スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Going Steady 「アホンダラ行進曲」

僕は異動が決まり、4月から新しい職場に行く。
そのことは今月の頭に分かっていたんだけど、自分の気持ちがそれ以前と何か変わったかというと、
何も変わっていなかった。

3月上旬は自分の開発品の工場での初生産があり、その対応に追われていたし、
中旬から今日までお客さん要望の設計変更対応に追われていた。
量産がもう6月に迫っているのに、この時期の設計変更というものは非常に厄介で、
色々な部署、仕入先との調整に追われて、とにかく「今」を生き抜くのに必死だった。

僕より忙しい人なんて世の中にいっぱいいるの知ってるから、
忙しいなんて言葉は出さなかったけど、でも自分の気持ちとしては「忙しかった」。
寝る前にはずっと次の日のこと考えていた。眠れないからデスメタル聴いたり、酒飲んだり。
睡眠が浅いから、慢性的に頭がぼーっとしていた。

自分が抱えている仕事上の課題は依然として山積み。
引継ぎのための整理も出来ず、とにかく早く対応しなければならない案件に手をつけて、
4月に向けたレールを作るのに精一杯だった。

でも今日で、とにかく早く対応しなければならない案件に対しては、
手を打つことが終わった。とりあえず、最低限の仕事はこなした。
少しほっとして、僕は夜、会社の屋上に出て、タバコを吸った。

まだ、明日があるけど、今日のうちにお礼のメールを打っておこうか。
タバコを吸いながら、その考えが浮かんだ。

今の職場の人間に対しては、直接顔を合わせているから、改めて挨拶する必要はない。
でも時として、お互いの立場故に衝突も多かったけど、
僕の窮地を想像以上の底力で救ってくれた工場の方々には、
何らかの区切りをつけなければいけないと思っていた。

僕の工場は東北にある。
電話やメールのやり取りはするけど、直接顔を合わせる機会は出張のときくらいである。
本当はもう一回、今月に出張行きたかったけど、とても行ける状況でなくて、
あっという間に月末になってしまっていた。

思い立って自分の職場に戻った。
僕の職場は普段夜遅くまで残っている人間が多いんだけど、
大規模な部署異動があったおかげで、引越し対応で公暇を取っている人間が多く、
いつもより今日、人は少ない。

そんな環境で僕はまた自分のPCに向かい、メールを打つ。

自分の素直な想いを綴っていたら、あっという間に長文になった。
普段なら怒られる長さだ。もっと簡潔にまとめろって。ムダな時間メールに使うんじゃねーって。
でも10分もかかっていなかった。僕が今思うことを素直に綴った。

そして改めて僕の文章を読み返してみて、急激に自分の環境が変化することを実感した。

僕はもうこの人達と一緒に仕事を出来なくなる。
メールの宛先に入れた方々の名前を、もう一度見返していた。

本当に色々なことがあった。
2年前に今の部署に移ってきて、仕事のやり方なんて分からなかった。
先輩後輩の仕事を観察して、見よう見まねでやってきた。
自分の力のなさに対して、歯がゆく思う日々が続いた。

でも怒られながらも、自分でいうのも何だけど、
いつの間にか自分は認められていると感じるようになった。
打ちのめされても立ち上がる、そんな経験を続けていくうちに、明らかにまず自分が変わった。
そして周りが自分を見る目が変わった。

同じ苦労を分かち合うことで、信頼関係が生まれた。
昼間は色々とぶつかり合っても、夜に一緒に飲みに行って騒いでと。

大体工場に行くレベルの状況って、あまりいい状況じゃないからなんだけど、
でも僕は毎回工場に出張できるのが楽しみになっていた。
あの人達と仕事をして、酒を飲むのが、楽しかった。

そんな日々が、4月からなくなる。

人の少ない職場。僕の胸に寂しさが急激に込み上げてきた。
涙をこらえるのに必死だった。

会社という空間の中で、ここまで自分の感情が揺らいだのは初めての経験だった。

僕は決意して、メールの送信ボタンを押した。
自分の二年間の、区切りをつけた瞬間だった。

自分は春という季節が好きである。特に4月は新しいことが始まる季節。
新しい人間との出会い、新しい環境、新しい組織。
僕は基本的に変化は好きな人間である。

でも今年ほど、春が来ないでほしいと思った年はなかったかもしれない。
ずっと冬でいい。そのまま寒いままでいいんだって。

残酷なことに、今年もまた春がやってきた。
今日はそんな春を実感した一日だった。


帰りの電車の中で、自分が二年前に書いた記事を読んでいた。
http://hogeisendan.blog63.fc2.com/blog-entry-220.html

当時の自分、今の自分の姿はきっと想像していなかった。
人生って先が読めないから面白い。

僕は人生に対する目標はある。
でもそれを実現するための将来の自分のあるべき姿なんてイメージできないし、
極端に言えば、自分が具体的にやりたいことが何かなんて、未だに分からない。

