スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭脳警察 「銃を取れ!」

日本には何故、政治的なメッセージを発するバンドがいないのか。
昔から自分の中で引っかかっていたテーマであるが、またその疑問が再燃してきた。

政治的なメッセージを発するバンドといっても定義は特に無いんだけど、
有名どころで、アメリカではGreen Day、Rage against the Machine、
イギリスだとAsian Dub Foundation、Manicsあたりがイメージ。
古のミュージシャンだと、John Lennon、The Clash、Public Enemy、U2あたり。

陳腐な一言で言えば、反体制的って言い方になるんだろうけど、
これらのバンドに共通するのは、政治的なところまで踏み込んで、
現代社会の問題点を提起し、社会の変革まで求めているところである。

一方で日本。
例えばソウル・フラワー・ユニオンのように社会的なメッセージを届けるバンドはいるけど、
先に挙げたようなビッグネームクラスで有名なバンドって、少なくとも今はいないと思う。

楽曲に直接的なメッセージを込めてはいないが、姿勢は反体制的ってバンドはいっぱいいるけど。

でも、想像してみる。

麻生総理は未来の日本の破壊者であり即刻退場すべきである、とか、
企業の経営者達は即刻内部留保金を労働者に再分配すべき、とか、
自衛隊の海外派遣は恒久的に辞めるべき、とか、

そういったメッセージが込められた楽曲がテレビやラジオから流れてきたらどうだろう。
自分の感覚で言えば、明らかに違和感を感じると思う。

日本人的な違和感というか。
この国で育ってきている以上、そういった違和感と逃れることは出来ないと思う。

そう考えるとアメリカなんかは、堅い保守層が半数を占めている中で、
テレビではブッシュはクソだ、なんてメッセージが流されていたりすることを考えると、
やっぱり自由な国っていう旗は、強ち間違っていないのかもなんて思ったりする。

世界の中で、アメリカは当事者になり過ぎている、っていうこともあるけど。


話を戻すと、日本には何故、政治的なメッセージを発するバンドがいないのか、
このテーマに関して、僕は幾つか仮説を立てている。

・音楽によって社会的多数の行動を想起させることが出来るなんて思えない
 (方法論的問題、諦め)

・政治的メッセージを込めた曲を日本語で書くと、かっこ悪く聴こえる
 (言語学的問題、詩人性の欠如?)

・社会的問題を取り上げて意見表明すること自体に違和感がある
 (社会的調和、空気感、社会通念)

・そもそも、今深刻に取り上げるべき問題が無い、もしくは見えない
 (切迫性の欠如、当事者性の欠如)

・自らは社会の変革を担う一員であるとの意識の欠如
 (共同性の消滅、公から個へ)

・反社会的なメッセージの流通を善しとしないメディア規制
 (意識的・無意識的な思想統制)

どれも自分の実感に基づいている仮説で、どれも当たっていそう。
少しずつ検証してやるんだ。何年かかるかなー。


先の問いに対して答えを出すのに有力な出来事として、
安保闘争、学生運動といった、大衆をも巻き込んだ社会運動がある。

これらの運動がどうやってあれだけの広がりを持つに至ったのか、
そして何故挫折し、それ以来大衆があれだけの規模で連帯することが無くなったのか。
昭和史を色々な角度から学んでいくことで少しずつ分かってくると思っている。

知れば知るほど、すげー出来事だ、あれは。
思想的にも方法論的にも、完全に共感することは出来ないが、
社会変革に対する意識の高さとか熱さとか、
暴力的行為は卑下されるべきだが、そういった「想い」に対しては真摯に受け止めなければ、と思う。


頭脳警察は正にそういった闘争の時代のバンドである。
大学時代の後輩が、このバンドの再発された1stを嬉しそうに僕に薦めてきたのを今でも覚えている。
あまりに過激なメッセージ故、発禁の連続。

当時は思想的に共感できなかったこともあり、あまり聴き込む事は無かったけど、
先人達の営みにもっと触れなければいかんなー、なんて思っている。

そういえば、フジロック出ます。このバンド。

JUANA MOLINA
頭脳警察
SOUL FLOWER UNION
渋さ知らズオーケストラ

なんて3日目のオレンジコートの並び、グッジョブだな。楽しみ。


銃をとって叫べ 誰に俺たちが裁けるのかと
銃をとって叫べ 誰が大地を汚したのかと
無知な奴らの無知な笑いが
嘘でかためられたこの国に響き続ける


B00005LJQ2頭脳警察 1(ファースト)
頭脳警察
ディウレコード 2001-06-30

by G-Tools



頭脳警察 「銃を取れ!」 1990年LIVE



ブログランキング お勧め音楽
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。