヘッドバンギングしないのはいいんだけど、声も全然出なくなっていた。
あのときの「Angel of Death」を聴いたときの悲しさは衝撃的だった。

イントロの「あああああーーーーー」って叫びも当然出来ないし、
1フレーズ歌っては1フレーズを歌わないの繰り返し。
「Auschwitz!」「…」「The way that I want you to die!」って感じで。
当然サビは絶叫できない。帝王のあんな姿を観るのは正直キツかった。

なので、スレイヤーが今年のラウドパークのトリに決まったとき、
またスレイヤーが観れるのは嬉しかった反面、正直複雑な気持ちだった。
帝王の威厳を損なうことにならないだろうかと。

僕がここまでメタルに入れ込むようになったのはスレイヤーのおかげだっただけに。
これだけメタルのライブに行くようになったのは、BeastFeast2001でスレイヤーを観たからである。
あれが僕の人生を変えた一つの出来事であることは間違いないだけに。


ラウドパーク当日、Sonata Arcticaのライブをスタンドで観ながら、
In Flames側のアリーナ前方に既に入場規制がかかっているのを見ていた。
その後の行動について迷っていたけど、恐らくSlayerのライブのときにアリーナ前方は入れないだろうし、
初志貫徹ということで今回最も楽しみしていたHelloweenのライブをアリーナ前方で観ることにした。

Helloweenのライブが終わって、まだ余力は全然あったものの、
今更アリーナ後方で観るのも微妙だし、
初めてスレイヤーをじっくりとスタンドで観るのも悪くないと思い、
後方側のスタンドでライブを観ることに決めた。

赤色の照明が照らされメンバーが登場。彼らにはやっぱり血の色が似合う。
正にそのタイトルまんまの「World Painted Blood」でライブはスタート。

僕は正直この曲、というより『World Painted Blood』というアルバムがあまり好きではないんだけど、
この時の演奏には、本当にシビれた。イスに座りながら思わずヘッドバンギングしてしまった。
出音からして他のバンドと全然違う。下手したら50mくらい遠いところで演奏してるのに、
威厳に満ち溢れた音が自分のところに届いてくる。

自分にとってスレイヤーの一番の魅力はギターである。
おなじみのマーシャルの壁がなかったのは残念だったけど、
不穏極まりない旋律を奏でるギターリフは相変わらずの殺傷力だった。

ケリーキングのカッティングは相変わらずの切れ味だったし、
ジェフの代役となるゲイリーホルトも凄まじいギターを弾いていた。
ベイエリア界隈のギタリストの刻みはほんと凄い。あんなギター弾いてたら頭振りたくて仕方なくなる。

てゆーか、あんな音出すなんて反則。
自分が弾いても絶対にあんな音は出せないと断言できるものの、
一度でいいからあのセッティングでギター弾いてみたい。記憶飛ぶだろうな。

「War Ensemble」ではもうアリーナ前方のモッシュピットが凄いことになってた。
アリーナの1/2くらいをピットが占有して、ぐちゃぐちゃと人が動いている。

懸念していたトムアラヤのボーカルだけど、本当にあの歌えなかったトムなのかと思った。
ヘッドバンギングは全くしてないけど、声は全然出ている。
殆どフェイクもなしに高音も出して絶叫もしていた。

「うぉーあんさぼーーーる!!!」って。やっぱりトムアラヤのボーカルは最高だ。
もうスレイヤーは衰えたなんて思っていた自分を恥じた。スレイヤー、凄すぎ。

しかしケリーキングはいつ観ても変わらない。不動の動き。あそこまでいくと伝統芸能だわ。
ジューダスプリーストのイアンヒルみたいにひたすら同じ動きを繰り返しながら弾いてる。
そのスピードには、絶対に超えられない壁があるとはいえ。
ケリーキング48歳。アスリートだよ、あの人。スレイヤーで一番歳取ってないのはあの人。

