スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ken Yokoyama 「Believer」

今週、会社の上司と言い合いになった。

人間同士、意見の食い違いはあるのは当然のことで、健全な出来事ではあるんだけど、
今週のそれは、すごく後味の悪いやり取りだった。
互いの信頼関係をベースとした喧嘩と、互いを憎みあった結果による喧嘩は違う。
「憎む」は言い過ぎにしても、そのやり取りは後者だった。

会社には当然ながら上下関係があり、最終的に言うことを聞くのは僕であるべきなので、
最後に吐き捨てるように上司に言葉を投げかけて、僕は引き下がった。
「本当にそれでいいんですか?」

それ以上会社に残っても精神的に仕事にならないような状態だったので、
僕は会社を出て、最寄り駅で酒を買い、路上に座り、酒を飲んだ。

色々なことを考えた。

自分の人生について。これまでの人生について。
自分の生き方とは。自分が守るべきものとは何か。

線路のガード下は、僕が5年前にも立っていた場所。
あの時によく通った屋台の飲み屋は、もう無い。

もう自分も30過ぎだし、別の舞台を目指すならいいタイミングだよなー、と考えた。
そう考えたら気分が軽くなって、尊敬する先輩にメールを送り、
電車に乗り、家路についた。


家に帰り、何もやる気がなかったので、夜中、ずっとネットを渡り歩いていた。
たまたま、横山健のイベントが近いことを知る。
そういえば「Dead at Budokan」以来に、またデカい会場でやるんだっけって、思い返す。

そして久々に彼のコラムを読んで、胸が熱くなった。
彼は次回のイベント「Dead At Bay Area」に向けて、こんなことを書いていた。

観にきてくれた人達全ての活力になりたい。
それぞれが目の前にしている壁や抱えている問題と闘うための勇気を与える存在でありたい。
自分の身の丈に合わないことをやろうとしているのかもしれない。
でもいいじゃないか。夢見るくらいいいじゃないか。

http://www.pizzaofdeath.com/index_j.html
Shits⇒Ken's Column より

この青臭い文章が、僕の胸を打った。
僕は別に横山健の信者ではないし、全てに共感するわけでは決して無いんだけど、
こういう人間臭さが、僕は好きだ。この人は相変わらず、自分の生き方を貫こうとしている。

彼の文章を読んで、また僕は目が冴えた。
そして僕が守るべきものは何かについて、考えた。
恥ずかしいからここでは書けないけど、結論が出た。決して昔とは変わっていなかった。

いてもいなくても社会にとって影響の無い、クソみたいな人生かもしれないけど、
自己満足でいいから、決して曲げてはいけないことは、曲げずに生きていこうと思った。


次の日、僕は上司の命令に背き、自分が正しいと思う行動をした。
そんな中、外出先で仕事をしている最中に、上司から電話がかかってきた。
めんどくせーなと思いながら、昨日の続きを含め色々とやり取りをしたんだけど、最後にこう言われた。

「今日は雨が強いから、気をつけて帰ってこいよ。」

僕は大雨の中、車で外出先に行っていた。
自分とは根本的に考え方が違うと思った上司だけど、この言葉は、やっぱり嬉しかった。
まだ今の職場で頑張れる、そう思った。


家に帰ってから、僕はこの曲を聴いた。
この曲を聴いていた昔の自分と、今の自分について、考えていた。


I'm a believer
Not just a dreamer
Do you think I'm strong?
Do you think I'm wrong?

俺は信じる男なんだ
決して夢想家ではないんだ
俺が強いとでも思うのかい
俺が間違っているとでも思うのかい

Look deep inside of me, Do you see what I see?
Now I know my philosophy, I believe I must be me
But this is not the time like it was in '69
You cannot run away to find love
It's not out there, It's right inside your heart

俺の奥深くを見てくれ、俺が何を見ているか分かるかい
俺は自身の哲学を知っている、俺はあるべき自分の姿を信じている
でも今は1969年のような時代ではない
愛を見つけるために走り去ることも出来ない
それは外には無いんだ、君の心の中にしかないんだ

The more I live, The more I dream
No way you can change my mind
So don't you try to fight it
Take my hand and you will see it too

行き続けるうちに、夢見ることは増えていく
俺の気持ちを変えさせる術なんて無い
だから君もその気持ちに抗おうとしなくていいんだ
俺の手を取れば、君も分かるはずだ

I'm a believer
Not just a dreamer
Do you think I'm strong?
Do you think I'm wrong?

