スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Offspring 「All I Want」

この歳にして初めて行ったパンクスプリングのこと。

とりあえずOffspringとSUM41が出るって時点で行こうって思っていた。
どちらもライブ行ったことなかったし。
後にDescendentsが発表されたのが完全に背中を押した。

高校の頃に聴いていたバンドを除けば、これまではパンクよりもメタルが優先だった。
でもここ数年で自分の中のパンク熱も上がっているので、今回がいいタイミングかなーって。
同じくパンクスプリング未経験で行きたいって奴がいたことも幸いだった。

という訳で、そんなパンク初心者の感想です。


・会場に着くまで
京葉線が強風で完全にダウンし、武蔵野線、総武線もストップしているとの情報が午前中に。
一気に気持ちが萎えて、昼過ぎまで寝倒した後、とりあえず津田沼まで行って友人と合流。
幕張本郷まで電車が動く気配がなかったので、津田沼でタクシーを待つことにした。
で、結局30~40分くらい待った気がする。

そんときに、一人のお兄さんに声をかけられる。「パンクスプリング行くんですか?」
こちらとしても割り勘は望むところで、タクシーを相乗りすることにする。

どうも彼、三重県から一人で来たらしい。目当てはSuicidal Tendenciesとのこと。
STって今回関西ではライブないんだね。にしても、こんな天候の中、一人で来る行動力は凄い。
Andrew W・Kのライブにも行くみたいで、お互いの整理番号の小ささにびっくりしていた。
どちらかというと彼もメタル系の人間で、かなり面白かった。

ちなみに、アンドリュー、名古屋も東京もチケット売れてないみたいです。
名古屋も東京も、人集まるのか不安だなあ…。

会場に着き、物販が外にあることに彼は絶句。「物販、外や…」。強風に、雨。
知り合いからかなりのお買い物を命じられている彼にとって、非常に厳しい状況でした。
可哀想だったけど、過酷な状況に対して、僕は笑ってしまった。クリマン、酷い。

つーか天候に応じて物販のエリア変更とか出来なかったんかなぁ。
ま、クリマンさんだから融通利かないのは仕方ないね。


・Descendents
自分はディセンデンツ初心者極まりないんだけど、
もう二度と見れないかもしれないバンドのライブかもしれないので、本当に見たかった。

会場着いて荷物も預けずに速攻ステージの方に。
自分が会場着いたときに歓声が上がってたから、ほんとギリギリだった。間に合って良かった。
予想以上の人並みをかき分けて、スペースにゆとりのある限界のところまで行く。

意外だったのは幕張なのに、音がいい。ギターの音が凄く気持ちいい。
そんでもって、演奏上手いのにびっくり。かなり骨太な音を出している。
マイロさんも前かがみになって熱唱している。

このバンド、熱い。とにかく熱いと思った。

50近くなるおじさん達。失礼ながら見た目は年相応って感じがした。
でも音はとてもただのおっさんでは出せる音ではなかった。
必死に音楽のキャリアを積み上げてきたからこそ、きっと出せる音。

年配の方の必死な姿勢って、僕好きなんです。

「Everything Sucks」ではマイロさん、高音のところ歌えてなかったけど、
なんかもう必死で歌いきるんだーって気合が見えて、凄く良かった。
ギターのステファンさんは、途中でストラップ外れたのか、座ってギター弾いて繋いでたし。

余計なMCなし、ぶっ続けの40分。
あのライブをあの年でやれるんだから凄いよ。元々の曲もかっこいいし。

このバンドには掴まれた。いきなりいいライブを観た。


・Suicidal Tendencies
かなりメタル入っているバンドなんだけど、実はちゃんと聴いたことない。
音楽性が時期によって全然変わっているバンドで、
高校の頃にそんな姿勢が嫌だったという先入観が、このバンドを僕から遠ざけている。

正直ライブ観て、曲がいいなーってのはあまりなかったんだけど、ステージングは良かった。
メンバーが揃って巨漢ぞろいで、年も結構いってそうなんだけど、このバンドもやっぱり熱い。
今やれる彼らの全力を、彼らはこのステージで尽くしている。
見た目はヤバそうな人だけど、真面目でいい人って人柄が滲み出てくるようなステージ。良かった。

