スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Iron Maiden 「Aces High」

先日、会社の先輩(おっさん)のライブに行く。
Iron Maidenのコピーやるから来てくれって言われて、二つ返事で行くことにした。

対バンのメンバーが被ってるような内輪のメンバーでの企画らしく、
野次が色々と飛び交うユルい雰囲気。
僕の学生時代のライブもこんなんだったなーって、思い出す。

メイデンのコピーバンドのライブ、すごく良かった。

何より、メンバーの皆さん、みんなおじさんなのに、めっちゃ頑張ってる。
汗だくになりながら、歌って、演奏をしている。明らかに全力。手を抜いてないのが分かる。

ボーカルの先輩はフェイク使いながらもほぼあの高音を歌いきってたし、
ギターソロは二人とも完コピだし、リズム隊もあの独特なハネのリズムを再現してた。
約30分くらいのライブだったけど、最後まで全力でやりきって凄いと思った。

プロではない人たちのライブ観て感激したの久しぶりだった。
かっこいいぜ、おっさん達って思った。先輩と思わず握手して、乾杯した。

あの歳になっても、あーいった感じでバンドやれるの、うらやましいと思った。
いい仲間に囲まれて。あんなおっさんになりたいもんだ。


メイデンのコピーバンドの1曲目は「Aces High」だった。
この曲、めっちゃ好き。僕もギターコピーしてた。
この曲弾いてると、たまらなく気持ちよいのであります。

この曲はとにかくイントロのツインリードがかっこいい。
ギターリフにツインのハモリを入れて聴かせる手法は、20年経っても未だに廃れずに、
現代のメタルコアバンドに引き継がれている。

そういや今の若いメタルバンドって、揃ってメイデンの影響を公言しているような。
パンク系のバンドでもメイデン好きがそこそこいるらしい。
この前マイスペース観たら、この前ライブ観たNo Use For A Nameもフェイバリットに挙げてた。

おじさんから若いのまで、世代を超えて愛されるバンド、Iron Maiden。
残念だけど、こんなメタルバンドは、もう二度と現れないだろうな。

あと、メイデンの魅力って合唱できるところだと思う。
「Aces High」のサビなんて、もう最高。ライブ動画観るとみんな歌ってる。
不思議とあのメロディって歌いたくなる。テンション上がる。
たまにおっさんと二人交代でこれ歌うけど、最高。

メイデンは最高。先輩には、またライブやってねとお願いした。


その後、僕は大学時代の愉快な仲間達と飲む。
久しぶりに会う人々と日本酒の旨さに我を忘れ、記憶がなくなる。

深夜、あまりの寒さに目が覚めると、そこは知らないマンションの入口だった。

最近自分のことが、より全然分からなくなってきた。なんなんだろう。
翌日、深く落ち込む。


B000063DFNPowerslave
Iron Maiden
Sanctuary/Metal-Is 2002-03-26

by G-Tools



Iron Maiden 「Aces High」
2008年のライブです。メンバーがみんな50近くなんて信じられないくらい、いい演奏してます。
圧巻はブルース・ディッキンソン。なんなのあの人の声と動き…。めちゃめちゃ凄い。
インドのお客さんって初めて観たけど、これまた熱いですね。メイデンの魅力が詰まった動画。



ブログランキング お勧め音楽
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Iron Maiden 「The Loneliness Of The Long Distance Runner」

邦題「長距離ランナーの孤独」。
50年代のイギリス文学で「怒れる若者たち」の旗手と言われている
アラン・シリトーの小説をモチーフにこの曲は書かれたらしい。
以下ネットからの抜粋。

貧しい家庭で育ったスミスは、友人と共にパン屋に強盗に入ったところを捕まり、感化院に送られる。そこで足の速さを見込まれたスミスは、長距離ランナー選手として院を代表して走ることになり、
院長から厳しいトレーニングを受ける。

全英長距離クロスカントリーに参加したスミスは、
トップで独走していながら、競技場に戻ってきたところでスピードを落とし、
わざと後から来たランナーに追い抜かれる。
そういった形で、彼は権威に対し必死で抵抗してみせる。


今までメイデンはあまり歌詞を重視しないで聴いてきたけど、
こうして一曲を掘り下げてみると違った観点で聴けて面白い。

この曲はメイデンの特徴的な面が凝縮された曲であり、
メイデンの中で恐らく一番好きな曲である。
リズム、ボーカル、ギターソロ全てにおいてメイデン節が炸裂している。
ポップであり泣きの要素も併せ持つ中盤で聴かれるギターソロは素晴らしい。

メイデンは他の凡庸なメタルバンドとは違って、リズムパターンは多様だし、
ボーカルの表現力はずば抜けているし、ギターの構成力も素晴らしい。
基本的様式を確立したバンドだから駄目な人は駄目だろうが、
僕は一般人にも薦められる普遍的な音楽性を持ったメタルバンドだと思う。
今でも格好良く聴ける。

ツインリードのリフで押しまくる彼らのスタイルは時代を巡り巡って、
伝統的なメタルに近いメタルコアというジャンルのブームとして結実することになる。

しかしこのアルバムが当時叩かれてたって信じられない。
いい意味でメタルに対して保守的で真剣なリスナーが多かったんだろうな。

B000063DHLSomewhere in Time
Iron Maiden
WEA Int'l 2002-03-26

by G-Tools


Iron Maiden 「The Loneliness Of The Long Distance Runner」


テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。