ジェフの代役となるゲイリーホルト。
あの人のヘッドバンギングはケリーと違っててなかなか良かった。
ケリーは一拍に一発小刻みに首を振るスタイルなんだけど、ゲイリーは大きく二拍に一発振るスタイル。
長身であることもあり、非常に視覚的に見栄えがする。

ケリーとゲイリーが二人並んでヘッドバンギングする姿はかっこ良かった。
本当に絵になる人達だよね。

そしてデイヴロンバード。
本格的に自分がドラムやるようになってようやく分かってきたけど、やっぱりかっこいい、あの人。
手数足数だけならあの人より上手いドラマーなんてたくさんいると思うけど、
今回のライブで感じたのは一発一発のショットの重み。

特にスネアの音。例えPA通して加工してあるとしても、あんな重みのある音にはならない。
今はどんなスティック使ってるか分からないけど、
あの人のシグネイチャーモデル、チップの無い、ただの太い棒だったし。
あんなのしっかりとした技術持ってる人じゃないと使いこなせない。

高速のドラミングが売りだけど、パワーもしっかり叩きつけるところが、
デイヴのドラムの凄いところだと改めて思った。
ただ正確なだけじゃなくて、ギターリフと完璧にシンクロして、
オドロオドロしい雰囲気を作っているところも素晴らしい。

昔はポールボスタフのドラムの方が好きだったけど、今はやっぱりデイヴロンバードだ。
スレイヤーにはデイヴが似合う。

デイヴロンバード、47歳。まだまだ衰えの見えない恐ろしいアスリートです…。

中盤の『Reign in Blood』からの高速チューン
「Altar of Sacrifice」「Jesus Saves」ではアリーナのピットがカオス状態に。
この頃には2つあったピットが合体して巨大化していて、笑った。
もうどうにでもなれって感じの混沌。スレイヤーの破壊力恐るべし。

何回聴いても名曲の「Hell Awaits」この曲のイントロ大好き。
テンポチェンジするところでは、イスに座りながら興奮して叫んでしまった。
てか周りの人もそんな感じで、イスに座りながらヘドバンする人数名でイスが揺れてた。

そして唐突に始まったメタル史上に残る名曲「Angel of Death」。
トムの絶叫と共にこの日一番の興奮と混沌が会場に生まれた。
アリーナ前方ではアリーナの2/3くらいがピットで埋め尽くされ、恐ろしい状態に。
アリーナ後方にもピットが出来て、ぐるぐる人が回っている。

スタンドでも頭を振る人多数。
この曲は中間部のミドルテンポのギターリフがたまらなくかっこいいし、
ほんと隙のない曲だと改めて思った。

トムのボーカルも、演奏も、何もかも文句なし。
自分にとっての帝王が帰ってきた。感激だった。

これまた大好きな曲「South of Heaven」のスローで不穏なリフにまた興奮。
テンポチェンジするところでまた興奮。
ほんとモッシュピットで激しくヘッドバンギングしながら聴きたかった。

そしてラストに炸裂したのは地獄の三連符。
この曲のイントロは、本当に地獄の入り口って感じがする。
ここまでオドロオドロしくて完璧なイントロは他に聴いたことがない。

この曲のイントロでWall of Deathみたいな感じでスペースが出来て、
演奏が始まると一気にスペース内に人がなだれ込んでいく光景は美しかった。
あそこにいた人楽しかったんだろーなって思う。

スレイヤーのライブ、個人的には完璧と言ってもいい内容だった。
先に書いたように、不安を抱えてライブ観ていただけに、
自分の想像を超えたライブを彼らはやってくれたと思う。


ラウドパークの前に彼らは名古屋と大阪で単独やった訳だけど、
もしラウドパークの後に単独があったとしたら、自分は関西出てまでも、
スレイヤーのライブ観に行ったと思う。

