スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Incubus 「Promises, Promises」

フジロックでのIncubusのライブのこと。

フジに先立って発売された『If Not Now, When?』が、いつものことだけど、
従来のIncubusの枠を超えた仕上がり。またしても彼らは音楽性を変化させてきた。
そういった新譜の曲が、ライブでどのような輝きを見せるのか、が一般的な注目点だったと思う。

でも僕は単純にIncubus見るのが初めてだったので、どんなライブを見せてくれるのか、
あんまり細かいこと抜きに、それが楽しみだった。
動画で見ていて高まった僕の期待に応えてくれるライブやってくれるだろうって、楽しみにしていた。


ホワイトステージではADFが凄まじいライブを繰り広げて、
かなりIncubusに対するハードルを上げていたように思う。
正直僕もあの盛り上がりの渦中にいて、ちょっとこれはインキュバスも食われるか…、なんて考えもした。
ほんとADFは集客力もライブにおける破壊力も凄かった。

そんなADFの余韻を残した状態で、Incubusのライブは始まった。

1曲目は新曲なのかなーって思ってたけど、定番の「Megalomaniac」でスタート。
あのギターリフは大好きなので、燃える。
マイクのギターって歪み過ぎていないけど、凄くへヴィに聴こえる絶妙な音作り。

ブランドンの歌とパフォーマンスがこれまた素晴らしい。
この人の動きは凄く色気があって大好きなんだけど、動画で見ていた通りのかっこ良さ。
あの高音のサビもサラっと歌い切ってしまって、やっぱこの人すげーって再確認。

そこからは「Wish You Were Here」「Consequence」「Pardon Me」と
ミクスチャーっぽい香りを残す初期曲の3連発。
今の耳で聴いてしまうと、既にこの当時からスケールの大きいロックをやってたんだなーって再確認。

「Pardon Me」はリズムがほんと気持ちよくて、自然に身体が動いた。
ここら辺の曲はたぶん観客も凄く思い入れがあるのか、かなり盛り上がっていた。

これまたギターリフが大好きな「Anna Molly」を挟んで「Love Hurts」。
この曲はブランドンが歌い上げるバラードなんだけど、これがもう素晴らしい出来だった。
リズム隊二人の演奏がたまらなくメロディアスで、ブランドンのボーカルを引き立てていた。
夜空を見上げながら、凄く感傷的な気持ちでこの曲を聴いていたのを思い出す。

続いては、これまたへヴィなリフがたまらない「Circles」。
この曲でもギターは歪み過ぎていないのに、凄くへヴィに低音を聴かせていた。
マイクのギターって、弦の一本一本の鳴りが凄く鮮明で、コシの入った音になっている。

普通のバンドならディストーションで思い切り歪ませてリフを聴かせるところなんだけど、
この人はそういう安直な方向に走らないところが、好き。

あと、今回のライブで素晴らしかったのが、新曲。
「Promises, Promises」は本当に美しくて、ため息が出るようだった。
この曲やってるときあたりには、厚い雲に覆われていた夜空から星が見えてきて、
凄く幻想的な雰囲気を作っていたことを思い出す。

そしてあの名曲「Drive」だもんな…。
この二曲の流れは今回のライブのハイライトだったと思う。

そこからは再度新曲を交えながら、しっとりとした曲を続けていく。
ただ、同じような雰囲気の曲調の曲を固めたせいで、それまで張り詰めていた緊張感が、
少し弛緩したように思えたのが残念だった。

バンドの演奏自体は素晴らしかったと思うんだけど、観客が求めていた世界観とに、
やっぱり若干のズレがあったのかなーって、今になってみると思う。
『If Not Now, When?』の評価が賛否両論というのも、あの雰囲気の中にいると感じてしまったのは事実。

とはいえ「A Crow Left of the Murder」でまたそんな空気管を払拭したのはさすがだった。
この曲は純然たるロックとしか言いようのない曲で、ライブで聴くのがCDの数倍良かった。

そして圧巻だったのは「In the Company of Wolves」。
CDでは正直ノーマークだった曲なんだけど、ライブで聴くとかなりヤバかった。
正に新しいインキュバスの真骨頂って感じ。決して激しく迫ってくる訳ではないんだけど、
じわじわとテンションを高めていく曲展開にはゾクゾク来るものがあった。

ラストにはマイクが謎の楽器を手にし「Aqueous Transmission」でライブは終了。
この曲も本当にしっとりと美しく聴かせてくれた。ほんと代わりのないバンドだと実感。

アンコールで「Vitamin」「New Skin」あたりを期待したけど、結局アンコールはなし。
それでも初めて観るインキュバスを十二分に堪能するという意味では、満足だった。


こうやって改めて振り返ってみると、自分の感想が妙に淡々としていることに気付く。
ライブのときは、なんかテンション上がるっていうより、
聴き入って見入ってしまうことが多かったからかも。

