スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

eastern youth 「踵鳴る」

ここ1ヶ月、家で寝たのとホテルで寝たのと半々くらいだったと思う。
家で寝るにせよ平日は仕事で遅いし、土日も何だかんだ酒飲んだり何だりで、
殆ど家にいなかった。

という訳で、ブログの更新が滞るのは必然であった。
習慣というものは、一度習慣でなくなると、元に戻すのに時間がかかる。
そんな感じの日々であった。せっかくライブ行ったのに、
レポ書けていないのは本当に勿体無いと思う。


自分は元々研究開発部署の人間であったが、開発していた技術を
見切り発車的ではあるが、事業化していこうという後押しもあり、
実際の開発に携わっていた僕が、二年前、事業部の設計部署に異動することになった。

そこからの日々は、怒涛であった。

僕の開発品以外にも別製品の立ち上げや既存製品の設計変更などを任され、
初めて肉体的、精神的なオーバーフローというものを経験した。
とにかく、やることが多すぎる。風呂のように、お湯を抜いても、常に新しいお湯が入ってくる。

更に、自分の開発品は、世の中として、誰もやったことのないことだった。
市販の装置を買ってきて、それで作れるというものではない。
研究室レベルで出来ていたことを、どんな装置を組み上げて、産業として成立させるのか。

自分自身の経験が浅いこともあり、多くの人間が抱いていた不安を払拭させることは出来ないまま、
製造ラインの検討がスタートした。製造装置の一部は「自作」することになった。

大方の予想通り、うまくいかない。想定していなかった問題が次から次へと噴出する。
怒号が響き渡ったのは一度や二度のレベルではない。
当初立てていたスケジュールから、あっという間に半年の遅れが生じていた。

僕は自分の開発品を、何としてでも世の中に出したかった。
自分の開発品については、これが実現できれば他社には負けないと、絶対の自信があった。

でもその自分のこだわりが、周りの人間を不幸にさせているのではないかという葛藤も生じた。
もっときっと楽な道はあったはずだって。一番にはなれなくても、二番にはなれるかもしれない。
そんな後追いの道もあったはずだった。

実際に、僕が信頼していた方の一人が、無茶をしすぎて、調子を崩した。
今は笑い話になっているものの、当時の現場は、相当に騒然としていたらしい。

僕は管理者ではないので、責任者ではない。でも明らかに自分は船頭であると自覚するようになった。
自分のこだわりが、周りを動かしてしまった。一度漕ぎ始めたオールを、放棄する訳にはいかない。
当初は感じていなかった責任感を、いつの間にか自分は勝手に背負うようになっていた。

当時、誰にもこぼしたことはなかったけど、正直辛かった。
プレッシャーで寝れなくなって、夜中に一人で車出して現実逃避に走ったことも多かった。
酒飲む回数が減った反動か、飲んだときにはへヴィにとことん溺れることも多かったと思う。


でもまあ青春ドラマみたいな展開ってのはよくある話で、
なんだかんだで苦楽を共にした人間同士の結束力ってのは、結果として大きな推進力を生んだ。
夜中遅くまで工場の現場で仕事して、一緒に飯食って、飲みに行ってと。

極めて昭和的な価値観ではあるかもしれないけど、苦労を共有し、
酒を介して互いの人間性をさらけ出し合うことが、お互いの理解を生んだ。
年齢も役職も役割も違う人間同士が、それぞれの「立場」を超えて相手を理解し、
それが逆に自分の立場と、あるべき自分の役割を自覚させることになった。

精神論だけではものづくりは出来ない。
しかし、お互いが自分の役割をきっかりとこなし、
時にはその立場を超えて仕事に取り組むことにより、明らかに進捗は以前と比べて早くなっていた。
自分の縄張りだけではなく、相手の縄張りにも入って、お互いに意見を述べ合うようになった。

段々と自分の考えが変わっていくのを感じた。
自分の開発品は周りを不幸にはさせていない。周りの人間に、活気を与えている。
少人数ではあったが、過去に体験した体育会系の部活のような熱さが、
無理なく自然と生まれてきているのを感じた。

大変だけど、新しいものを作ることは面白い。
それが僕の中で生まれてきた実感だった。きっと「少人数」の中にもそれは共有されていた。

ここ一年の間で、何もなかった空間に、新しい製造ラインが生まれた。
僕はそこに行く度に、昔の苦労が蘇り、何ともいえない懐かしい気分になる。
まだ「量産品」としては市場に出ていないが、あと少しすれば、ここで生産が始まり、
新しい価値が、きっとこの工場のラインから世に出て行くことになる。