俺は信じる男なんだ
決して夢想家ではないんだ
俺が強いとでも思うのかい
俺が間違っているとでも思うのかい

You can have anything you can dream, Anything
But do you know just what you want? Then you can be confident
They don't come walkin' in, Give and get, Everything
Why don't we change the world just like we want?
If we believe, It's not too late to start

夢見るものは何でも、君は手にすることが出来る
何がほしいのかは分かってるかい、そのとき君はきっと自信に溢れてる
それらは歩いてやってくる訳ではない、全て、与えて、得るものだ
世界を俺達が望むものに変えてしまおう
信じるならば、きっと始めるのに遅くはないはずだ

The more I live, The more I dream
No way you can change my mind
So don't you try to fight it
Take my hand and you will see it too

行き続けるうちに、夢見ることは増えていく
俺の気持ちを変えさせる術なんて無い
だから君もその気持ちに抗おうとしなくていいんだ
俺の手を取れば、君も分かるはずだ


B00015M7JGThe Cost Of My Freedom
Ken Yokoyama 横山健
3Dシステム 2004-02-18

by G-Tools



Ken Yokoyama 「Believer」
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Ken Yokoyama 「Punk Rock Dream」

今週も慌しく過ぎ去る。体調崩したし。
不健康生活でも健康ってのが僕の売りだったんだけど、少しは栄養取ろうと思った。

一方でブログで書きたいネタが溜まりまくってて困っている。
自分の中で鮮度が落ちているものが、色々とあるのが残念。


そんな日々の中で、ようやく横山健のニューアルバム『Four』を聴くことが出来た。
バンドのメンバーチェンジを経て、初めて「バンド」として製作したアルバムとの触れ込み。

アルバムタイトルには4枚目と4人のメンバーという意味が込められている一方、
ツェッペリンやサバスの名作に冠せられた「4」という数字への意識もあるようで。
アルバムタイトルだけでも、並々ならぬ意気込みが事前から伝わってきた。 

そして今回僕の中の目玉は、新加入である南、ジュンがどんな演奏を聴かせてくれるのかだった。
特に南に関してはケムリが好きだったこともあって、すごく楽しみにしていた。
ケムリ時代、あの人のキレの良いカッティング、すごくかっこよかったので。

ちなみに、アルバムに対する意気込み、そしてメンバーに対する思いは、健のコラムで書かれています。
これ読んで、僕はどんなアルバムが聴けるんだろうって、楽しみにしていた訳です。
http://www.pizzaofdeath.com/staff/column/ken-column.html


CDを回して、1曲目からびびった。90年代に逆戻りしたかのような、ハードコアテイストが戻っている。
「Kill For You」は、難波が歌えばハイスタの曲って言っても違和感ないんじゃないかな。

健と南のギターの絡みがかっこいい。この二人って上手いってタイプのギタリストじゃないんだけど、
ザクザクとしたカッティングの音が、僕はたまらなく好き。
めいいっぱいにかき鳴らされる弦からの振動がビシビシと伝わってくるような、心に響くカッティング。

ジュンの激しくラインを動きまくるベースも唸りを上げまくっている。
ガンのドラムに関しては特筆すべきことはないけど、とにかく前に突き進むドラムでかっこいい。

PVも製作された「Punk Rock Dream」。この曲はいかにも健って感じの曲。素晴らしい。
歌メロは素晴らしいし、裏で動くメロディアスなベースラインがまた素晴らしい。

「Your Safe Rock」は、去年のRock in Japanフェスでの出来事を踏まえて
作られたんじゃないかなって思うような曲。

I don't give a fuck go cheer the cute kids with your SAFE ROCK.
というフレーズが曲の中にある。
ロキノンのライブでの中の葛藤を経て、健が得た結論はこれだったんだろう。

SAFE ROCKの世界と、自分の生きる世界は違う。そう宣言しているように聴こえる。

ちなみに去年のロックインジャパンでの出来事も過去に健のコラムで書かれています。
http://www.pizzaofdeath.com/staff/column/vol.65.html

中盤では「Falling From Grace」が好き。男臭いメロディと骨太なリズムがかっこいい。
死語かもしれないけど、まさにメロディックハードコアって感じ。

このアルバム、終盤の流れも素晴らしい。
「Sleep」で恒例とも言えるアコギ弾き語りの後に「Let The Beat Carry On」。
疾走するポップパンクナンバー。ギターソロの入り方が「Believer」みたい。ライブのハイライトになりそう。

そしてラストの「Still Burning」。

All these days
winds will change Now, the same old fire's still burning
It's still burning

時代と共に風向きは変わっていくけど、自分の信念と情熱は昔と決して変わってはいない。
とにかくハイスタ時代と比較され、今の健は変わったなんて言われることもあるけど、
決して昔と変わることはなにもない。そんなことを宣言するような曲。

ポップだけど骨太のサウンドに乗せて、彼のメッセージは胸に響いていく。


『Four』というアルバム、僕は傑作という評価を上げたいです。素晴らしい。

南とジュンという新加入のメンバーがいい仕事しまくっていて、
これまでの健のアルバムとも、ましてやハイスタとも違う、男気溢れるアルバムに仕上がったと思います。
最近の健はちょっと…という人も、このアルバムだったら薦められる。思い入れあった人にこそ聴いてほしい。

