スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Feeder 「Breed」

Feeder。

本人達待望のグリーンステージ。
僕も一番でかいところで彼らを見てみたかったので、望むところだった。
タカさんは明らかに気合が入っているのが分かった。アクションのキレが違う。

とはいえ、このライブ、何か演奏に勢いがなく、もっさりしているように聴こえてしまった。
へヴィさを出すためにテンポを控えめにしていたんだけど思うんだけど、
最近の曲についてはそれで良いにせよ、昔の曲はもっと軽快にやってほしかった。

「Insomnia」にせよ「Buck Rogers」にせよ、もっと行けたはず。
少なくとも前回のフジロックのレッドマーキーでは、素晴らしい演奏だった。
バンドの気合に押されて観客も相当に盛り上がったのを覚えていて、
その再現を期待してたんだけど、ちょっと残念な感じだった。

でも「Feeling A Moment」「Just The Way I'm Feeling」のようなバラードは、
あの苗場の山々の中で聴くのは、最高のシチュエーションだったと思う。
切ないメロディがグラントの声に乗って、山々の中に響いていくのは本当に素晴らしかった。
イギリスでは1万人以上集めてしまうバンドのスケールの大きさを見たように思う。

前回のフジロックと同様に締めは「Just A Day」かなということで、
グラントがあのフレーズのギターを弾きながら、イントロを歌う。
これまた一撃必殺の名曲なので、当然のように大盛り上がり。僕も興奮。

なんだけど、この曲もテンポ遅い…。
最後ぐらい勢い良く決めてくれよって、正直がっかりだった。
いや、もちろん僕も盛り上がってはいるんだけど、
どうせなら名曲はもっとおかしくなるくらいのテンションでやってほしいって思った。

これで終わりかと思ったらタカさんがMCでゲストを呼ぶという。
誰来るんだと思ったら、LUNA SEAのINORAN!とHIATUSの細美。

細美には正直思い入れはないんだけど、イノランは完全に僕の想像の域を超えていて、
思わず「おおーっ」ってリアクションではなくて「ええーっ」ってリアクションをしてしまった。
めちゃめちゃサプライズで嬉しかったんだけど。

ルナシーはなんだかんだで僕も昔聴いていたバンドなので、
そのメンバーが近くにいることは凄く感慨深いものがあった。
イノラン、めちゃめちゃ美形。顔小さくてスタイルも良い。かっこ良すぎ。

ゲストの二人を交えて、Nirvanaの「Breed」のカバー。これ、盛り上がらない訳がない。
多分「Just A Day」より盛り上がっていたと思う。
いかにもフェスって感じで、素晴らしい締め。
この曲くらいのテンションで、他の曲もやってほしかったな…。

(セットリスト)2011.7.31 Fuji Rock Festival 2011
Barking Dogs
Insomnia
This town
Sentimental
Feeling A Moment
Renegades
Just The Way I'm Feeling
Buck Rogers
White Lines
Home
High
Just A Day
Breed


ライブの感想に違いはあれど、Jimmy Eat World、Get Up Kids、Feederの3バンドが
作った名曲というものは、きっと僕は一生聴き続けると思う。
なのできっとまたどこかで彼らのライブを観る機会がきっとある。

次はもっと僕の期待と想像を大きく超えるようなライブをやってもらいたい。
彼らのポテンシャルってきっとこんなもんじゃないと思うし。


Feeder 「Breed」
この曲、粗雑に演奏すればするほど、かっこ良くなる曲だと思う。
フジロックのときも、他の曲と違ってかなり荒い演奏で、凄くかっこ良かった。
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Feeder 「Buck Rogers」

ここ最近は、よく仕事をしている。
イライラすることが増えたのは心に余裕の無い証拠。まだまだ精進が足りないようです。
とはいえ、そんな状況もそんなに悪くはない訳で、色々と面白いこともあり。

最近仕事で絡み始めた人が実はメタラー兼パンクスだったことが判明。
出先から車で一緒に帰ってきたんだけど、ふとしたきっかけでそういう会話になり、大盛り上がり。
クラブチッタでラモーンズ観たって言ってた。
あとイベント会社のバイトで、メガデスのマーティと会ったことあるとも言ってた。

会社に人、いっぱいいるけど、表に表れている部分って、本当に氷山の一角なんだなーって再確認。
人間の歴史って面白いです。


仕事が慌しいのと比例するかのように、これまた行きたいライブが色々と。
行く予定のライブは下記の通り。

9/26 Metallica
10/8 Underworld
10/13 Ozzy Osbourne
10/16 Loud Park
11/27 Manic Street Preachers

この他にもTeenage Fanclub、No Use For A Nameなど行きたいライブが目白押し。
金が足りないし、平日ってのもなかなか厳しい。

そんな中すごく悩んでいるのがFeederのライブ。
いつの間にかもう二週間後になっていた。日曜のUnitの方には行けないので、
行くなら平日の渋谷なんだけど、仕事の状況的にどうだろう。
全て投げ捨ててとことん盛り上がってきたいってのが、いまのところ考えていることなんだけど。