そんな将来設計がないからこそ、同世代の人間が次々と家族を作っている中で、
自分が未だに一人でいる理由なのかもしれない。

危機感がない訳ではないけど、でも今の自分の一日一日は、はっきりと生きている実感がある。
だから今はそれでいい。積極的に人生に流されてしまおう。そう思っている。

申し訳ない言い方になるけど、僕はこの時代に生まれて良かったなんて思っていない。
でもこの世に生を授けてくれたことに対して、自分が今生きていることに対して、
僕は感謝している。

未来なんて分からないから、人生は面白い。
4月からの自分の生活、どうなるか楽しみだ。


死にかけたままの情熱が「こんなもんか」と僕に問いかける
失いかけてた希望の光が「ここまで来い」と僕を呼んでいる

まだ見ぬ明日に…
まだ見ぬ明日に…
くそったれの明日に
何があるのか僕は知らない


B00005L9XWさくらの唄
ミネタカズノブ GOING STEADY
UK.PROJECT 2001-07-06

by G-Tools



Going Steady 「アホンダラ行進曲」
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Going Steady 「童貞ソー・ヤング」

何だかんだ子供の頃から、僕はずっと本が好きだった。
一番よく読んでいたのはやっぱりとにかく時間が有り余っていた大学生の頃。
その頃は、大学の講義の教科書よりも、小説や哲学の入門書ばっか読んでた。

自分、理系人間なんだけど、興味ははっきりと文系の学問にあることを当時は自覚していた。
一時期は本気で転部や自主退学を考えていたくらいに。

月日が経って社会人になって、何だかんだで僕の興味は別の分野にシフトしてきて、
政治、経済を取り扱った新書を買って読むことが増えたので、
小説は時々読んではいたけど、頻度は格段に落ちた。

でも小説をあまり読まなくなった理由ってのはやっぱりあって、
どうしても自分が求める小説というか、自分の感性に合っているような作家に
出会えなかったというのが大きい。

正確にいうと、現代を共に生きる作家という意味で。

太宰治、堀辰雄、夏目漱石、芥川龍之介、川端康成。
全部の著作を読んでいる訳ではないけど、僕はここら辺の作家がとても好きで、
結局色々と読み漁っていても、これら昔の文豪の方々の文章の方が、
自分にとって感銘を受けることが多くて、何か読もうと思うと、ここら辺の作家に帰ってきてしまう。

伊坂幸太郎、東野圭吾、石田衣良、宮部みゆき、石田衣良、舞城王太郎など、
現代の人気作家の小説ってやっぱり面白いんだけど、
やっぱなんかこう、自分の感性とちょっと違うというか、
胸の奥底をえぐられるような、読後の衝撃というのが、あまり感じられない。僕の場合。

ただ、例外的に村上春樹は凄いと思った。悔しいけど。
作家とは何も関係ないんだけど、経験的に周りで村上春樹好きな人間は、
どうも僕と合わない人が多かったので、
そこらへんが残念なことに、作品にどっぷりと浸かれない要因になっていたり。

そんな日々の中、今週立ち寄った本屋でたまたま出会った本があった。
入間人間の『バカが全裸でやってくる』。

4048688197バカが全裸でやってくる (メディアワークス文庫)
入間 人間
アスキーメディアワークス 2010-08-25

by G-Tools


後から調べてみたら、この人かなり売れている作家みたいだけど、僕は知らなかった。
タイトルと本裏に書いてあるあらすじを読んで、これは面白そうだと思って、購入。

明日のためにもう寝なくてはいけないと思いながらも、とにかく面白くて、
結局夜遅くまで起き続けて、勢いで読み終えてしまった。
更に読後にもう一度サラッと読み直しまでしてしまうくらい。

各章の登場人物の設定がとても魅力的。壊れすぎない程度に、自由。
よくありがちな手法ではあるけど、
一見バラバラな物語が実は繋がっていることを明らかになっていく展開に惹かれ、
僕はこの物語の世界観にどっぷり浸かってしまった。

小説と全裸。一見関係のないキーワードが結びついて、
自分の人生と夢、そして才能という、人間にとって普遍的な課題について、
自分を各登場人物に投影させた上で考えさせられてしまうような、切ないトーンの物語。

あっさりしているけど、変幻自在の言葉紡ぎが、その切なさをよく引き立てている。
3章なんて小説という手法でしか描けない世界。凄く引き込まれた。

僕みたいな人間が作品を中途半端に語ることが作品の価値を上げるなんてとても思えないので、
そんなことはやらないんだけど、
ここまで長々と自分と小説との立ち位置について書きながら作品を持ち上げていること自体に、
何かしらの意味はあるだろう、そう思ってここまで書いてみた。


僕が居酒屋の入り口になんの経緯もなく注目した直後。
居酒屋の扉が力強く蹴り倒される音と、芯の一本通った伸びのある悲鳴が響き渡る。
事件と不安と絶望と、ほんのちょっとの好奇心をくすぐる非日常の音。
そして日常を覆う肌色が押し寄せる。