あまりにも演奏が上手すぎるから、ロック的なダイナミクスが最早感じられなくなって、
鑑賞するための音楽になってしまっているのかもしれない。
彼らの手にかかると、ドラムすら単なる打楽器ではなくて、メロディ楽器に聴こえてしまったり。

彼らの弱点って実はそういう隙の無さにあるのかもしれない。
完璧、故の喪失というか。

僕にとってIncubusは今回のライブでかなり好きなバンドになったんだけど、
完璧すぎて危なっかしくないところが、僕の好みから外れてしまうのも事実なんだよな…。
もっとアドリブ入れて、ジャム風のセッションなんかをライブでやってほしいなあ。

彼らに対するハードルは上がっていく一方です。
いや、でもほんとかっこいいライブだった。またフジで観たい。


(セットリスト)2011.7.30 Fuji Rock Festival 2011
Megalomaniac
Wish You Were Here
Consequence
Pardon Me
Anna Molly
Love Hurts
Circles
Promises, Promises
Drive
Isadore
Talk Shows on Mute
Adolescents
A Crow Left of the Murder
In the Company of Wolves
Nice To Know You
Aqueous Transmission


B004WKOCP8If Not Now When?
Incubus
Epic 2011-07-15

by G-Tools



Incubus 「Promises, Promises」
夜空の下で聴くこの曲は、本当に美しくて、ため息が出るくらいだった。
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Incubus 「Anna Molly」

今日は予定がなかったので、ふらっと渋谷、下北沢に行く。
珍しく買い物なるものが目的。
靴と服は色々と回ったけど、結局同じ店で買うことが多い。

自分にとって着飾ることってあまり興味がないんだけど、
服や靴は傷むので、いつまでも同じ服は着ていられないし、同じ靴は履いてられない。
どちらも着倒す、履き潰すって表現されるような感じで、
痛み始めてから必要に迫られて、新しく買うってことが多い。

自分の場合は、こんな服が着たいっていうより、
似合わないものは着ないって感じで、消去法の買い物をする。

派手だったり、奇抜なものはまず買わない。高級感漂うものも買わない。
あと、無味無臭な感じに爽やかで、シンプルすぎるものも買わない。
派手すぎると自分のルックスに釣り合わないし、
シンプル過ぎると、あまりにも貧弱すぎる感じになる。

そんな感じで消去法の結果、ベーシックではあるけれど、
ちょっとだけヒネった仕掛けがあるような服を選択することになる。
そんで、そういう服はデザイナー系の服になって、大体高いので、必然的に古着を買うことになる。

東京って状態のいい古着置いている店がいっぱいあるので、すごくありがたい。

もっと髪型とかいじってたらもっとやりようがあるんだろうけど。
ま、素材自体が良くないから、あんま着飾ることに関しては興味が湧かないんだろうな。

ただ、一度だけ、奇抜な服でめちゃめちゃほしいものがあって悩んだことがある。
細身のミリタリージャケットでこれかっけー、買おうって思って背中を見たら、
シド・ビシャスの刺繍が…。

プリントではなく、刺繍。何か学ランに刺繍入れるような感覚で、それが僕の心を掴んだ。
しかもシドです。ベタです。パンク過ぎる。かっけー。でも、これ、着る勇気がない…。
買うつもりもないのに、店の中で他の商品見るふりしながら、ずっと葛藤していた。

結局着れない服買っても仕方ないので買わなかったけど、ちょっと後悔している。
あんまり買い物は好きではないけど、そういうのが買い物の楽しいところかも。
しかし、あの服は誰かの手に渡ったのだろうか…。

今日は何だかんだで向こうからいいものがやってきたって感じで、靴と服を購入。
値段も中身も凄く満足。
何年かぶりにブルーのジーンズを買った。しかも二本も。
今年はジーンズをずっと履く感じになりそう。


渋谷から代々木公園に出て、原宿まで歩いてみる。
天気がいいせいか人がいっぱいいる。酒飲んでいる人もいた。
公園にいる人たちが、すごく幸せそうなのが印象的だった。

最近はご無沙汰だったけど、僕は都会に来たての頃、代々木公園が好きでよく行っていた。
ちょっと奇抜でおかしな人たちはいなくなっちゃったけど、なんかこう、
都会の中でも幸せに溢れた空間っていうか、束縛のない空間というか、そんな印象は、
大変なことがあった後ではあるけれども、変わっていなかった。嬉しかった。

下北沢なんてのもめちゃめちゃ久しぶりだったんだけど、やっぱり昔と印象は変わっていなかった。
この街もなんか幸せと希望に溢れたところだなーって。
その分、残酷に人も店も入れ替っていく街でもあるんだけど。