Feederって2年前のフジロックで初めて観たけど、すごく良かった。
あのときのレッドマーキー、Gossip⇒Vines⇒Feederってめちゃめちゃ熱かった。
マイブラ最初から観たかったけど、フィーダーのライブ楽しすぎて、最後まで出れなかった。
あんまり人多くなかったけど、あのときのお客さんも熱かったな。すごく一体感があった。

なんだかんだそれから来日もしてるんだけど行ってなくて、そろそろ…ってのが僕のタイミング。

フィーダー、いろいろあって音楽性の変遷もあるバンドだけど、
シリアスでメランコリックな彼らの音もいいけど、やっぱり初期のノリ重視な感じもいいです。

フィーダー聴くようになって「Buck Rogers」の歌詞読んだときは、衝撃だった。
いい意味でだけど、すげー薄っぺらい歌詞だなーって。

「a brand new car」はたぶん別れた彼女のことで「He」はきっと新しく出来た彼のことなんだろう。
だけど、この主人公は今でもヨリを戻すことを望んでいると。なんかよくありがちなテーマの曲です。
タイトルの「Buck Rogers」はアメリカのSF映画の主人公なんだけど、
そこになぞらえることで、奇跡を信じているというニュアンスを出しているのかなと思う。

まーでも「Drink cider from a lemon」などよく分からない部分も多いし、
実は深い歌詞なのかもしれないけど…、でもやっぱり僕にとっては薄っぺらい歌詞に聴こえる。

いつもいつもそんな深い曲聴いていたら疲れるし、とにかく爽快な気分になりたい、
そんな気分のとき、初期のフィーダーはぴったりとハマります。
彼らのイギリスでのブレイクもきっとそんな側面があったと思う。

うーん、やっぱりライブ観たいな。


He's got a brand new car
Looks like a Jaguar
It's got leather seats
It's got a CD player (player, player, player...)

彼は新しい車を手に入れた
ジャガーのようなやつ
レザーのシートで
CDプレイヤーがついているやつ

But I don't wanna talk about it anymore

でも俺はそのことについてもう話したくはないんだ

I think we're gonna make it
I think we're gonna save it yeah
So don't you try and fake it
Anymore, anymore

俺達はうまくいってると思う
俺達は守れると思う
だから冒険したり欺いたりしないでほしい
どうかもう

We'll start over again
Grow ourselves new skin
Get a house in Devon
Drink cider from a lemon (lemon, lemon, lemon...)

俺達は再びやり直すことになるだろう
皮膚はまた新しく生まれ変わる
デボンに家を建てよう
レモンからサイダーを飲もう

But I don't wanna talk about it anymore

でも俺はそのことについてもう話したくはないんだ


B000059S9MECHO PARK
グラント・ニコラス フィーダー
ポニーキャニオン 2001-04-04

by G-Tools



Feeder 「Buck Rogers」 2009年のライブ。なんかこー、貫禄のライブって感じですね。



Feeder 「Buck Rogers」 2006年のレディングでのライブ。観客の合唱と縦ノリが凄い…。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Feeder 「Just a day」

酔っ払ってます。

深いこと考えなくても音楽は素晴らしい。
今日飲み帰りに聴いていたのがFeederだった。
いい感じである。

「Just a day」

フジロックのアンコール待ちで起こったコールは今でも忘れない。
「とぅっとぅるっとぅー、とぅっとぅるっとぅー」
活字にするとアホらしいけど事実。

一緒にコールした人に感謝します。
素敵な曲でした。
記憶が飛んでいます。恐らく飛び跳ねてました。

やっぱりFeederは好きです。


B000059S9MECHO PARK
グラント・ニコラス
ポニーキャニオン 2001-04-04

by G-Tools



Feeder 「Just a day」 このクリップ、みんなのフィーダーって感じでとても良いです。



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Feeder 「Just the Way I'm Feeling」

今日は会社で経費の話をすることが多かった。
改めて不景気を実感し、先輩の愚痴を聞いたりもした。

製造業では景気を牽引するエンジンが見えない。
アナログからデジタルの流れも一段落したところで、メーカーが次に作るものがない。
みんなが欲しいと思えるものを作らなければ、もうジリ貧であろう。

部品の開発をしている人間にとっては、結局「アプリ」頼みなのが辛いところ。
何とか次の「アプリ」を見据えて、仕事をしていかねばならぬと思う日々。


フィーダーの「Just the Way I'm Feeling」。
この曲は本当にメロディが素晴らしい。
どうも気持ちが荒んだとき、この曲を聴くと何となく落ち着いたりもする。

この美しいメロディの背景には、メンバーの死があった。
人は悲しんだり、辛い思いをしているときにこそ、美しいものを求めるのかもしれないと思う。

フィーダーはスタイルとしては特に目新しい所の無いバンドなんだけど、
音楽の素晴らしさを再確認させてくれるバンドである。
日本受けしそうなのに売れないのはかなり不思議だ。


B00006JJDHコンフォート・イン・サウンド
フィーダー
ポニーキャニオン 2002-10-17

by G-Tools


Feeder 「Just the Way I'm Feeling」 fuji rock 08


テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。