スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Muffs 「Outer Space」

自分が持っているCD、びっくりするくらい男ボーカルばかりである。
ブログで書いたことあるミュージシャンも殆ど男。
メタルという音楽に傾倒している自分にとって、それは必然なことなのかもしれない。

好きな女ボーカルでCDもほぼ全て持っているミュージシャンって、
Arch EnemyとCoccoくらいかもしれない。何気にビョークとアブリルは殆どのCD持ってるけど。

そんな僕にとって、今年不思議とハマったのがMuffsだった。

もともとNOFXの「Lori Meyers」で歌っている女ボーカルに興味が惹かれたのがきっかけで、
キム・シャタックさんって方が、Muffsってバンドやってることを知った。

そしてYoutubeで動画を漁っているうちに出会った曲が「Outer Space」だった。
この曲のインパクトはデカかった。

シンプルなコード進行と曲構成に、どことなく切なさが感じられるボーカルのメロディ。
2回目のサビが終わった後の、転調っぽい展開なんて凄くセンスあるなーって思ったし、
また半音ずつの上昇コード使ってラストのサビに繋げていくところなんかも、おぉーって思った。
そしてラストには唐突に入るキムのシャウト。これはかっこ良過ぎでしょと。

すぐに僕は「Outer Space」が入っている『Happy Birthday to Me』を購入して、
更に彼女らの魅力に取り込まれることになった。1曲目の「Crush Me」から名曲だと思った。
このアルバム、決して派手さはないけど、切ないメロディと、
激しく鳴らされているものの、これまた切なげな演奏が心に響く素晴らしいアルバムだった。

このアルバム、タイトルといい、ジャケットの写真といい、
どことなく孤独を感じさせるのが、凄くいいなぁ…と、そんな感じの感想を抱いた。

そしてほぼ全てのアルバムを買い揃えて、完全にハマっていた時期に飛び込んできたのが、
マフス来日というニュースだった。
僕は主催者先行で速攻でチケットを取り、新宿ロフトでのライブを心待ちにしてきた。


当日のロフトはチケット完売だけあってかなりの人で溢れていた。
人がぎっしりで全然スペースがなく、かなりステージは見づらかった。
そんな状態でメンバーが登場し、ライブはスタート。
キム、でけー。ロニー、更にでけー。これが第一印象だった。

当日のセットリストってネットに落ちてなくて、
もう大分記憶も薄れ始めてるけど、うろ覚えの内容を

1曲目は恐らく「Nothing」。いきなり頭から激しい演奏でガツンときた。
想像以上に骨太な音だった。ベースとドラムのリズム隊はさずがの安定感で、
ずっしりと低音を効かせていて、すごくかっこ良かった。
キムのギターも歪みまくりで、ギターをいじめているようにかき鳴らしていた。

そして続いてのキラーチューン「Lucky Guy」で
いきなりフロアのテンションがマックスって感じだった。イントロで起こる大歓声。
メンバーと合わせて客もぴょんぴょんと飛んでいる。
この曲でのキムはCD通り、いやCD以上に獰猛に叫んでいた気がする。

よく聴くとほんとに変な曲だ。
ポップなメロディにキムのシャウトがアンバランスであるんだけど、
なぜか微妙にマッチしている。ライブだとやっぱCD以上にいいと思った。

そこから先の曲順は殆ど覚えていないけど、
『Blonder and Blonder』『Happy Birthday to Me』からの曲が多かった。

『Blonder and Blonder』から「Oh Nina」「On and On」「Sad Tomorrow」
「Red Eyed Trol」「Ethyl My Love」をやっていたような。
「Won't Come Out to Play」あたりもやっていたかも…。

「Sad Tomorrow」はやっぱり名曲だなーと感激しながら聴いていた。
マイナー調のコード展開に切ないメロディって、マフスの得意技がこれでもかと炸裂していて、
凄く良かった。周りのお客さんもなんとなくしみじみと聞き入っているって感じだった。

『Happy Birthday to Me』からは
「Honeymoon」「All Blue Baby」「My Crazy Afternoon」「I'm A Dick」あたりが。

「Honeymoon」はかなり盛り上がっていたような。
ノリとしては軽いんだけど、なんか単純な軽さじゃない。
ポップだけどかなりロック然とした感じで、演奏がかっこ良かった。

「All Blue Baby」はこれまたマフスお得意の三連ナンバーで、かなり泣かせる曲。
この曲でも周りのお客さんはしんみりと聞き入っているという感じ。
めちゃめちゃこの曲の演奏も良かった。

僕が一番聴きたかった「Outer Space」も中盤から終盤にかけて炸裂。
動画で観た通りにキムがギターかき鳴らしてあのメロディ歌って、
間奏では金髪振り乱しながらギターカッティングして、最後にめちゃめちゃ叫んでいた。
濁点がいっぱい付いた叫び。不思議と色っぽく聴こえるから不思議だ。