ま、実はまだまだ課題はあって、やらなくてはいけないこといっぱいあるんだけど。


先日人事が出て、僕は設計部署から、また研究開発部署に戻ることになった。
しかも、今まで自分がやってきたこととは違う、全く新しい分野の開発である。
正直自分がやりたいと思ったことがなかった分野だ。完全に不意打ちであった。

自分の仕事内容が変わることについては気持ちを切り替えれば良い。
きっと時間が解決してくれる。
でも、工場という現場との関わりが薄れてしまうことに対して、僕は寂しさを感じている。

設計、開発の人間はあるタイミングで工場に対して離れなくてはいけない。
新しいものを生み出す新陳代謝の中で、それは必然的なことである。
でも僕にとって、それは初めての体験である。今はその点に対してまだ割りきることが出来ない。

見捨てるわけじゃないけど、自分のせいじゃないけど、
僕はこれから現場で起こるであろう苦労から、背を向けようとしているのではないか。
そんな葛藤を感じている。

これからのことについて、僕は上司と相談しなくてはいけない。
でも、まず行かなくてはいけないのは現場だ。
元々予定していたことだけど、今日から僕は電車に乗って、また工場に出張する。

僕が今の部署にいる間にやるべきことを、まずは精一杯やらなくてはいけない。


日本でのものづくりは、きっと昔の規模では維持できないと思う。
日本のメーカーであっても、海外での生産を選択する機会は増加するはず。
海外メーカーとの価格競争において、日本生産におけるコスト面でのハンデの大きさは如実である。

でも、日本におけるものづくりの強みはきっとある。
泥臭く、根気良く、しつこく、困難に向き合いながら、新しい価値を生み出すこと。
スマートなものづくりは海外に任せておけば良い。
僕は日本的な粘り強さが無ければ生めない技術、製品ってものがきっとあると信じている。

大手半導体メーカーすら破綻してしまう現状。
少なくとも僕らの世代の人間は、日本のものづくりについて考えを巡らせて行動に移していかなければ、
きっと日本で作るものはなくなる。

製造業は今でもきっと日本を支えている。
そのプライドを、決して引っ込めるようなことはしたくない。


行けば帰らざる雲が行けば
俺は口笛を吹きまくるさ

解答は知らない
教典はいらない
歩く踵がそれを知るだろう
朝の地鳴りが告げるだろう


B00005LCRM感受性応答セヨ
eastern youth
トイズファクトリー 2001-08-08

by G-Tools



eastern youth 「踵鳴る」
10年前のライブ動画だけど、先日見に行ったライブの熱さは、何も変わっていなかった。
学生時代とか、入社当初とか、熱かった頃の気持ちは、決していつまでも失ってはいけない訳です。
このバンドは本当にそういうことを考えさせてくれます。
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

eastern youth 「DON QUIJOTE」

昨日の夜、非常に疲れていたので、日付が変わる前に寝たんだけど、
夜中に目が覚めた。

久々に感じる感覚。
酒を飲んでいるわけでもないのに、吐き気。
眠気を物凄く感じているんだけど、何かに追われているような切迫感。

結局CDラックからとりあえず目に付いたボブ・マーリーとランシドのCDをセットし、
続けざまに布団の上で聴いていた。ランシドを聴いている途中でいつの間にかまた眠りに入り、
目覚ましの音で起きると、朝がやってきた。

朝起きたときには、眠りが浅いことは実感していたものの、
特に体調に問題はなく、いつものように起きて、会社に行った。


この前の休日、本当に楽しかった。

土日に会社と大学時代の先輩の結婚祝いがあった。
結婚式というのは主役二人の未来を祝福する儀式であるのと同時に、
過去に互いに時間を共有した友人達が集って、過去に立ち返る機会でもあるのかなと思う。

久々に会う方々と酒を飲んで、笑い合い、
昔に戻ったかのように、僕はその時間を満喫した。
主役の方々の幸せそうな姿を見て、自分も幸せな気分になったりもし。

しかし、過去はあくまで過去のものであることに、
ひどく酔い疲れた、終電間際で混雑した、一人帰りの電車の中で、気付く。

結局過去は過去のものであり、自分は現在を生きている。
そんな当たり前のことを、心から楽しいと思える時間を過ごした後に、よく思う。
そのときも、そんな想いに駆られていた。


深く考えすぎなのかもしれないけど、昨日の夜に自分が感じた切迫感って、
そういった背景に基づいた、心理的な揺らぎの結果だったのかもしれないと、感じた。
過去と現実の葛藤というか。

