スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRAHMAN 「霹靂」

結構有名な話だと思うけど、こんなニュースが出ていた。
原発事故当時、官邸の支持を待たずして、所長が独断で海水注入を継続したという記事。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111227/dst11122700060000-n1.htm

その決断は結果的に正しかったと思われる訳だけど、相当な極限状態の中で下したその判断は、
僕なんかが想像も出来ないくらいに重いものだったに違いない。
官邸の指示を無視するというリスクの重みって、生半可なものではなかったはず。

今回の事故の総括が終わっていない段階で、
軽はずみにその行動を賞賛することは出来ないと思ってはいるんだけど、
でもその信念に基づいた判断に対して、僕は感銘を覚える。
(一面的な報道内容から判断しているので、新事実の発覚により、感想は変わるかもしれないけど)
原発事故の被害を食い止める最善の選択は何か、考え抜いた上での決断だったんだと思う。

仮に自分の立場に置き換えたとき、そのような決断が出来るか。
はっきり言って、僕には出来ないと思った。
自分が正しいと思ったことを、自らが責任を負った上で、リスクを背負った上で、
行動に移せるのだろうか。

ここに自分の課題を見た気がした。
キーワードとしては、自らの判断基準の明確化、だと思う。

原発事故の現場においては、二つの判断基準があったように思う。
・事故の悪化を食い止めることが最優先である。
・リーダーである官邸の指示に基づき行動することが最優先である。

後者は否定的に捉えられるかもしれないけど、これは全く正しい価値観だと思う。
あまり良い例えではないけど、軍隊において、リーダーの命令は絶対である。
戦争という極限状態において、服従という行為なくして、命は守れない。

切迫した状況であればあるほど、指揮系統は一本化し、絶対的なリーダーの指示に基づき、
全ての人間が行動すべきであるというのが、僕の考えである。

しかしながら今回の件において、リーダーである官邸の考えは、
「検討中だから待ってほしい」、結論の保留であった。であるからこそ、
時間の猶予はないと見た現場は、前者の「事故の悪化を食い止めることが最優先である」
との判断基準に基づき、独断での海水注入という行動に至ったんだろうと思う。

その判断基準の背景にあるのは、放射能の被害を最小限に食い止めなくてはいけないという、
現場所長としての責任感であったり、使命感であったり、そのような価値観だったんだろうと思う。

何よりも優先されるべき自分の価値観、そして倫理、信念とは何か。
そこが明確な人であれば、きっと極限状態で迷いが生じたとしても人は決断出来る。
まだまだ自分の判断基準は明確化されていない。その背景にある、強固な価値観、倫理、信念がない。

陳腐な言い方をするのであれば、自分には「人間力」が足りない。
まだまだ知らなくてはいけないことが多すぎる。考えなくてはいけないことが多すぎる。
年末だから言うけど、自分の来年の課題は見えている。

何よりも優先されるべき自分の価値観、そして倫理、信念とは何か。
僕はそれを明確化していきたい。
そこが明確化されれば、必然的に自分が目指すべき将来が見えてくるんだと思う。

本来はそういうことを高校時代とか、大学時代に済ませるべきなんだろうけど、
ガキだった自分には無理だった。だから、これからやらなくてはいけない。


今年の世相を現す漢字が「絆」という報道があった。
すごく美しい言葉だと思うけど、僕は薄っぺらいと思った。
今の日本に「絆」という言葉が相応しいなんて、死んでも思えない。

「絆」という言葉を当てはめるのに相応しい人間が多数いることを、僕は認めている。
でも僕は今年ほど人間に不信感を感じた年はなかった。
この期に及んで自分のことしか考えない馬鹿がいる。そんな悲しさも感じた。