それぐらい凄かった。スタンドで観るスレイヤーも良かったけど、
あんなもの見せられてしまったら、混沌渦巻くピットの中で次はライブ観たい。
実に今回は勿体無いことをしたと思う。
結果論だけど、単独を観に行って、ラウドパークでもまた観れば良かった。

正直、もうここまで来たら、ラウドパークのトリは毎年でもいいくらいだ。
来年のオズフェスト、オジーと一緒に来てくれてもいいんだぜ。つーか観たい。

身体に気をつけてもらって、いつまでも凄いスレイヤーを僕の前で演じ続けてほしい。

(セットリスト)2012.10.27 Loud Park 2012
World Painted Blood
War Ensemble
Die by the Sword
Hate Worldwide
Dead Skin Mask
Silent Scream
Epidemic
Mandatory Suicide
Altar of Sacrifice
Jesus Saves
Seasons in the Abyss
Hell Awaits
Postmortem
Snuff
Angel of Death

South of Heaven
Raining Blood


B002T0AE4GWorld Painted Blood
Slayer
Sony 2009-11-03

by G-Tools



Slayer 「World Painted Blood」
この曲ってこんなにかっこ良かったっけ?ってくらい一発目にやったこの曲は強烈だった。
中間部のギターリフがかっこ良過ぎる…。今回ライブで聴いて好きになった。
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Slayer 「Disciple」

今年もLoud Parkが開催決定!
なんだけど、今年は一日のみの開催らしい。やっぱりブッキング難航してたのね。
http://www.loudpark.com/11/

でも今まで二日連続で行ったことないし、僕は一日でもいいんだけど、なんかちょっと寂しい。
日本で唯一のメタル系イベントだけに、規模を縮小することなく続いてほしかった。

とはいえ、今年のトリは…、ってなると全然頭に浮かばない。
ちなみに歴代のトリの方々。

2006年 Megadeth、Slayer
2007年 Heaven And Hell、Marilyn Manson
2008年 Slipknot、Motley Crue
2009年 Judas Priest、Slayer
2010年 Korn、Ozzy Osbourne

こうやって見ると、スリップノットを除くと見事に80年~90年代が全盛期の方々。
これだけのメンツに肩を並べられそうなトリなんて、メタリカやメイデンくらいしか思い浮かばない。
その辺のレベルになると、たまアリなんて単独で埋められちゃいそうだし、たぶんない。

2000年代にデビューしたバンドも、そこまで大物って感じのメタル系バンドはいないし、
今年もたぶんメガデス、スレイヤーか、ハードロック系の大物になるんだろうな。
ま、誰が出演しようと今年は行きたいんだけど。去年行けなかったし。

今振り返ると、ディオさんが亡くなる前のヘブンアンドヘルは、ほんと貴重だったと思う。
あの歳なのにめちゃめちゃ声出まくってて、ビビった。凄いボーカリストだったなぁ…。
あとは再結成カーカスかなー。まさか観れるなんて夢にも思わなかった。
オリジナルメンバー、デイブだけだったけど、メガデスもめちゃめちゃかっこ良かった。

ラウドパークにも、そこそこの思い出があり。

とはいえ、前も書いたけど、やっぱりメタル系のイベントだと、
Beast Feastのインパクトがでかすぎて、もうあれを超える衝撃なんてないだろうと思っている。
あのときの時代も、あーいうイベントやるのにほんといいタイミングだったと思う。

この前、ふと動画を検索していたら、Beast Feastのライブ動画があり。

この動画観て、笑った。凄すぎ。
たぶんスレイヤーの全盛期って、この頃だったんじゃないかな。
なんかもう、音楽というよりはスポーツ。人間の限界に挑むような、ストイックさがある。

この歳まで色々なバンドのライブを観てきたけど、
衝撃、という観点で見て、たぶんこのときのスレイヤーを超えるライブって、
たぶん一生かかっても出会えないんだろうなーと、確信に近いくらいに思っている。