2010年という時代において、
今時ここまでストレートでメロディックなパンクを真剣にやっていることに胸を打たれる。
メンバーは40近いのにも関わらず。

きっと彼らの様々な経験というものが人生の重みとして、音として憑依しているんだと思う。


横山健という人。
音楽を聴いていても、コラムを読んでいても、不思議とこの人が作るものには僕の胸を打つものがある。

それが何故なのかはよく分からないけど。

たぶんずっとCDを買い続けて、ライブも行き続けるであろうミュージシャンの一人。
そんな僕と同世代の人間、まだたくさんいるんじゃないかな。


B00319H42YFour
Ken Yokoyama
ピザ・オブ・デス・レコーズ 2010-03-10

by G-Tools



Ken Yokoyama 「Punk Rock Dream」 PV
このPV、最後のメンバー同士の絡みが好きです。かっこいい中年達です。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Ken Yokoyama 「Running On The Winding Road」

短納期で結構重たいかなーって思ってた仕事が、意外にもあっさり終わってしまった。
何でかっていうと、楽しかったのだ。いつも以上に集中力があった。
自分で考えて、人に相談して、また考えてって繰り返し。

その仕事ってのが、A4一枚にお客さん向けの新製品アイディアを説明するための資料作り。
A4一枚といっても、その裏には数10ページ分の背景があるから難しいのである。

まあ昔からパワーポイントの資料作り好きだし、
製品立案からマーケティングまでのシナリオ作りも好き。
うすうす気付いてたけど、自分って研究開発より企画の方が適性あるのかも。

プレゼンは僕がする訳じゃないんだけど、どんな反応があるのか楽しみ。
酷評される可能性もあるかもしれないけど、楽しみ。
仕事が増えることになるけど、これならいいやって心境。


話は全然変わって、横山健のコラムで「Rock in Japan Festival」における出来事と、
それについての彼の意見が述べられていた。
時間あって興味ある方は読んでみてほしいです。
音楽とは何か、ロックとは何か、ライブとは何か、考えさせられるコラムです。

下記URLをクリック⇒左タブの「shits」をクリック⇒相撲取りのアイコン「KEN's COLUMN」をクリック
http://www.pizzaofdeath.com/index_j.html

僕はその場に居た訳ではないんだけど、簡単に事の顛末をまとめると以下の通り。
・フェスの主催者はライブ中のモッシュ、ダイブの禁止を例年以上に厳しく取り締まることを決定。
・健はライブ開始前に、その趣旨を伝えたので、観客はルールを守ってライブを楽しむ。
・健が状況に苛立ち、観客を挑発。
・モッシュ、ダイブが大量発生し、運営側としては問題に。


Ken Bandみたいなパンク系のライブでは、モッシュ、ダイブ(サーフ)は必ず起こる。
激しい音楽で観客同士、身体をぶつけあうのは楽しい。
また僕はダイブとかサーフはしないクチなんだけど、これらの行為が楽しいことも良く分かる。
観客として、モッシュやダイブは一つの楽しみ方として、ある。

一方で主催者側は、怪我人の出ない安全なフェスを作りたいとの理念を掲げ、
その上で怪我を誘発するようなモッシュ、ダイブを禁止した。
過去に後遺症が残るような大怪我をされた方がいて、もう二度とそんな事故は起こさない、
という信念の元である。

こうして、「モッシュ、ダイブをしたい観客」と「モッシュ、ダイブを禁止する主催者」という、
対立の構図が出来上がった。どちらの立場からの主張も正論である。


モッシュやダイブをしなくてもライブは楽しめる。それは真実である。
音楽を聴く、という観点でみれば別に暴れる必要はない。
僕なんかはメタルでもパンクでも、後ろの方の余裕あるスペースで、
好きに身体を動かしながらライブを観ることが増えた。

実際僕がロッキンに行っても、その制限を不満に思うことはないだろう。
しかし観客の楽しみ方を主催者が制限し、自分はその管理された空間で音楽を聴いている、
そういった違和感は感じたんだろうな、と思う。


「自由」という言葉は嘘臭い。完全なる自由空間なんて、人間世界の中ではありえない。
「自由」と感じる空間が成立するとすれば、そこに「秩序」があるからである。
そして「秩序」をもたらしているものは、
「法」であったり、「ルール」であったり、「常識」であったり、「社会通念」であったりするだろう。

パンクのように観客が激しく暴れるようなライブでも、秩序はある。
多くの人間は、周りの人を怪我させないように暴れる。
転んでいる人間は起こしてあげるし、具合悪そうな人間は外に出してあげる。

