スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Singer Songer 「初花凛々」

引き続きCoccoについて。

活動休止中も彼女は歌うことを止めていた訳ではないから
復帰、ないし復活という言葉は当てはまらないかもしれないけど、
「焼け野が原」から4年、再び彼女は歌うたいとして帰ってきた。

Cocco名義のソロとしての活動はもう少し後のことになるけど、
世間一般的にはこの時を彼女の本格的な復帰と受け止めていたように思う。

2005年「初花凛々」リリース。
この曲、本当に素晴らしい曲。

Coccoの歌声は一切の濁りを感じさせずに透き通って、どこまでも高く伸びていく。
「焼け野が原」に込められた悲痛の歌は、幸福の歌に変わった。

この歌を聴いていると否が応でも幸せな気分になります。
「ずっと ハロー」なんて凄くいい歌詞です。


当時や最近のインタビューを読んでみるに、
彼女にとって歌の位置付けが変わったことが、その変化の根本にあるようである。

「排泄物」から「料理」へ。
想いを伝えるための歌を歌うようになって、その歌は物凄いエネルギーを放つようになった。
とにかく胸に響く。

ここまで紆余曲折して変化し続けるミュージシャンって多くない。
歌に対する真摯な想い故に彼女は追い込まれてしまったけど、
その状況を乗り越え、聴く者に感動を与える歌うたいになった。

もうこれからは、彼女が歌いたい歌を歌い続けてくれればそれでいいと思う。
ずっと。


B0009HMX5Oばらいろポップ
SINGER SONGER Cocco 岸田繁
ビクターエンタテインメント 2005-06-29

by G-Tools


Singer Songer 「初花凛々」



ブログランキング お勧め音楽
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。