スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Zeno 「Meet me at the Rainbow」

中古CD屋でCDを漁るのが自分の趣味であるんだけど、
町田の見つけたCD、Zenoの『Listen to the Light』。400円だったので即買い。
何でも安く買えるのは良いことだ。

このアルバムは1998年に発表されていて、
あのBURRNの年間人気投票のアルバム部門で2位にランクされていたらしいアルバム。
調べてみて自分も驚きだった。当時こんなに人気あったんだーって。
ちなみに1位はSlayerの『Diabolus in Musica』だったみたい。時代を感じるな。

当時はFair Warningがめちゃめちゃ人気あって、日本で10万枚以上も売っていたような時代。
メロディアスなハードロックが日本で受け入れられる土壌は完全に出来上がっていた。
Fair Warningの前身がZenoであることを考慮すれば、Zenoが売れるのも必然だったのかも。

このアルバムが出たとき、当時自分は高校三年生。
情報源はBURRNと伊藤政則のラジオしかなかったけど、
このアルバムの評価が高いということは、肌で感じることが出来ていた。

ラジオでは「Meet Me at the Rainbow」がよくかかっていて、
ジーノのギターはかっこいいなーと子供ながらに思っていたのを思い出す。

とはいえ、当時はメロデスなどもっと激しい音楽を好んで聴いていたから、
Zenoに回せるお金がなく、結局このアルバムも購入することなく今に至っていた。
そんなアルバムを10年以上経ってから購入。
CD屋で偶然見つけなければ、ひょっとしたらもう聴くことはなかったかもしれない。

で、このアルバムなんだけど、非常に良かった。
内容としてはメロディックハードロックとしか形容のない音楽。
当時からして流行を無視した音楽をやっていたんだから、今聴いても古臭さは感じない。
いい音楽は普遍的な何かがあると思うけど、Zenoの音楽もそんな普遍性があると思った。

曲トータルのメロディとアレンジがとにかく素晴らしいと思ったんだけど、
やっぱり自分が一番惹かれたのが、ジーノのギター。この人のギタープレイは神がかっている。

音作りからして、凄く独特で個性的。
ストラトっぽい音を鳴らしているんだけど、コシの強さが強調されたネバっこい音。
イングウェイに代表されるようなピロピロっぽい音じゃない。上手く形容できないけど。

ジーノのギターのことは、こんなサイトがありました。
理想のギターは「レス・ポールのサウンドが奏でられるストラトキャスター」だって。
凄くよく分かると思った。
http://zenojournal.blog49.fc2.com/blog-entry-9.html

このサイトにも書いてあるけど、ジーノという人のギターの特徴はアーミングの多用だと思う。
兄貴である仙人ウリジョンロートの影響だと思うんだけど、
これでもかとアーミングを入れまくっている。

アーミングってギタープレイの中では飛び道具的な使われ方をすることが殆どだったと思うんだけど、
この人の場合はアーミングが完全にフレーズの中に溶け込んでしまっているところが凄い。
指で行うチョーキングやヴィブラートの感覚で、アーミングを使いこなしている感じ。

当然アーミングは音程のコントロール幅が大きい訳だから、
その幅の大きさがフレーズのダイナミックさを引き立てて、
エモーショナルに聴かせる効果を生んでいるんだろうなって思った。

基本的なルーツはジミヘンみたいだから、
アーミングに対する彼のこだわりってのも何となく分かる気がする。
まー、ジーノ・ロートという方のギターはとにかく凄い訳です。

最近のバンドって、メタルってジャンルに限らず、
よくよく考えるとギターのアーミング使ってるギタリストって殆どいないんじゃないのかなと思った。
確かに使い方難しいし、何よりチューニングのコントロールが難しい。

でも、何かそれってつまらんよね。
みんな同じようなギタープレイを追求してるみたいな感じで。
ぱっと思いつくのは、MuseのマシューやMars Voltaのオマーくらいかな。
現代でも新しいギターの可能性を追求しようと面白いことやってると思うのは。

音楽は単なるテクニックの発表会ではないと思うけど、
新しいギターの音を見つけていこうという試みは、もっと行われていいんじゃないのかな。
偉大なる先人達に比べて、やっぱり現代のギタリストって個性がないと思う。
自分が知らないだけかもしれないけど…。

大分ジーノの話からずれてきたけど、とにかくジーノは個性的なギタリストな訳です。
今は隠居しちゃってるみたいだけど、日本でライブやってほしいなあ。
一度生でギタープレイ観てみたい。


B000024MNTListen to the Light
Zeno
MTM

by G-Tools



Zeno 「Meet me at the Rainbow」
とにかく弾きまくりのこの曲。アーミング、スウィープ、タッピング、ボリューム奏法など、
あらゆる技が多用されたギターソロはほんと素晴らしいと思います。
何年練習したとしても、こんなの弾ける気しない。
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。