それくらいにあのときのスレイヤーは凄かった。
僕があのときのライブを目撃したことは、100人に1人くらいに対して、大いに自慢できる。


B000RZGG0QGod Hates Us All
Slayer
Sony Legacy 2007-07-24

by G-Tools



Slayer 「Disciple」 Beast Feast 2001
この時はまだ発売されていない新曲。しかしサビに「God Hates Us All!」だもんな…。
デイブが復帰してから、唯一やっているポール時代の曲じゃないかな。
なんかフロント3人のヘッドバンギングのキレに、ほれぼれする…。



Slayer 「Raining Blood」 Beast Feast 2001
この曲がライブの一発目。
大げさじゃなくて、この曲のイントロが流れた瞬間に、僕の人生は変わった気がする。
ライブの素晴らしさを教えてくれたスレイヤーには、ほんと感謝の一言。



Pantera 「5 Minutes Alone」 Beast Feast 2001
パンテラの動画もあったので。たぶんこれが日本で最後のライブじゃないかな。
こちらはほんとにもう絶対このメンバーでライブを観ることは出来ない。
あれからもう6年半近くも経つんだな…。ダイムのギター、もっと聴きたかった。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Slayer 「Angel of Death」

閃光の如きライブ。約1時間半。あっという間にSLAYERのライブは終わった。
1時間半って新木場行くまでの片道より短い。でも満足。やっぱいいわ、スレイヤー。

最近後輩と仕事をすることが増えたんだけど、
今日は朝から、俺は今日夕方5時までだからな、と口を酸っぱくして言い続けていた。
ごめんね後輩。明日の段取り、昼休みにやっておいたから許して。

電車を色々と乗り繋いで会場へ。
ロッカーに300円入れたけど、鍵が閉まらなかった。当然金は戻らず。ファック。

そんなこんなありながら場内へ。
開演前から会場は既に出来上がっている。外人の奇声。
サウンドチェックに起こる歓声。突発的なスレイヤーコール…。

スタジオコーストって見やすいし、音もいい箱なんだけど、
トイレを初めとして会場全体が暗いから、なんか周りの人達が、みんな怖い人に見える。
ちょっとびびる。

そして開演。ステージにはスモークがもくもく。何も見えない。
そしてうっすらとメンバーの姿が浮かんでくる…、ライブの始まり。

1曲目。知らない…。帰ってきてから調べたけど、新曲だったようで。
初めて聴く曲だったけど、かっこいい。曲に合わせて頭振る。

続いて、「War Ensemble」!
一気に血は逆流。狂乱。この曲大好き。

最初アリーナのちょうど真ん中くらいにいたんだけど、
なんかふつふつと身体に滾るものがあって、暴れたくなった。
周りの人達に謝りながら前に行かせてもらった。

そしてモッシュピット突入。いやー、楽しい。
やっぱメタルのライブはみんなで狂えるのが醍醐味。
スレイヤーのライブも、秩序のあるモッシュが起こっていた。
ライブ慣れした人が多いと、ほんと楽しい。

そんなこんなではしゃいでいるうちに、いつの間にか、かなり前の方に流れてきた。
ど真ん中。アラヤさんが3mくらいの距離にいます。顔の彫りとしわがはっきりと見えます。
かなり歳をとったことがよく分かります。でも、声と演奏は凄まじい。
つい1週間前まで声が出なかった人とは思えない。かっこいいシャウトを聴かせてくれた。

一方でケリーは昔観たときと全然変わってなかった。若い。
心なしか昔よりも更に腕太くなった気がする。そしてあの首の動きは健在。すごすぎ。
ジェフは太った。でも小刻みの高速ヘッドバンギングは健在。

そして初めて見るデイブ・ロンバード。これもまた若いドラムを叩く。
代名詞と言える、ドコドコしたツーバスはやっぱり気持ちいい。
ドラマーとしてはポール・ボスタフの方が好きなんだけど、デイブもやっぱりいいな。