これらの行為は「法」とか「ルール」とか、決められているからそう行動しているのではなく、
各々がそうすべきだと考えているから、そのような行動に至っただけであると思う。
観客にそういった認識があれば、明文化された「ルール」がなくても、「秩序」は保たれる。

ライブに行く者同士の共通認識が熟成されて、ライブ中の「秩序」が保たれる。
これが最も理想的で美しい姿だと思う。これは別にライブに限った話ではない。

明文化された「法」「ルール」の存在なしに、自然と集まった人間同士で「秩序」が形成され、
その中で各々が好きなように行動する。これが僕にとっての「自由」の姿だ。


今回の件で、主催者は観客に「ルール」を課すことで「秩序」を保とうとした。
でもこのやり方って、問題の解決法としては最も強力である一方で、
最も人を信用しないやり方である。

例えば、
前回のフェスで大怪我をした人間が出ました。原因はダイバーの足が顔に当たったことです。
この事実があったことを踏まえて、あなたはどのようにライブを楽しみますか。
一人一人が考えた上で、フェスに参加してもらいたいと思います。

こういった啓蒙の仕方は出来なかったのかな、と思う。
ゆとり世代相手だと無理なのか。
自分達で作り上げる「秩序」、その中で生まれる「自由」がライブの醍醐味なのに。


今回のコラムを読んで、健はやっぱりかっこいいと思った。
誰よりも観客のことを考えて、主催者との軋轢も辞さない覚悟で、彼は闘った。
彼の取った行動は決して正しくはないのかもしれないけど、僕は尊いと思う。
自分が疑問に思うことに対して、声を上げられなくなるほど、辛いものはないのだから。

改めて彼のことが好きになった。
久しぶりに1st『The Cost Of My Freedom』を聴く。やっぱりいい。1stが一番好き。

「Running On The Winding Road」。
日本語にすると赤面してしまいそうな熱い歌詞をさらりと英語で歌う。かっこいい。
中間部のギターの刻みがかっこいい。PVもかっこいい。

そしてやっぱり、歌詞がかっこいい。名曲。

Suddenly I want to stop
I have a new feeling
And I know that the road is just the same as my own life
So then slowly start to run again

Where am I now?
Where will the road take me?
I'm just running on the winding road

Running on the winding road
Running all my life
Running on the winding road


B00015M7JGThe Cost Of My Freedom
3Dシステム 2004-02-18

by G-Tools



Ken Yokoyama 「Running On The Winding Road」 このPVは名作だと思います。



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Ken Yokoyama 「Cherry Blossom」

桜満開。
代々木公園は人でいっぱいだった。

僕の学生時代からの趣味の一つに昼酒がある。
酒が一番旨いシチュエーションは、晴れの日に外で飲むときだと思っている。
なので、学生時代は学校の芝生の上で、今は主に多摩川沿いで、昼酒を重ねてきた。

昼酒という行為はそれなりの覚悟がいる。
昼からお天道様の下で飲むなんてこの人でなし、なんて視線を過剰に意識したりする。
一人で飲んでいるときは当然ながら、複数で飲んでいたとしても、
おかしな人間、もしくは社会の落第者と思われることは間違いない。


しかし、一年に一度、合法的に昼酒が許されるのが花見シーズンである。

真昼間っからみんな酔っ払ってる。カオス。
道端でぶっ倒れている人間、上半身裸で叫んでいる人間、そこら辺で小便している人間。
一気飲みのコール、大音量で流されるクラブ系?音楽。

周りのことなんて気にしちゃいない。
それが東京のいいところだと思う。
明らかにはみ出すべき人間が、浮かない。
まー、カオスの中にも秩序があるから成立している空間なのだけど。

北朝鮮のミサイルが上空を通過しようが関係ねえ。
俺達が騒いでも、ミサイルの方向が変わる訳ではないのだ。
こんな刹那的な空間、一つの理想郷だと思ってみたり。


なんでこの宴は、桜が散るのと時を同じくして終わってしまうのだろう。
みんなはしゃぎたいなら毎週やればいいのに、といつも思う。
せめてもの自制心なのか、希少的に楽しみたいのか、それとも本当に桜の魔力なのか。
不思議だ。

今日の私、風邪のせいか、花粉症のせいか、喉が非常に痛くてノリ切れず。
早く治して、今週どっかの公園でビール飲みたいなー、と思う。
桜がまだ咲いているうちに。


そういや「Dead At Budokan」からもう1年以上経つのか。
確かこの曲もやってたよなー。
あのライブも素晴らしかった。みんなの幸せが詰まっていた。

Blossoms will bloom like our Winning
And wilt like failures in life
Cherry blossoms fills my heart with pride


B000ATHZQINothin' But Sausage
Ken Yokoyama
ピザ・オブ・デス・レコーズ 2005-11-09

by G-Tools



Ken Yokoyama 「Cherry Blossom」
フリクリと健の関係についてはよく分かりません。



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。