自分は目の前の出来事から、逃げたいと思っているのではないか、と。

確かにここ最近の仕事の追われっぷりといったら、ない。
平日のこんな時間に家でPCの前に向かっているのなんて、久しぶりである。


というような出来事があったので、少しの間息を抜こうと思った。

当然仕事は今の自分にとって大事なので、ちゃんと打ち込んでいこうと思っているんだけど、
なるようになるしかないという現実もあるので、
自分を追い詰めるのは精神的に病む一歩手前までにして、一線を越えない程度に頑張ろうと、思った。

久しぶりに素直に文章書いてみたら、凄くネガティブな文章が出来上がったなー。


そんな気分の今日、通勤電車の中でeastern youthを聴いていた。
名盤『DON QUIJOTE』を聴いていたんだけど、こういった多少ネガ入った気分のときは、
イースタンの歌詞が凄く染みるのを感じる。

家帰ってアルバムのタイトル曲である「DON QUIJOTE」を歌詞見ながら聴いてみたけど、
やっぱり素晴らしい。
http://j-lyric.net/artist/a033a5e/l00c04b.html

憧れて 人の世に焦がれて
窓枠のもどかしさを 飛び越えてやって来た
魂は燃えている 夕焼けに負けない程
無様に転げ落ちたって どこまでも信じている

現れて 忽然と消えて行く
暁の儚さを 携えてやって来た
魂は燃えている 雷鳴を蹴散らす程
励ましなんて用は無い 目隠しで立ち向かうさ


現実と空想の世界の区別が付かず、自身の正義を追求するドン・キホーテ。
でも人間なんてそんなものかもしれない。
僕が今生きる現実なんて、単なる空想に過ぎないのかもしれないのだから。

魂を燃やし続けて、行動する。
それが人間にとって大切なことである。

やっぱりかっこいいイースタン。
吉野の歌詞って、年取れば取るほど、どんどんその素晴らしさに気付いていく。


そういえば年末の極東最前線は、なんと竹原ピストルとの対バンということで。
忘年会シーズンと駄々被りなのが非常に気になるけど、めちゃめちゃ行きたい。

共に北海道出身のアーティストであり、
泥臭く己の人生を投影する音楽を創造するミュージシャン。

今年の締めにこんな素晴らしいライブがあるのに、
まだチケットの購入に踏み込めない俺は、
結局は俗世間の中に生きる、一個人であったりする。

でも、忘年会も一年のうちで最も好きなイベントの一つだしな…。
大事な会と被らないことを今から祈るのみ。


そして明日からまた出張だー。
帰ってきたら、もうラウドパークだー。


B0002B56NIDON QUIJOTE(ドン・キホーテ)
イースタンユース
キングレコード 2004-08-04

by G-Tools



eastern youth 「DON QUIJOTE」
そういえば昔のライブで、吉野が張りぼての兜被って歌ってた気がする。
間奏で吉野が静かにアルペジオ弾くパートがほんと素晴らしい。
エモーショナルって言葉は、彼らの音楽を評するためにあるんじゃないかって感じです。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

eastern youth 「青すぎる空」

行って良かった。心からそう思えるライブだった。
音楽に力はある。そう思えるライブだった。

eastern youth、渋谷on air east。

開演時間30分勘違いしていて、会場着いたとき人が少なくて寂しいな、なんて思ってたけど、
実際の開演前には人で溢れていた。
1Fのフロアはびっしり人入ってたし、2Fもかなり人いそうだった。

吉野がMCで、何で今まで来てくれなかったの?、なんて言ってたけど、
そう言うのも分かるくらいの大入り。
みんなイースタンのライブを待っていた。そんな空気に満ち溢れていた。
吉野が登場したとき、会場を取り巻く声援と拍手、すごく良かった。

「一切合切太陽みたいに輝く」「いつだってそれは簡単なことじゃない」と
ニューアルバムからライブは始まり、MCを挟まずに「沸点36℃」「荒野に針路を取れ」と4連発。
初っ端から気合の演奏。心配してしまうくらいに、凄まじい演奏だった。

倒れる前と、全く何も変わっていなかった。
吉野は身体全体で叫び、歌い、ギターを弾いていた。
掻き鳴らされるあのギターの音色を聞いて、あー帰ってきたんだなーって思った。