ひょっとしたら自分も「馬鹿」側かもしれないし。
そうは思いたくないけど、でも自分の行動を省みるに、そうなのかもしれないと思ったりする。

とにかく僕は、今年一年で日本人同士の「絆」を感じました、なんて言う人間にはなりたくない。
申し訳ないけど、そう思う。


震災という出来事があって、まだ生を受けている自分と向き合い、
自分がやるべきことは何かということを振り返る機会が増えた。

生まれたから生きるのであって、生きること自体に意味なんてない。

自分が大学時代に結論付けた価値観は今も変わっていない。
でも、自分が生きた爪痕をもっと生々しく刻み付けたい。
そして、その爪痕は、自分をこれまで生かしてくれた全てのものに対する恩返しであるべきだ。

そんなことを昔よりも強く思うようになった。

もう今年も終わりだなー。
色んなことがあったけど、不幸なことがあった人に対して申し訳ない言い方になるけど、
今年も楽しかった。来年はもっと楽しい年になればいいなと思う。いや、する。


一応、音楽のブログなので、Brahmanのことを書いておく。

3.11以来の彼らは、決して本質が変わったとは思わないけど、変わった。
表層的な面で言えば、ライブでMCするようになったし、アンコールをやらなくなった。
被災地に救援物資届けたり、復興支援活動に携わったりと、社会的な活動に取り組むようになった。

彼らのそのような活動に啓蒙されて、被災地に対して何か出来ないかと、
考えるようになったファンって結構多かったんじゃないかと思う。

僕はそういった彼らの活動を凄いなーって思いながら記事を追いかけていたけど、
先月の幕張でのライブを観るまでは、その変化を直接的に実感することはなかった。
でもライブを観て、彼らの意識は変わったのかもしれないけど、本質的な部分は、
きっと変わってはいないんだろうなということを実感した。

トシロウのMCから転載。
http://ro69.jp/live/detail/60467

たとえ無理だってわかってても、負けるってわかってても、
絶望じゃねえよ? 闘志が湧いてくんだよ。カッコつけて言ってるわけじゃない、
懸命に生きたいだけだ。生きてる限り、迷うんだろう、失うんだろう。
それでも……、BRAHMAN始めます!

こんなこと言って許されるんだから不思議だ。
あのライブの空間で、僕はトシロウのMCに聞き入ってしまった。
でもこれって彼らが昔から掲げていたテーマであって、震災があったから出てきた言葉ではない。
そのテーマが、彼らがやるべきと考えた行動、と結びついたことは変化点なのかもしれないけど。

今年ぐれぇ、利益とか利潤とか、そんなの追っかけなくていいじゃねえ?
今年ぐれぇ、喧嘩してる手止めて、握手したっていいじゃねえ?
今年ぐれぇ、人のこと罵ってんじゃなくて、人の哀しみに寄り添ったっていいじゃねえ?
今年できたんなら、来年もできんじゃねえ?

少なくとも、あの瓦礫の街に火が灯って、もうちょっと安心して暮らせるまで、
そんぐれぇ、いいんじゃねえ?

彼らは生きることに纏わる苦悩を音楽に対して込めて発信してきたバンドだと思うけど、
このMCに関しては、外向きというか、今までのライブではあまり感じられなかった「何か」を感じた。
優しさ、とか、慈しみ、とか、そんな感じの。

あんだけ激しいライブやってきて、ハイスタ絡みのMCで笑い取った後に話した内容だけど、
不思議と浮くことなく、連続的にすんなりと受け止められた言葉だった。

言葉尻だけを捉えれば偽善的に見てしまう人もいるかもしれないけど、
トシロウの言葉の重みは、凄かった。
会場中の人達、各々がそのメッセージを全身で受け止めていたように思う。
本気で何かに向き合っている人には、説得力が宿る。そう思った。

ライブのラストは「霹靂」。
この曲の照明、映像、そして演奏が渾然一体となった力には圧倒されていた。
身体を動かすのも忘れて、ステージに見入っていたのを思い出す。

ラストにはエンドロールが流れて、被害を受けた被災地の様子、
被災地での彼らの活動の一環が映し出されていて、それがまた凄くいい内容だった。
ハイスタの出演がなかったのは残念だけど、でもこのライブに来て良かったと実感していた。

