スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UNICORN 「雪が降る町」

今年のライブ納めということでCOUNTDOWN JAPANに行く。
なんだかんだ毎年一日行ってる気がする。
今年の1日目は個人的にメンツがツボで、早い段階でチケット予約してた。

ロキノン系のフェスはアーティストの持ち時間が短いから、物足りないのは事実なんだけど、
概ね満足。楽しかった。


久しぶりに観たPUFFYは昔と変わってなかった。若い。
たぶん新しめの曲だと思うけど、英詩のメロコアっぽい曲がかっこよかった。
この方々のキャラ立ちは素晴らしいと思います。

続いてフジでは観れなかった頭脳警察を観る。
圧巻。キャリアの重みを感じる。歌詞の一つ一つが重い。
寺山修司が作詞に関わったという「時代はサーカスの象にのって」という曲が良かった。
そしてあのサダム・フセインの14歳の孫がアメリカ軍に殺されたことを歌ったという曲も胸を打つものがあった。

あの人達は音楽に魂を込めている。
結成して40年経ったってMCしててどよめきが上がってたけど、その重みを存分に感じた。
あまり客入りは良くなかったけど、若い人たちからすげーすげーって声上がってたし、
出て良かったんじゃないかな。

こういったバンドに僕ももっと触れてみたい。単独行ってみようかな。


続いて休憩用のイスに寝転んでウトウトとPerfumeのライブを聴く。
「チョコレイト・ディスコ」と「ポリリズム」の流れは反則だと思った。
なんだかんだいい曲です。ライブは一回観たらいいって感じだけど。

その後、MASS OF THE FERMENTING DREGSを観る。
フジロックで観て衝撃を受けて、単独観に行こうと思ってたんだけど、結局行かなかった。
ライブ観て、そのことを後悔。

やっぱ凄いこの人達。ポップなんだけど破壊的。メタルバンドばりに頭振ってるし。
あそこまで個性的なギターロックやってるバンドってあまり思い浮かばない。
新しく加入したドラムの方もめちゃめちゃ上手いし、今後の活動に期待です。
これは絶対ライブ観にいこ。

そんなマスドレのライブの終盤に泣く泣く会場を抜け出して、被っていた筋肉少女帯のステージに行く。
筋少のセットリストはフジのときと殆ど変わってなかったけど、
演奏のキレとオーケンのMCのキレは相変わらず。めちゃめちゃ笑った。
音楽を楽しみたいってなったとき、筋少のライブはぴったりです。今回のライブも満足。


そんでまた休憩して身体が冷えたところで、佐野元春をちょっと観る。
やっぱり昔のイメージとは変わって年取りましたね。でもロッカーとしての雰囲気はあった。
やったかどうか分かんないけど、「約束の橋」聴きたかったけど途中で抜ける。

そして冷えた身体をあっためようと、avengers in sci-fiのライブを観る。
久しぶりに観たけど、神経質ながら弾けたライブは相変わらずだった。客の盛り上がりも凄かった。
前のほうはみんなすっげー踊ってる。バンドもエフェクター駆使して色んな音出してる。
あれだけの音の厚みをトリオってやってるってところがこのバンドの凄いところ。

ただ、会場のせいもあってPAの音作りがいまいちだった。
フェスだと音作りに時間取れないし、仕方ない部分はあるけど。
この人達の場合、やっぱり単独で観るほうが堪能できる気がする。
アベンジャーも観にいかないとな。3月にワンマンあるって言ってたし。


その流れで坂本龍一を観に行く。ピアノ弾いてた。
めちゃめちゃ良さげだったけど、人多そうだったから中には入らなかった。後から続々と人来てたし。
教授は何かの機会にいつか観れるといいな。

なので予定にはなかったけど、今年たくさん観たくるりをまた観ることにした。
セットリストは特に代わり映えなく、演奏も特筆すべきことはなかったんけど、
サプライズとして何とユーミンが登場。

