スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Atoms For Peace 「Feeling Pulled Apart By Horse」

いよいよフジロック。
最後まで仕事に追われっぱなしで、結局あっという間にこの時が来た。

何か過去のフジロック振り返ってみたくなったので、
印象に残ったライブと共に、書いてみる。


○2007年
僕が初めて行ったフジロック。ぶっちゃけ、めちゃめちゃ疲れたイメージしかない。
ライブに関しても、そんなに余裕が無かったこともあって、あまり記憶にない年。

・Muse
2006年のサマソニで衝撃を受けて、楽しみにしていたライブ。
去年のフジロックのパフォーマンスも良かったけど、この年のMuseは神がかっていた。
バンドの勢いという点では頂点だったと言えるかも。
「Invincible」「Butterflies and Hurricanes」最高だった。

・Omar Rodriguez Lopez Group
噂のオマーとの初遭遇がこの年。セドリックがボーカルで、まんまMars Voltaだった。
全く曲知らない状態でライブ見たけど、変拍子やらインプロの嵐で、凄かった。


○2008年
前年にフジロック行っていたおかげで、少しは余裕も出てきたフジロック。
土曜日は特に天気が良くて気持ち良かったのを思い出す。
ライブって面でいくと、この日の金曜は素晴らしかった。

・The Vines
ひょっとしたらもう日本では観れないかもしれない、ということで今振り返ると貴重なライブ。
過去に日本で一悶着起こしたクレイグだけど、
あのときのライブは精神的にも安定していて、最高のパフォーマンスだった。
レッドマーキー、「Get Free」で大揺れだったのを思い出す。

・My Bloody Valentine
Feederのこれまた素晴らしいライブが終わってグリーンに向かうと、
既にマイブラのライブは始まっていた。しかし異様な光景。客が棒立ちで呆気に取られている。
とにかく物凄い爆音。フジロックで最高に暴力的な音量だったかも。
ギターってこんな音出せるんだーって衝撃。ラストのノイズの洪水は、今でも鮮烈に思い出せる。

・The Music
あのミュージックがフジに帰還!
僕はあの時が初めてだったけど、ホワイトステージ、期待感に満ち溢れていた。
パフォーマンスとしてはまだまだいけるだろって思ったけど、
あんときの盛り上がりは今でも思い出せる。観客とバンドが一体になったステージ。


○2009年
この年はとにかく金曜の雨が強烈だった。
あまりにも雨が凄すぎて、テントを張らずに車中泊にした年。
この年もかなりライブは当たり年だった気がする。

・Patti Smith
序盤はにこやかに笑顔を振りまくおばあちゃんって感じだったけど、
ライブが進むにつれて、パンクロッカー、パティが現れ始めた。
ギターの弦を切りながらの言葉、「We are Alive. We are Free.」
僕は今でも鮮烈に覚えている。

・Oasis
たぶん僕にとってフジロックのベストアクトを挙げると、このライブになると思う。
ぶっちゃけリアムのボーカルの調子、序盤は悪かったし、
バンドの全盛期に比べれば、別に大したライブじゃなかったかもしれない。

でも、あのとんでもない大雨の中でのオアシス。
僕の心が折れなかったのは、オアシスのライブがあったからだった。
あそこまで音楽を渇望した瞬間ってのは、あまり記憶にない。
「Live Forever」「Don't Look Back In Anger」は今でも忘れられない。

・Weezer
昔からファンの方には評判悪かったみたいだけど、僕は妙に印象に残っているライブ。
リヴァース、すごく変な人だった。でもライブパフォーマンスは良かった。
というより、ウィーザーって、ほんと名曲多いバンドだと思った。
「Perfect Situation」「Island in the Sun」、良かったなー。


○2010年
この年にもなると、フジロック、ガツガツせずに余裕を持って行動出来るようになってきました。
フジロックを経て次の日、月曜になると毎年クタクタだったけど、この年は元気に月曜に出社。
僕が行った中でも、メンツの豪華さという点では、過去最高のフジロックだった。

・Them Crooked Vultures
ドラマー、デイブ・グロール。ベース、ジョン・ポール・ジョーンズ。
今振り返っても信じられない。僕が憧れた二人が、同じステージで演奏している。
なんか、もう、とにかく凄かった。ロックという音楽の素晴らしさを再確認。

・John Fogerty
はっきり言ってあまり期待していなかったけど、ライブ、めちゃめちゃ凄かった。大盛り上がり。
バンドの演奏も凄かったし、ジョンのボーカルも素晴らしかった。
往年の名曲を出し惜しみ無く演奏して、サービス精神も素晴らしかった。
「Have You Ever Seen the Rain?」での大盛り上がりは、これまた今でも思い出せる。

・Atoms For Peace
そして極めつけは、これ。トム・ヨークとフリーって。奇跡。
ライブもとにかく変哲な感じで、全く今まで聴いたことないような感じ。
変人トムヨークと実は常識的なプレイヤー、フリーの噛み合いっぷりったらなかった。

この後のベルセバのライブも忘れられない。

僕のフジロックはAFPとベルセバで終わった。
そして、また一年経ち、フジロックが始まる。
また、あの入場ゲートをくぐるのが、楽しみで仕方ない。


今年はどんな音楽に出会えるのか。
一年で最も現実と離れて、音楽に没頭できる三日間まで、もうあと一日。


Atoms For Peace 「Feeling Pulled Apart By Horse」 Fuji Rock 2010
僕が思うに、去年のフジロックのベストアクト。
フリーのベース、何気にあーゆう音楽にも噛み合うんだーって驚きだった。
そして変人トムヨーク。動きヤバ過ぎ。彼が見ている世界と自分が見ている世界とには、
きっと大きな乖離があるんじゃないかと思うくらいのテンションだった。
かっこよかったなー。

スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。