年明けには何と初めてというeastern youthとBrahmanの対バンが実現。
これは絶対観たいということで、チケットは確保済み。
まだまだこのバンドとの付き合いは長くなりそうだ。


B0058FA3MW霹靂【通常盤】
BRAHMAN
トイズファクトリー 2011-09-07

by G-Tools



BRAHMAN 「霹靂」
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

BRAHMAN 「ARTMAN」

今年何回観てるんだよって、ブラフマン。
今回のフジロックでも観てしまいました、はい。
普段ライブハウスで観るバンドを、野外のステージで観るってのはまた格別なのです。


ブラフの出番のときは、どんよりとした曇り空で、時折霧雨といった感じ。
彼らには青空よりも、こんなシチュエーションの方が似合う。

例のSEが流れてメンバーが登場。
そして1曲目何やるかと思っていたら、「PLACEBO」!

あーこの始まり新鮮かも。
いきなりトシロウは客の上で歌います。

そっからは定番曲のオンパレード。これでもかってくらい定番。
永劫回帰ツアーでやってくれてたレア曲も、全くやらない。
それはそれで潔いんだけど、ちょっとは寂しい。

でも、何回も聴いたことある曲ばっかやってるんだけど、
グリーンステージのクリアな音で聴く音は新鮮だった。
とにかくロンジのドラム、凄い。あの人すごいわ。

ライブの後半はいつも以上にめちゃめちゃになってきて、
マコトは倒れこんで何かバタバタやってるし、ベースは音出なくなるし、
コーキは何を思ったのかいきなり背面ギター弾きやり始めるし。
二人、暴れすぎで自分のコーラスマイク倒してコーラスできなくなってたし。

なんか弦楽器二人はやけくそ気味で、ひどかった。
ロンジが凄い安定感だっただけに、際立っていた。
それがブラフマンの魅力なんだけど。上手いブラフも、ひどいブラフも好き。

トシロウはもうさすがとしか言いようがない。いつも通りにトシロウダンスしてマイクスタンド壊して。
時折大型ビジョンに映し出される表情も良かった。やっぱかっこいいわこの人。

客もダイバー続出。今年のフジでは僕が観た中で一番多かった。

定番セトリの中にも、最後にサプライズがあった。
「THE SAME」でうおーってなったんだけど、これで終わりかな…って思ったのも事実。
そんな気持ちで曲の終わりの光景を見つめていたら、いきなり、

「ごー、えんっ、すとっぷ!」って、「ARTMAN」!

これ、聴くの久しぶりだから嬉しい。イントロで燃えた、叫んだ。
でもイントロ溜めすぎじゃなーか。コーキ止まれてなくて、フラフラしてたぞ。
あれはちょっと笑ってしまった。

それはさておき、この曲聴いていると、身体の奥底のドロドロしたものが
身体の表面に湧き出てくるような感覚になる。

中間部にて仏教的な音色で奏でられる静かなギターフレーズから、
堰を切ったかのように開かれる世界は、混沌。
この瞬間に、感情は爆発する。凄まじい高揚感と解放感。

やっぱりこの曲は凄い。圧倒的な存在感を残して、メンバーは去っていった。


フジロックで観ていて、彼らは完全に異質なバンドになったなーって思った。
MCも曲間もなく、ただひたすらに音で語りかけるバンド。
本当に彼らの姿勢は美しい。
3日間色々なアーティストを観たけど、彼らの存在感は際立っていた。

ブラフマン聴いたことなくても、あのライブを観た人には強烈な印象が残っただろうなって思う。
そんな感覚を共有できる人が増えたら、嬉しい。


(セットリスト:2009/7/26 Fuji Rock Festival)拾いものです。
PLACEBO
The only way
SEE OFF
GOIN DOWN
THE VOID
Speculation
Epigram
BASIS
SHADOW PLAY
A WHITE DEEP MORNING
FOR ONE'S LIFE
BEYOND THE MOUNTAIN
DEEP
CHERRIES WERE MADE FOR EATING
NEW SENTIMENT
Causation
LOSE ALL
Fibs in the hand
ANSWER FOR...
THE SAME
ARTMAN