色んな曲聴いて、叫んで、頭振って、身体ぶつけたりしているうちに、吐きそうになってきた。
ちょっと心が折れそうになる。でもスレイヤーはそんなの許しちゃくれない。
要所要所で挟まれるファストチューン。

「Chemical Warfare」「Disciple」「Hell Awaits」…。
もうどうにでもなれといった感じで、狂う。周りの人たちも狂ってる。最高。

一方で「Seasons In The Abyss」「Dead Skin Mask」のような
どっしりしたミドルテンポの曲も良かった。これは狂ったように、狭いスペースで頭振る。

『Reign in Blood』からの曲、途中まで全然やらなかったから、
ひょっとしたら完全再現あるかも って期待したけど、「Postmortem」が始まって、
嬉しいけどちょっとがっかりもした。

そしていつの間にかライブは終盤。あのリフが鳴り響く。
メタル史上に残る名曲、「Angel of Death」!
アラヤさんと一緒に叫ぶ。周りの人たちも叫ぶ。
あんときの空気の沸騰ぶりは凄かった。めちゃめちゃ。俺達は自由だ。

この曲、隅から隅まで全部好きなんだけど、ミドルテンポの中間部が一番好き。
めちゃくちゃにヘッドバンギングする。隣の長髪お兄さんも、めちゃめちゃに首振ってた。
髪長いの羨ましかった。でもいい。

狂ったギターソロにも感動。トムの扇風機ヘッドバンギングにも感動。
デイブのツーバスドコドコフレーズにも感動。
何といってもみんなで叫んだ「えんじぇるおぶで゛ーす!」が忘れられない。

一旦メンバーが引っ込んでからアンコール開始。
「South Of Heaven」と「Raining Blood」をやってくれた。
この2曲は相変わらずかっこ良かったな。

もっとやってほしい気もしたけど、満足だった。
これ以上やられても、身体に多大なダメージ残っただろうし。

帰り道、たまらなく酒が飲みたくなって、コンビニでビール買って、一人路上で飲む。
ライブの後のビールって、たまらなく旨い。一番ビールが旨いシチュエーション。
人気の無い路上で佇みながら、一人悦にふけっていた。変態だな。


ライブを総括すると、2回目のスレイヤーは、初めて観たときほどの衝撃はなかった。
初めて観たときは、本当に特殊も特殊な状況だったから、あれを超えるのは難しい。
一昨日観たメガデスのライブを超えたかというと、そこまででもなかった。

でも帝王は帝王。並みのバンドではない。
俺はスレイヤーが好きだ。そんな簡単なことを再確認したライブだった。
すごい人たちだよな、ほんとに。

帰り道、電車の中でスレイヤーTシャツの人々を見て、ふと思い出した。
自分には、大学時代の一時期、スレイヤーのTシャツ着て通学していた時期があったことを…。
何を血迷っていたんだろう。頭溶けていたとしか思えない。
絶対ヤバイもん、あのデザイン。変態だよ。

ちょっと消したい過去の一つ。本当に好きだったんだよな…。


(セットリスト:2009/10/19 新木場Studio Coast) 拾いものです。
World Painted Blood
War Ensemble
Jihad
Psychopathy Red
Born Of Fire
Mandatory Suicide
Chemical Warfare
Ghosts Of War
Seasons In The Abyss
Hate Worldwide
Disciple
Postmortem
Epidemic
Dead Skin Mask
Hell Awaits
Angel Of Death
(encore)
South Of Heaven
Raining Blood


B000RZGFZWDecade of Aggression: Live
Slayer
Wea Inc./Wmi 2007-07-24

by G-Tools



Slayer 「Angel of Death」 2003年のLIVE。



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Slayer 「Raining Blood」

爆音系のメタルフェスとして「LOUD PARK」が定着しつつあるが、
その前身と言えるイベントがかつて日本で開催されていた。

「Beast Feast」。
実は僕、2001年、このイベントに行っていた。
二日開催だったんだけど、当時の面子を振り返ると凄まじい。
http://homepage3.nifty.com/kreutzer/News00-01Former.htm