早くも感動。


今日のセットリストは『歩幅と太陽』からと、ベスト的な選曲を織り交ぜたものだった。
ニューアルバムからの曲、すごく良かった。

特に「脱走兵の歌」。
MCで吉野は皆さんに品格はありますか、と呼びかけ、
品格がないとやくみつるが来ますよ、なんて笑わせた後にこの曲を歌っていた。

ネガティブに聞こえる「逃げる」ということ。
しかしこの国で生きてきて、逃げるという選択肢の方がよっぽど過酷で厳しいことがある。
自分は群集にはならない、俺は俺の信念で生きていく、そんな決心が込められた歌と演奏を聴きながら、
僕は胸がいっぱいになった。

ニューアルバムからは「まともな世界」も良かった。
「目的も無しに生きていちゃ駄目かよ 行く先も無しに歩いてちゃ駄目かよ」のフレーズが染みた。

過去曲も、イースタンならこれって代表曲のオンパレード。
「踵鳴る」「夏の日の午後」「砂塵の彼方へ」「雨曝しながら濡れるがいいさ」
アンコールでは「夜明けの歌」「青すぎる空」

相変わらずの素晴らしさ。「踵鳴る」のイントロはいつ聴いても、何でか知らないけど泣きそうになる。
これらの曲は客もみんな知ってるし好きな曲なので、盛り上がる。その盛り上がりにも感激。

今日のライブは本当に会場の一体感が良かった。
吉野がMCでしきりに観客に「ありがとう」とお礼を言う姿はとても印象的だったし、
そういったMCに対する客の拍手や声援など、反応がすごく良かった。
ニノさん、タモさんも、すごく満足そうだった。

なんか、凄く愛されているバンドだと思った。イースタンのファンは、みんな大人である。
そんなファンが付いているイースタンは幸せだと思うし、それに応えるイースタンもまた素晴らしい。


MCの中で、吉野は自身が生死の淵を彷徨い、その中で考えたことを、
時に笑いを交えながら、しかし切実に語っていた。

「死」というものは誰しもに訪れるのはわかってはいたが、それは突然やってくる。突然突きつけられる。
そういった体験をしたにせよ、俺は俺であって、前となんにも変わってはいなかった。
そして俺にはやっぱり歌が必要だったと。

そんなことを話していた。
生きるということ。吉野が昔から取り上げていたテーマだけど、
そうしたMCを通して歌を聴いていると、より熱い想いが湧いてくるのを感じた。


アンコール2回目「青すぎる空」でライブは終了。
この曲もすごく良かった。いつ聴いても胸を揺さぶる名曲。今でのあの鮮烈なギターの音色の余韻が残っている。
客電が付いて、ライブの終わりを実感して、軽く放心した。いやー、めちゃめちゃ良かったーって。

イースタンのCDはずっと聴き続けてるし、ライブも行き続けているけど、
彼らの音楽とライブには一度も裏切られたことがない。
真摯な姿勢で音楽をやっている人たちの熱い情熱に触れ、また僕は生きていく糧を得るわけです。

来月から僕は職場が異動になり、新しい環境での生活が始まる。

どんな新しいこと、辛いこと、楽しいことに巡り合えるのか。
不安はたくさんあるけど、頑張ってやっていこうって思った。そう思えた。


会場を出ると、雨だった。

「雨曝しながら濡れるがいいさ」
傘を持たずに濡れながら家路に着く人々の流れを見つめながら、ちょっと微笑ましい気分になった。


B00005H02C旅路ニ季節ガ燃エ落チル
eastern youth
トイズファクトリー 1998-06-21

by G-Tools



eastern youth 「青すぎる空」 PV

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

eastern youth 「一切合切太陽みたいに輝く」

eastern youthの吉野が入院してしまったとのこと。
心筋梗塞ということでかなり危なかったと思うんだけど、命に別状は無いということで、安心。
今日、会社の人に聞いてびっくりした。
http://hadashino-ongakusha.jp/

そんでツアーは2週間分はキャンセルになってるんだけど、その後のライブはやる予定という。
なんか無理して欲しくないけど、それでもやるって吉野が言ってるんだろうな。
命を張って音楽やってる人だ。

本音ではツアーは全部キャンセルして欲しいけど、やるなら行こうと決めた。


ちょっと前に見つけた吉野のインタビュー記事。この人の言葉と考え方、やっぱり面白い。
この人の言うことはずっと昔から変わっていない。芯がある。かっこいい。
http://port.rittor-music.co.jp/guitar/interview/post-196.php

このインタビュー、相対性理論やチャットモンチーについて語っているのが面白い。
昔、吉野はサケロックが良かったって言ってたけど、
この人、印象とかなり違って、意外にも音楽の間口広いのである。