あと、エリック・ムーアさんのドラムはヤバかった。体型はまるっきり、曙…。
何なんだろうあの黒人さん特有のリズムの躍動感って。
元々ロック畑のドラマーではないんだろうな。パンクスプリングより、実はスプリングルーブの人だろ。

よろしければ、こんな動画があったのでご参考に。超絶。
http://www.youtube.com/watch?v=ekxvaEGXlkA


・Sum41
ずっと後ろの方でライブ見てたので、そろそろ前の方で見たいと思ったけど、
あまりに人が多くて諦めて、オフスプ側のブロックで見ることにした。
この決断は、パンクスプリングを楽しむ上で、結果的に非常に大きな決断だった…。

ニューアルバムの曲から始まり、そこそこの盛り上がり。
そんで3曲目に「The Hell Song」。このイントロで会場は一気に沸騰した。
やっぱりこの曲はかっこいい。
デリックは既にサビ歌えてなかったけど、正直このときはあまり気にしていなかった。

続いてあのアルバム通りに「Over My Head」。この曲も大盛り上がり。
ただ、この曲がグダグダライブの始まりだった。曲途中で止めて、客を煽り始める。
ま、ほんのちょっとならいいんだけど、かなり長くやってたと思う。

Green Dayのビリーの盛り上げ方に影響を受けているような気がする。それ自体はいい。
ただ、会場の空気が読めていなかった。もう演奏にいってほしいのに、ずっとそれが続く。

こっからはデリックの独壇場。MCでは好き勝手にダラダラしゃべり、曲が始まっても歌わず、
ギター適当に鳴らして時間繋いだり。終始笑顔だったから、本人に悪意はなさそうだけど。
「Motivation」「In Too Deep」「Fat Lip」とファーストの曲を終盤に畳み掛けて、
それなりに盛り上がっていたけど、自分は正直冷めてしまっていた。

終わってみれば、ネット上では史上最悪のライブと酷評の嵐。
サムのライブ行ったことない自分にとって、あれが普通だと思っていたけど、
どうもそうではなかったみたい。

あんなライブでバンドにブーイングせずに盛り上がっていた観客のことを
否定するような意見もあったみたいだけど、例えあんなライブであっても、
ブーイングするよりはその場で盛り上がっていた方が楽しいし、あれで良かったと思う。
否定はライブ終わってからでも出来る訳だしね。

ちなみに、自分はもうサムのライブには行きません。CD聴いてればいいや。


・The Offspring
サムのあんまりなライブの後、オフスプに対する期待は高まっていた。
結果的にはその状況が大きくオフスプの株を上げることになったと思う。安心のオフスプリング。

「Have You Ever」「Staring At The Sun」「Come Out And Play」の三連発でライブがスタート。
一曲目から高速メロコアビート炸裂でいきなりステージ前方はモッシュの嵐。
僕はヌードルズ側にいたけど、あっという間に人の流れに飲まれて、
いつもの通りにかなり前の方に漂流していた。

オフスプの曲の本当にいいところは、曲が合いの手を入れられるパートが多いことだと思う。
主にヌードルズのパートになるんだけど、デクスターのボーカルに観客がコーラスを入れて、
めちゃめちゃに盛り上がっていく。
「Staring At The Sun」の「おーおーおーおおー」ってパート、自分好きです。

「Come Out And Play」はこんな序盤にやるんだって感じだった。
この曲は自分にとってオフスプに入っていくきっかけになった曲。
人の波にもまれながら感動していた。

この三連打が終わるとクリマンのスタッフが出てきた。
なんと前方の柵が壊れたので修復作業が終わるまで待ってくれとのこと。
そんなヤワな会場設営すんなよって思ったけど、想定以上に盛り上がったからってことで、
後から美談にも出来るし、まあいいかって感じだった。

実際3曲でいきなり盛り上がり過ぎてしまったから、
会場全体を一旦クールダウンさせたのは結果的に良かったのかもしれない。

そんなトラブルの中、ヌードルズだけはステージの上に残って、
ずっとクリーントーンでギター弾いて繋いでくれていた。
そんで、ケガしちゃいけねーから、修復するまでちょっと待っててくれ、
トラブルあっても、俺達はフルのセットリストやり切るからってことを言っていた。