B0025W1GE0ETERNAL RECURRENCE
BRAHMAN
トイズファクトリー 2009-06-10

by G-Tools



BRAHMAN 「ARTMAN」



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

BRAHMAN 「NEW SENTIMENT」

ついこないだ観たばっかりなのに、またBRAHMANのライブに行く。
好きなんだもん…。チケット安いし…。

しかも今回のツアーは、過去曲の再録アルバム『ETERNAL RECURRENCE』を引っさげてのツアー。
普段聴けない曲が聴けるだろうなんて期待をすれば、行かざるを得ない。

そして期待通り、普段聴けない曲をいっぱい聴くことが出来た。

HIGH COMPASSION
GREAT HELP
時の鐘
THERE'S NO SHORTER WAY IN THIS LIFE
ROOTS OF TREE
RESULT OF NEXT
THE SAME

ここらへんまとめて聴けるなんて思っていなかった。
感激。興奮。
昨日はPA裏でじっくり観ようと思っていたんだけど、やっぱ自ずと身体が動いてしまった。

「GREAT HELP」が素晴らしかった。俺この曲好きなんだよなー。
スカビートにハードコア。どことなくポップな香りもありながら暴力的。力技の極み。
今の彼らが演奏すると、あんなに強烈な曲になるなんて…。衝撃のステージだった。


しかし、である。
人間って何て罪な奴なんだ。

あれだけやってくれたにも関わらず、更に…、もっと…、を求めるのが人間である。
アンコールでTHE SAMEを演ってメンバーはステージを去った。

それでも多数の人間は居残り、ダブルアンコへの声を上げる。
実質的な演奏時間は短かったし、きっとやってくれるだろ、と。
まだ聴きたい曲は残っている。みんなの気持ちはきっと一緒だろう。

「TONGFARR」か、「ARTMAN」か、「FLYING SAUCER」か。
ドキドキしながら待つ。

ところが、10分くらいの時を経た後、無常にもドラムは解体され始め、
我々は現実に戻される運びとなった。

そりゃー求め過ぎかもしれない。でもそれを求めるのが人間。
あれだけのライブを観ておいて、どことなく心に引っかかりを残して会場を去った。
きっと同じ想いを抱いた人って多いと思うんだ…、俺だけか?


今日、『ETERNAL RECURRENCE』を聴く。
「TONGFARR」など、アレンジが変わっていてまだ違和感がある曲もあるけど、
ずっと聴いてればきっと慣れるだろう。
このアルバムは過去の焼き直しでなく、今の彼らのアルバムなのだから…。


そういえば「NEW SENTIMENT」の歌詞が一部手直しされていた。

例えば、
「I go over the time since I was born. I do it as my own problem.」のフレーズが、
「Tracing since I was born. I do it as cure for my soul.」に、

「Hold your another sentiment. That's right! New sentiment.」のフレーズが、
「Hold up your new sentiment. Switch your old sentiment.」に、
それぞれ変更されている。

この曲は他にも色々と歌詞に変更が見られる。
より能動的に、自ら運命を手繰り寄せて生きようとする、
そんなニュアンスを強くした印象を受けた。

どちらのバージョンも名曲に代わりは無い。ほんと好きな曲だ。


B0025W1GDQETERNAL RECURRENCE(初回限定盤)
BRAHMAN
トイズファクトリー 2009-06-10

by G-Tools



BRAHMAN 「NEW SENTIMENT」 LIVE



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

BRAHMAN 「SPECULATION」

昨日はクラブチッタ川崎に向かい、PULLING TEETH企画のイベントに行く。
このイベント、面子が凄かった。

dustbox
ROBIN
GARLIC BOYS
BRAHMAN
PULLING TEETH

分かる人には分かるのだが、ガーリック、ブラフ、プリングが一緒に観れるってのは、
高校あたりに日本のハードコアをかじった人間にとっては堪らないものがあるのである。


ただ…、ちょっと残念な感想を抱くことになった。

主催者のPULLING TEETH。恐らく以前に観たのは7、8年前になると思う。
当時、正直CDではピンと来ていなかったんだけど、
SUZUKI氏のギターとステージアクションに目を奪われて、
この人達のライブすげーなー、なんて感想を抱いた覚えがある。