そうではあるけど、自身が作る音楽には、一切のブレがない。
一定のペースでアルバムを作り続けているけど、どのアルバムも魂を感じる。
どこをどうとってもイースタン。彼らの音楽って、比較する対象がいない、独自の存在。


8月にリリースされたニューアルバム『歩幅と太陽』も、
そんなイースタンらしさに溢れたアルバムだった。

昔みたいに、やけくそに疾走する曲は無いし、合唱できるようなキャッチーさは無い。
ミドルテンポの曲が殆どで、じっくりと聴かせるアルバム。だけど吉野はいつも通りに叫んでる。
聴けば聴くほどハマる。そんなアルバム。

初めてイースタン聴く人にこのアルバムは薦めないと思うけど、
イースタン好きな人には絶対おすすめできるアルバム。

この人たちの演奏とアレンジ、そして歌詞世界は、相変わらず素晴らしいし。


アルバムの1曲目、「一切合切太陽みたいに輝く」では、
インタビューでも述べられているように、「暗の部分」にスポットが当てられている。

流行らないメシ屋が太陽みたいに輝く
潰れたスナックが太陽みたいに輝く
ダサイTシャツが太陽みたいに輝く
手書きの看板が太陽みたいに輝く

様々な、決してかっこいいとは言えないものたちが、太陽みたいに輝くと歌われる。
どんなくだらないものでも、人間でも、冴えない生活でも、全ての存在を肯定するかのように。
そして吉野は続けて歌う。

何処に立ったって一緒さ 俺たちは
力一杯、泣いて笑って
それが全てさ それが全てさ

項垂れた背中が太陽みたいに輝く
くだらない日々が太陽みたいに輝く
一切合切この世の全てが
一切合切太陽みたいに輝く

本人は強硬に否定するだろうけど、イースタンの歌って応援歌である。
駄目な人間に対する応援歌。暗部に生きる人間に対する応援歌。
彼らの曲を聴いていると、何とかせねば、という気になる。魂を揺すられる。

この曲、アレンジも素晴らしい。ここまで間と静と動を使い分けられるバンドって他にいるんだろうか。
楽器一つ一つから、感情が滲み出てくるような感覚を覚える。
吉野のギターってほんとに、好き。クリーンとディストーションの音色の使い分けが素晴らしい。


吉野氏にはもっと素晴らしい曲を作って、素晴らしいライブをやってもらわなければ、困る。
早く良くなってほしい。


B002AYP0A4歩幅と太陽
eastern youth
バップ 2009-08-12

by G-Tools



eastern youth 「一切合切太陽みたいに輝く」 音のみ



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

eastern youth 「踵鳴る」

会社の休業日に年休を重ねて知らない所を歩き回っており、
今とある街の漫画喫茶にいる。
漫画喫茶って泊まれるし、時間つぶせるしほんといいところ。大好き。
外は雨。

昨日、ある文化遺産を見たのだが、「調和」について考えさせられた。
都会の魅力は異物を取り込んで調和させることにあるのではないか、と。

どんな格好をしようが咎める人はいない。
街中で騒いでいようが咎める人はいない。
路地でゲロを吐こうが構いはしない。

道端で寝ようが酒飲んでようが、風景と一体化してしまうのだ。
都会は素晴らしい。


僕が自然界でもっとも美しいと思うのは「調和」である。
エントロピー増大の法則に従い、一切の自然は最適な状態に落ち着こうとする。
様々な場所で見られる美しき風景はその恩恵であると思う。

昨日見た文化遺産にはある違和感があった。
その荘厳な風景の向こう側にはおおよそ不似合いな高層建築物があった。
その建築物はごくありふれた、ただのマンションなりリゾートホテルなのだが、
僕にはその様が酷く醜いもののように思えてしまった。

僕は自然破壊反対、大切な自然を守りましょうなんて言うつもりはないし、
人間の生存の為に自然を壊すことを悪であるとは考えていないのだが、
人間が余計な背伸びをし、「調和」という自然法則に抗おうとする様は美しくない、と思う。

人間は自然に勝てないとよく言うけど、人間は自然に勝てるのである。
自然は都会ほど異物を許容できないのだ。
そう思うと人間ってすごいと思ったりもする。


解答(こたえ)は知らない
教典(おしえ)はいらない
歩く踵がそれを識るだろう
朝の地鳴りが告げるだろう

電車の中で「踵鳴る」を聴いた。素晴らしい曲。


B00005LCRM感受性応答セヨ
eastern youth 吉野寿
トイズファクトリー 2001-08-08

by G-Tools



eastern youth 「踵鳴る」



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。