ライブの途中にはジャムっぽいセッションも挟んで、
いかにもキャリアの長いロックバンドってところを見せ付けてくれた。
キムはモニターの上に立って客煽ってた。ただでさえデカいのに、更にデカい。
存在感ありまくりだった。

MCでは「来年もまた来るよー」と言っていた。
何回来てもいいっす。会場全体のリアクションが僕の気持ちを代弁するようだった。

ライブのラストは「Agony」で、会場を当日何度目か分からないくらいに再び沸騰させていた。
一時間半くらいだったか、全力で駆け抜けたライブで、時間の感覚が分からなくなるくらいに、
あっという間に時間が経っていたライブだった。

最後にロニーが客席にダイブするなんてサプライズもあり。
あの人あんなキャラだったんだと感心。
客にジーンズの後ろ引っ張られて、客の上で半ケツ状態になってた。笑った。


マフスのライブ、正直言うともっと余裕のある空間で観たかったけど、
間違いなく会場の雰囲気は良かったし、いいライブだった。
僕の念願は、半年あまりであっさりと叶ってしまった訳である。

またすぐ来年来ても、絶対観に行く。
マフスは数少ない、僕にとって大好きと言える女性ボーカルバンドである。


B000002NE0Happy Birthday to Me
Muffs
Reprise / Wea 1997-05-14

by G-Tools



The Muffs 「Outer Space」 テレビライブ動画、1997年。
キム、カメラ意識しすぎ、ギター粗末に扱い過ぎ、全般的に奔放過ぎ。
ロイのドラムの動き、怪しすぎる。ロニー、やられっぱなしでいいのか、謙虚すぎる。
なんか突っ込みどころの多い動画だけど、僕はこの動画でマフスを好きになりました。




全然関係ないですが…、変な動きのドラマーということで思い返したのが、伝説の韓国人ドラマー。
久しぶりに見たんだが、やっぱり心から笑ってしまった。
デスメタルドラマーも青ざめる超絶テクの数々が堪能できます。
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

The Muffs 「Lucky Guy」

長いことサーバー障害でブログがめちゃめちゃな状態になっていた。
なんかコメントが消えてしまっていたり、トラックバックがおかしかったりとあるけど、
とりあえず復旧したようです。

正直最近の平日はめいいっぱい仕事してるし、土日も花見したり、野球したり、バンド練したりと、
全然息つく暇なかったから、あんまり更新しなかったと思うけど。

とりあえず、やっつけではあるけれども、生存確認の意味で、今日は書いておきます。

来週に僕が立ち上げに関わっている製品の社内イベントがあって、
それに向けてひたすら課題をこなす毎日。
全然勝算はないけど、もう決めてしまったからやるしかない。そんな状況。

寝て起きると、すぐ仕事のことが頭に浮かぶ。
土日に遊んでいても、ふと仕事のことが頭に浮かぶ。
今は完全に仕事人間であります。

そういや計画停電もひとまず終了して、都内は日常が戻ってきた。
海外アーティストのライブも来週あたりからは開催されるのかな。
ちなみに4/20はCathedralのライブに行こうと思っているんだけど、来るのかな。半信半疑。

最近聴いているのは、しょぼーんとした感じとテンション上がるのと、両極端な音楽。
とはいえ何だかんだギターロックを聴いている。

Coldplay『Parachutes』
Coldplay『X&Y』
Radiohead『OK Computer』
Feeder『Pushing the Sences』
All『Live Plus One』
Descendents『Live Plus One』
Guns'n'Roses『The Spaghetti Incident?』
The Muffs『The Muffs』
The Muffs『Happy Birthday To Me』

とにかくMuffsはハマっている。
僕の持っているCDの中で女性ボーカルのバンドなんてかなり少ないんだけど、
このバンドは相当自分の好み。

今度時間を見つけて、ちゃんとこのバンドのことは書きたいと思う。
すっげーテンション上がる。そこまで激しいわけではないんだけど。不思議だ。

こんな感じの再開で申し訳ありませんが、今までお付き合いいただいた方々へ、
どうかこれからもぼちぼち更新しますんでよろしくお願い致します。


B000002MJMThe Muffs
The Muffs
Reprise / Wea 1993-05-07

by G-Tools


The Muffs 「Lucky Guy」 PV
http://www.youtube.com/watch?v=ZiRw0-4-zU8


The Muffs 「Lucky Guy」
1999年は下北沢シェルターでのライブのようです。
音質は悪いけど、会場の盛り上がりと、バンドの気合の入った演奏が最高です。
この頃のライブ行ってみたかった。ま、今でもいいから来日してほしーけど。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。