『そいつ』は、
『僕の前』に、
『全裸』でやってきた。


これ、ほんとにいい文章だと思う。

人間は服を着る。自分の何かを守るために、自分の何かを隠すために。
日本で生きていくためには、そうしなければいけない。本当は望んでいないのかもしれないのに。
僕はこれまでの人生で、どれだけの人の前で裸になれたんだろうか。


入間人間って自分より全然若いんだけど、かなり僕の心を掴んでいる。
ようやく同時代を生きる人間で、自分の感性を共有できる作家を見つけられたという感覚がある。
すごく嬉しい出会い。

どうも『バカが全裸でやってくる』は入間作品の中でも、イマイチと評価する人も多いみたいで、
だったら尚更他の作品はもっとすげーのかよって期待感はある。
一方で、他の作品はあまり好きになれないって危険性もとても高いんだけど…。

ま、これからポツポツと本を買って読み進めていこうと思う。


文学や音楽に限らず、人間の歴史の中で育まれてきた多くの芸術は伊達ではなくて、
はっきりいって現代の人間は創作活動なんかしなくても、
先人達の残してくれた作品に向き合っているだけで、はっきり言ってお腹いっぱいになれると思う。

でも、現在に生きる我々は、現代に生きる創作と言うものを渇望しているのもまた人間の事実。

何だろう、やっぱり同時代を生きる人間が生み出したものを、
同時代で共有したいって思うのが、人間の性質だからなのかな。よく分からない。
時代を超えた名作、であっても、
同時代を生き抜く人間同士だからこそ感じられる感受性があるのは事実だと思う。

自分が生きているこの時間の中で、よく分からないけど何かが変わるかもしれない、
何かを変えられるのかもしれない、新しい価値観が生まれるのかもしれない。
そんな瞬間に立ち会いたくて、人間は創作活動をし、創作品を求めるのかもしれない。

いずれにせよ、自分の価値観や感性、生き様を投影させることが出来るような、
そんな創作家との出会いは幸せなことであると思う。
創作家にとっても、その作品を共有出来る人間がいてくれてこその、創作である訳だし。
例えそれが1%の人間であっても。


僕にとって、同時期に生きていてくれて良かったと思えるミュージシャンがいる。
特に銀杏BOYZと野狐禅と、昔のバックホーン。
歳もかなり近いし、文字通り、同じ時代を生き抜いてきた人間達。

自分なんかよりよっぽど凄い生き方をしていて、羨望の気持ちはあるけれども、
決して嫉妬の気持ちは無い。あまりにも彼らと僕は、違いすぎると思うから。
自分を卑下するわけではなくて、各々に与えられた使命を果たすための道は、
各人に与えられている。そう思うから。

少し錆付いた僕のアンテナの感度をまた上げて、新しい世界を見なければいけない。
そう思った今週の出来事。


B000066O1V童貞ソー・ヤング
ミネタカズノブ GOING STEADY
UK.PROJECT 2002-06-12

by G-Tools



Going Steady 「童貞ソー・ヤング」
この曲を初めて聴いたときは衝撃だった。こんなこと歌うバンドが出てくるなんてって。
ちょうど僕が研究室に配属された頃に出た曲で、本当によく聴いていた。
この曲を聴くと、今でもあの頃のことを、思い出すことが出来る。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

GOING STEADY 「若者たち」

ゴイステは『さくらの唄』を聴いて一発で好きになって、
その後好きだった女の子がゴイステ好きだったことが影響して更に好きになった。
彼女に対する個人的なテーマソングは「佳代」という曲であった。

峯田和伸という男を通すと、こうも感情を切なく表現できるものだと感心する。

「若者たち」は主人公として現れる少年の、
生にに対する疑問、鬱念、そして切なき衝動をストレートに歌った曲である。

一発録りと思われる勢い重視の演奏に、
至る所で挿入されたメンバーの叫び、
峯田にしか作れないと思われるメロディラインに乗せた魂の歌。
少年とナイフのくだりはブルーハーツの「少年の詩」を意識したものだろう。

死にてえ奴は茜色の空をみなよ
おんなじ誰かもおんなじ空を見てる
少年よナイフを握れ 心の闇を切り裂いて

既に少年と言うべき時代が遠く過ぎ去ってしまった僕にとって、
この歌詞とメロディは胸に突き刺さり、
もっと熱く生きられるんじゃないかと自分を奮い立たされるような感覚に陥る。
このように峯田の作る曲に対して僕は感情を移入し、そして陶酔することが出来た。
それは時を経た今においても変わらない。

そして、もっと自分の想いを直接的に晒せる様な弱くても強い人間になりたいと思うのである。
早く新しいアルバムが聴きたいものである。

この時代に この国に生れ落ちた俺達
光溢れ 涙ふいて
気がふれちまうような そんな歌が歌いたいだけさ
サア タマシイヲ ツカマエルンダ


B00007LLD6若者たち/夜王子と月の姫
ミネタカズノブ
UKプロジェクト 2002-12-11

by G-Tools


GOING STEADY 「若者たち」


テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。