これは会場もちょっと揺れた。ユーミンの声の存在感ってやっぱり凄いです。
いいもん観れて良かった。得した気分になった。


そしてトリはユニコーン。私の今日の目当てはこれでした。
再結成を発表してから約1年後、ようやく彼らを観ることが出来た。感激。
現役の頃にライブ観たことはなかったけど、あの5人がステージの上に揃って立っていることに感激。

曲も「服部」「ペケペケ」「大迷惑」「すばらしい日々」など、往年の名曲たくさんやってくれた。
どれも懐かしくて、感激だった。客もすっげー盛り上がってた。
女が多いライブって久しぶりだったんだけど、びびった。黄色い声援。キャーって。

コントのようなMCで笑わせて、ダラダラしたペースでライブは進む。
民生を初めとしてメンバーが楽しそうだったのが印象的だった。たぶん偽りなしに楽しいんだろうな。

本編が終わってアンコール。
年末だし、この曲きっとやってくれるだろうな…、と恐らく誰しもが思ってたら本当にやってくれた。

「雪が降る町」

イントロを聴いたとき、泣きはしなかったけど、心で泣いた。あまりにも懐かしすぎて。
15年前くらいの頃の記憶が蘇る。もうそんなに経ったんだなって。
歌詞とメロディは珠玉。これ以上ない、年末の締めの曲。

これが今年のライブ納めになってくれて、本当に良かった。
ユニコーンのみんな、ありがとう。来年、きっといい年になるはず。いい年にする。

それにしても良かった…。終わりよければ全て良しって本当かも。


僕らの町に 今年も雪が降る
いつもと同じ 白い雪さ つもるつもる

あと何日かで今年も終わるけど
世の中は色々あるから
どうか元気で お気をつけて


B00005G6NEザ・ベリー・ベスト・オブ・ユニコーン
阿部義晴 UNICORN
ソニーレコード 1993-11-26

by G-Tools



UNICORN 「雪が降る町」
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

UNICORN 「すばらしい日々」

地元の友人が東京出張ということで飲む。
話題になったのは再結成ユニコーン。
地元の水戸ではユニコーンのライブチケットは秒殺だったとのこと。

確かに僕の中高時代、ユニコーンのベストアルバムは
大げさかもしれないが2人に1人はCDなりカセットなりで持っていた気がする。
とにかく人気があったし、むしろ解散してからファンが増えたような感もあり。

高校時代はカラオケで「大迷惑」を歌えば鉄板の盛り上がり。
今思えば何でかは分からないが、高校の仲間うちではこの曲のときは皆で脱ぐのが定番だった。

と、ユニコーンは僕の青春であったのです。


時を経てサラリーマンをやるようになり、また久しぶりに聴いてみたが
ユニコーンの良さを再確認する。
民生ってリーマンやったことない気がするんだけど、何でこんな共感出来る歌詞書くんだろう。
不思議だ。

「すばらしい日々」はユニコーン最後のシングルである。
曲も歌詞も素晴らしい。


いつの間にか僕らも 若いつもりが年をとった
暗い話にばかり やたらくわしくなったもんだ
それぞれ二人忙しく汗かいて

すばらしい日々だ 力あふれ すべてを捨てて僕は生きてる
君は僕を忘れるから その頃にはすぐに君に会いに行ける


何かめちゃくちゃ今の僕に投影できる歌詞である。
「いつの間にか僕らも 若いつもりが年をとった」なんて、
さらっと言っているように聴こえるけど、凡人には生み出せない秀悦なフレーズだと思う。

何気にこの曲、EBIのベースがとても光ってます。
ほぼ全てルート弾きなんだけど、静かであり熱い感情がほとばしるベースライン。
僕がルート弾きで手本にした曲は、この曲とLed Zeppelinの「Rock And Roll」であった。

いつか再結成の熱狂が冷めたら、彼らのライブに行ってみたいと思うこの頃。


B00005G6NEザ・ベリー・ベスト・オブ・ユニコーン
阿部義晴 手島いさむ 奥田民生
ソニーレコード 1993-11-26

by G-Tools



UNICORN 「すばらしい日々」



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。