休みの日の昼間に一人で街歩きしてみて、良かった。いい一日だった。
なんかそれが言いたくて、どうでもいい僕の一日のことを書き連ねてみた。
こっから五月は怒涛のように色んなこと待ってるもんな…。


一人で街歩きしてると、音楽を聴くことが多くなる。
今日はIncubusをずっと聴いていた。晴れた日の街歩きにぴったりのバンドだと思う。

自分の中でIncubusって出たての頃のどうしてもコテコテのミクスチャーってイメージが強くて、
今までちゃんと聴かずにいたバンドの一つだった。
日本でミクスチャー流行ってた時期にRIZEあたりが推してて、結構ファンも多かったと思うけど、
何か僕はそこまでのめり込めなかった。

でもフジロックへの出演が決まって、折角だからちゃんと聴いてみようって思って、
ブックオフでたまたま250円で売っていた二枚のアルバムを購入。
『A Crow Left of the Murder...』『Light Grenades』の二枚。

感想。全然昔と違う音楽やってんじゃん。
血が滾るようなミクスチャー特有の爆発感ってのは全然なくなっているんだけど、
音を自在に操りながら、インプロ感も漂わせて、静かな熱さを感じさせるような音楽になっていた。

今の僕にとってはこっちの方が全然好みだった。シブいけど、めちゃめちゃかっこいい。
メンバーの演奏、上手いし、個性あるし、スケールの大きなロックをやっている。
全パートに聴き所が満載。これ、バンドやってる人にとっては、たまんないバンドじゃないかな…。

特にギターの音作りとアレンジセンスは素晴らしいと思った。
空間系のエフェクトを駆使して、凄く抜けた気持ちのいい音を出している。
これはギターやる人にとっては手本になるでしょ。

ボーカルのブランドンの歌の上手さは特筆すべきレベルだし、
ベースとドラムのリズム隊も素晴らしい。さらっとセンス感じられるフレーズを入れてくる。
DJキルモアもミクスチャーにありがちな音の入れ方ではなくて、
あくまでバンドサウンドの裏側でしっかりと彩りを添えているところがいいなって思う。

Incubusって出たての頃から、他のバンドとは違う知性の感じられるバンドだって
紹介のされ方していたみたいだけど、
これらのアルバム聴いてしまうと、実際そうだなって感じる。

自分達の音楽を進化させていって、特定のジャンルに収めることの出来ない、
Incubusにしか出来ない音楽を創造してきた、ある意味理想的ともいえるバンドだと思う。

ここにきて俄然Incubus熱が上がってきた今日この頃、他のアルバムも聴いてみよう。


蛇足ついでに、今年のフジロックについて、妄想。

今年は裏側でキャンセルが出ていること匂わせるように、日本人のアーティストの発表が多いと思う。
でも面子眺めてみると、今年も観たいやつが多くて、万一今のままでも楽しめそうな気がする。
あんまし豪華すぎると、被りまくって見れなくなるって贅沢な悩みが出てくるんだよな…。

http://www.fujirockfestival.com/artist/

金曜はグリーンのトリがColdplayで、
その前にArctic Monkeys、Queens Of The Stone Ageって並びになりそうな気がする。
なんか繋がりにテーマがあるし、いい感じだと思う。この日の夜はずっとグリーンって感じになりそう。

土曜はIncubusとGet Up Kidsが楽しみ。でも、この2バンド、どこのステージになるんだろう。
グリーンのトリがFacesだと、トリ前にIncubusってのも微妙なんで、ホワイトのトリがIncubusかな。
でもBattlesもいるしなー。Get Up Kidsはレッドのトリとかにしないでほしい、マジで。
なんかFacesの前に出来そうなバンドがいないんで、追加で発表あるのかな。

日曜のグリーンはYMO⇒Chemical Brothersって感じで、カタいんじゃないでしょうか。
そうなると、ホワイトのトリはMogwaiってことかなーと。YMOと被ってほしくないな…。
あとまだ発表されてないけど、99.9%、The Musicは出ると思うんで、
どこのステージのどの時間帯に出るかは注目している。

個人的には日曜グリーンのクロージングってのが、一番ドラマ性ありそうな気が…。
でも帰り疲れるから、まともな時間帯にやってほしいな。
日曜はAtari Teenage Riotも出るし、Feederも出るし、日本人も好きなアーティストいるんで、
今のところ一番楽しめそうな感じ。

そんな感じで3ヶ月も先のことを妄想するのも、またフジロックの楽しみな訳です。


B000JBWXNCライト・グレネイズ
インキュバス
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル 2006-11-22

by G-Tools



Incubus 「Anna Molly」 PV


Incubus 「Anna Molly」 2008年のライブ
ストレートなロックなんだけど、彼らにしか出来ない音楽。
めちゃめちゃかっこいい。ブランドンって、本当にいいボーカリストですね。
演奏も上手すぎ。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。