それからずっと機会があれば観てみたいと思っていたんだけど、
中々機会に恵まれず今日に至っていた。

で、ライブを観る。

ヘッドバンギングがメインだったステージアクションが昔と変わっていた。
メンバーのビジュアルも変わっていた。メイクもしていた。

本当に申し訳ないんだけど、ビジュアル面での違和感が邪魔をして、
音に没頭できない自分がいた。

音楽は当然耳で聴くものなのだけど、ライブは五感で感じるもの。
視覚的に没頭できないと、音にノレない。
ちょっと彼らに申し訳ない思いを抱いた。

「Pulling Is My Business... And Business Is Good」は変わらずのかっこ良さだったけど。

今は今の彼らのスタイルがあるし、
変化していくことはアーティストとしての宿命であり、義務であるとすら思っている。
その変化の過程でファンが離れることもあるし、新しいファンが付くこともある。

彼らに何かまた変化が生じたとき、僕は彼らのライブに足を運ぼうと思う。


そして、BRAHMAN。
今の彼らのライブの鉄板度合いは半端ではないと思う。
観るたび観るたびに凄いなあ…と。熱狂である。

会場に人が多くなかったこともあり、初めて最前に近いところでライブを観ていて、
初めて気付いたことがあった。

TOSHI-LOWって表情がとても豊かである。
観客を煽る表情、ダイバーと目を合わせて微笑む表情、
クリーントーンのギターの中で感極まったかのようにうなだれるときの表情。

その全ての表情が、偽りの無い人間の姿を想起させた。
彼は歌うことの必然性を持ったミュージシャンであり、
同性にとっても非常に魅力的な人間であることを、今まで以上に実感。
特に「Fibs in the hand」での彼にはかなり胸にぐっとくるものがあった。

セットリストは定番曲が多かったけど、今回も心に響く素晴らしいライブであった。
彼らがこの後どこに進むのか、まだ見届けていきたいと思う。


B0010T0XPCAntinomy
BRAHMAN TOSHI-LOW
トイズファクトリー 2008-02-06

by G-Tools


BRAHMAN 「SPECULATION」 LIVE



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

BRAHMAN 「FOR ONE'S LIFE」

高く飛ぶように生き、深く懸命に死ぬ

ブラフマンライブ前に流される映像内のフレーズ。
彼らが発するからこそ説得力を持つ言葉である。

去年ブラフマンを3回観る機会があったんだけど(OAUも1回)、
印象的だったのはRUSH BALLの時であった。

とにかく壮絶。
前日の雨のせいで会場内の足元は泥だらけにも関わらず、
身体を動かさざるを得ない観客。
勿論僕もその中の一人。

「FOR ONE'S LIFE」の美しきイントロから雪崩込む圧倒的な数十分。
曲間に隙間を作らず、入魂の演奏を畳み掛ける。
リズムが走ろうがずれようがお構い無しにひたすら走り続ける。
仰々しい言い方だが、彼らの生き様が投影されているのが、あのライブなのだろう。

「BEYOND THE MOUNTAIN」における混沌、
「PLACEBO」に感じられた優しさは特に印象に残っている。
彼らほど壮絶に魂を賭けたライブをやれるバンドは居ないだろう。

泥だらけの靴をそのままに、
東京行き深夜バスで家路に着いた夏の終わりの出来事だった。


B00005L8OBA FORLORN HOPE
BRAHMAN TOSHI-LOW
トイズファクトリー 2001-06-27

by G-Tools


BRAHMAN 「SE」「FOR ONE'S LIFE」 「SPECULATION」「EPIGRAM」
ROCK IN JAPAN08の映像です。


テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。