男前過ぎる、ヌードルズ。ギターは別に上手くないけど、かっこいい。
髪型もかっこいい。ツートーンカラーで動物みたいだった。

そこからの曲順は記憶が曖昧だけど、特に盛り上がったのは、
「One Fine Day」と「All I Want」の二曲。
いかにもオフスプって感じの高速チューン。激しく盛り上がる。
オフスプのメロディってほんと素晴らしいのを実感した。

正直オフスプのライブ動画を観ていて、技術的なものは全然期待していなかった。
でも実際ライブを体感して、全然イメージが変わった。リズムが特にしっかりしている。
勢い任せの疾走ではなくて、ちゃんと芯が残ったノリになっている。
下手クソだと思っていたヌードルズのギターも、リズムを外さず、かっこ良く音を鳴らしていた。

何だろう、オフスプも真摯に音を鳴らしていることが感じられた。
パンクだけど、雑に演奏するんじゃなくて、一音一音に気持ちを込めて音を鳴らすというか。
Descendents、Suicidal Tendenciesにも感じられたそれだった。

そんな音には説得力が宿る。積み上げた歴史の上で鳴らされる音楽には説得力が宿る。
よくベテランバンドに対して貫禄のステージって表現することがあるけど、
オフスプのライブで感じられたのはそれだった。
サブのライブがあんまりな出来だったこともあって、よりその点が際立っていた。

デクスターがアコギを手にした「Why Don't You Get a Job?」にも、
そんな気持ちが感じられた。素晴らしい演奏だった。
たまたま隣にいた外人さんが大熱唱していた。好きなんですね、この曲。
デクスターのボーカルより全然うるさかったけど、なんか許せた。

終盤はお約束の「Pretty Fly」で「あはーあはー」の大合唱。
ポップなメロディが観客の心を掴んだ「Want You Bad」、
そして鉄板のキラーチューン「The Kids Aren't Alright」。

物凄い畳みかけで、圧巻のステージは終了した。
アンコール待ちしてたけど、MCが出てきてがっかり。
でもアンコールが無かったことに対して不満はなかった。
本編でしっかりと素晴らしいライブを見せてくれたことに対して、僕は満足していた。

「What Happened To You?」やってくれれば完璧だったけど、
今回のライブに対して、そんな野暮な不満を言うことははばかられる位の出来だった。


・まとめ
真摯な気持ちで音を鳴らすからこそ、音楽は人の心を動かすことが出来る。
ディセンデンツ、スーサイダル、オフスプのライブにはそれが感じられた。
全力で頑張るおじさん達はかっこいい。
自分を含め、若い世代の人間は彼らの全力を見習って、彼らを超えていかなければならない。

あのおじさん達の音楽からは、パンクというものが感じられた。

それが、初めて行ったパンクスプリングの感想だった。


B000002BPSIxnay on the Hombre
Offspring
Sony 1997-02-06

by G-Tools



The Offspring 「All I Want」
1997年のライブなので、今から約15年前。当時デクスターは32歳くらい。
やっぱり若いですね。でも年取った15年後の彼らには、もっと別のかっこ良さがありました。
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

The Offspring 「The Kids Aren't Alright」

仕事が慌しい。問題が山のように発生している。
こういうとき、人間の本質が色々と垣間見えます。
文句は色々とあるけど、修行だと思って淡々とこなすのみ。

なんだかんだ音楽は色々と聴いていて、書きたいバンドは色々とある。


Green Dayの『Dookie』を聴いて、Offspringの『Smash』に入っていくのが、
僕らの世代には多かったんじゃないかと思う。
そこでパンクにハマった人間は、NOFX、Pennywise、Bad Religionあたりに流れていったような。

僕はパンクに行かず、メタルの方向に進んでいったんだけど、
今になってここら辺のバンドを聴き始めている。

ポップパンクと呼ばれる2000年代のバンドは数多くいるけど、
雛形を作ったのは、当然先人達の営みもあれど、オフスプリングなんじゃないかって思う。
彼らの曲は、誰でもプロになれるんじゃないかって思えるくらい、シンプル。
簡単なコードと、簡単なテクニック。