SLAYERとPANTERAのヘッドライナー。
他のバンドも超強力。MORBID ANGELなんて、あれ以来日本に来てないんじゃないだろうか。
日本のバンドもラウド系は総出演なんて趣だった。
SUNS OWL、BAT CAVEあたりは当時すごく勢いがあって、えらいかっこ良かったもんだ。


当時僕は札幌に住んでいたんだけど、これは行かんとイカンと思い、単身で上京。
実はこれがメタル系、ラウド系の大物バンドのライブ初体験だったのだ。
札幌に彼らは来てくれない。チケット売れないだろうし…。

当日は澄み渡った青空だったことを覚えている。
眩しい位に健全な空の下、新横浜には異様な人間達が集結。
どこでこんなん売ってるんだ、なんてデザインの黒Tだらけ。異様。

会場内での出来事もカルチャーショックだった。

入れ墨ブースなんてのがあった。
ブラックメタル風のメイクしたお兄さんが、その場で客に墨を入れている。
おいおいこんなんありかよ…。

ロビーで客同士の殴り合いも見た。
すぐ収まってたけど、これも強烈だった。
おいおいこいつらまじかよ…。

あと日本にこんなに外人っているんだと思った。
揃って屈強な方々がヤバイ眼をしながら叫んでいる。
おいおい何か変な薬物使ってねーだろうな…。

札幌は都会なんだけど、やっぱり地方都市であり、
こうやって真の都会の文化に触れるのは大いに刺激的であったのだ。
この空間に単身で足を踏み入れた体験により、地方出身の僕もめったなことではビビらなくなった。


このイベント、今では考えられない、えらい画期的なシステムが導入されていたのである。

モッシュピット抽選制。
ヘッドライナーのモッシュピットは混雑が予想されるので、
予め抽選で当選した人だけがモッシュピットに入れる、というものである。
なかなか面白い試みだったと思う。

んで、僕。パンテラは外したのだが、スレイヤーはめでたく引き当てたのであった。
このときばかりは自分の右手に大いに感謝。
この瞬間、ひょっとしたら僕の音楽人生を左右させる瞬間になっていたのかもしれない。


SLAYERのライブ。

当時はYouTubeも無かったし、画面内でも動く彼らを観たことは無かった。
手元にあるのはライブ音源のみ。
否が応でも想像力を掻き立てられるのが、当時良かったところだった。
ステージに並べられたマーシャルの壁を見つめながら、胸はもうバクンバクンだった。

そして彼らが登場。赤い照明にバスドラの三連打。
きたきたきたーって、「Raining Blood」!
あのギターのイントロが鳴り響いた瞬間に上がる、手、手、手。

あれだけの血の逆流感覚は、未だかつて感じたことは無かった。
あっという間にモッシュピットは沸点に達し、混沌。
ほんとにこの体験は凄かった。音楽で人は狂えるのかもしれないって思った。

壮絶って表現がぴったりのライブ。
めちゃくちゃに頭振って、モッシュして、拳を上げて、叫んで…。
ラストの「Angel of Death」まで、超速度で駆け抜けた魔術のような時間だった。


今までで一番凄かったライブは何かって聴かれたら、僕はこのライブを挙げる。
メタルに限らず、色々なジャンルのライブに行くようになったのは、この体験が決定的だった。

ライブの素晴らしさを僕に教えてくれたスレイヤー。
ありがとう、そしてこれからもよろしく、てな感じである。


B000GRUNN6Reign in Blood
Slayer
Universal 2006-08-14

by G-Tools



Slayer 「Raining Blood」
ライブではめずらしいフルバージョン、血の雨演出がたまらなくかっこいい。観たかった…。
この人たちの演奏の安定度は異常です。



Slayer 「Raining Blood」 画質の良いショートカットバージョンも。かっこ良過ぎ…。



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。