でも彼らの曲は明らかに強烈な力を放っていた。

「The Kids Aren't Alright」という曲。
僕はずっと歌詞を特に読むこともなく、いやーすげーいい曲だなーって思って聴いていた。

でもあるとき、歌詞を読んでみて、驚愕。
どうしようもない現実と絶望が、切実に綴られていた。

彼らの曲がポップであるのは、どうしようもないアメリカの現実と向き合ったとき、
ポップなメロディに載せるのでなければ、あまりにも哀し過ぎたんだろうなって思った。

何百回聴いたか分からない曲。今尚僕にとって魅力的であり続ける曲。


When we were young the future was so bright
The old neighborhood was so alive
And every kid on the whole damn street
Was gonna make it big and not be beat

俺達が若かった頃、未来はとても輝いて見えた
昔なじみの連中も、とても生き生きして見えた
ストリートで遊んでいた連中は
ビッグになることを夢見、負けることなんて考えちゃいなかった

Now the neighborhood's cracked and torn
The kids are grown up but their lives are worn
How can one little street
Swallow so many lives

今や昔なじみの連中は、ひび割れて引き裂かれちまってる
キッズ達は大きくなると共に疲れ切ってしまった
チンケなストリートは、多くの命を飲みこんでしまったかのようだ

Chances thrown
Nothing's free
Longing for what used to be

チャンスは放り投げられ
何もかもが自由ではなく
かつてあったことをただ望むだけ

Still it's hard
Hard to see
Fragile lives, shattered dreams

ずっと厳しく
直視することすら厳しい
こわれものの人生、打ち砕かれた夢

Jamie had a chance, well she really did
Instead she dropped out and had a couple of kids
Mark still lives at home cause he's got no job
He just plays guitar and smokes a lot of pot

ジェイミーはチャンスを手にし、それをやり遂げた
でも彼女はドロップアウトし、二人の子供をもうけた
マークはいまだ実家にいて、職もない
彼はときたまギターを弾いては、タバコを吸うばかり

Jay committed suicide
Brandon OD'd and died
What the hell is going on
The cruelest dream, reality

ジェイは自殺した
ブランドンはドラッグのやりすぎで死んだ
どうなっちまってるんだ
残酷すぎる夢、それが現実


B00000DHRZAmericana [ENHANCED CD]
The Offspring
Sony International 1998-11-19

by G-Tools



The Offspring 「The Kids Aren't Alright」 LIVE
はっきりいって演奏、ヘタです。でも、それでいいと思います。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

The Offspring 「Come Out and Play」

今日はテニスに行く予定であったが、車が動かなくなってしまった。
バッテリーが上がってしまったようだ。
最近全然車に乗っていなかったことが原因、と思われる。

本当に僕は車に乗らない。
渋滞と信号が嫌い。あと酒が飲めなくなる。
この二点がでかい。

じゃあ何で車持ってるのかというと、車が無いと出来ないことがあるから。
その一点だけである。
休日に暇だからドライブに行こう、なんて発想にはならない。
贅沢な所有の仕方をしていると思う。


車に興味が無い僕ではあるが、
高校時代、免許を取立ての奴の車に乗せてもらっていた頃、
車が生み出す解放感に僕は魅了されていた。

狭い世界を飛び越えて、まだ見ぬ世界に飛び出していくような。
夜の大洗の海なんて、本当にドキドキしたものだ。

いつの間にか車は僕にとって手段に成り下がってしまっていたようだ。
また車が動くようになったら、今度は夜どこかへ行ってみよう。
BGMは何でもいい。そのときの気分次第だな。


本日車にて聴くことが出来なかったCDたち。
Offspring『SMASH』、Placebo『Sleeping with Ghosts』。

オフスプリングを家で聴く。
彼らは高校時代に全く聴いていなかった。
当時メタルに傾倒し始めていた僕にとって、彼らを聴くことは魂を売るも同然の気構えでいた。

それでいてグリーンデイは聴いていたんだけど。
単に金がそっちまで回らなかっただけの話だ。

パンクって音数が少ない音楽だからこそ、時代を超えて通用する。
もう10年前以上の曲でも古臭く感じない。むしろ凄く新鮮。いい。
遅れてきた青春だな。


B000001IPLSmash
The Offspring
Epitaph 1995-06-21

by G-Tools



The Offspring 「Come Out and Play」



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。