スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bullet For My Valentine 「The Last Fight」

今日はバンドの練習がこれからあるんだけど、夜の9時から11時。
日本代表のオランダ戦と被っています。
この時間しかスタジオ取れなかったとのこと。きっとバンドマン達もワールドカップには興味あるんですね。

それはさておき、いよいよ明日から旅に出ます。
どんなことが起きるのか、とても楽しみ。

僕が行くSonisphere Festivalのタイムテーブルの最終版が出てました。

・Apollo Stage
Metallica 21:30 – 23:30
Slayer 18:30 – 19:30
Stone Sour 16:00 – 17:00

・Saturn Stage
Megadeth 20:00 – 21:00
Anthrax 17:00 – 18:00
Bullet For My Valentine 14:00 – 15:00
Suicidal Angels 12:15 – 13:15

2ステージ制で、Anthrax⇒Slayer⇒Megadeth⇒Metallicaの並びになっています。
並びとしてはかなり順当かなーって思います。しかし、凄い流れだ…。

勿論BIG4が僕の目当てなんだけど、Bullet For My Valentineのライブもかなり楽しみである。
実質的には一番手の扱いなのかなーって思っている。
ギリシャでどれだけ人気あるかは分からないけど、かなり盛り上がるんじゃないかっていう予感。


Bullet For My Valentineのニューアルバム『Fever』だけど、本作も素晴らしい出来だった。
彼らの強みはやっぱりメロディだと思う。本作でもポップで耳に残るメロディがふんだんに盛り込まれている。
メロディを引き立たせるコーラスも相変わらずの素晴らしさ。

決してボーカル力がある訳ではないんだけど、
デス声とのコントラストを付けることによって、結果的にその弱点を補っている感もある。
ギターソロのメロディも凄く耳に残るフレーズが多くて、参りましたって感じ。

このバンド、良くも悪くもバッキングやリズムなど、アレンジに難しいことをやらないので、
結果的にメロディがすんなりと耳に入ってくるのが強みなのかなという気がする。
普段メタル聴かない人でも、このバンドなら聴けるって人は多そう。エモっぽい感じも残ってるし。

とはいえ、3作目をリリースした彼らだけど、「進化」という観点では不満が残るのも確か。
『Fever』、はっきり言って捨て曲なしだと思うんだけど、もっと実験的なこともやってほしかった気がする。
新機軸を打ち出していかないと、音楽的創作って面ではそろそろ行き詰るような気がするんだよな…。

プロデューサーにDon Gilmoreを起用したのも、そんなアルバムの特色になっていると思う。
Linkin Park、Avril Lavigne、Hollywood Undead、The Veronicasなどを手がけた方で、
いわゆる「売れ線の」プロデュースが出来る方。

うろ覚えだけど、BUURNのインタビューで、ドンは楽器の録音にはあまり興味が無く、
ドラムなんて数日間で録音終わってしまって暇だったなんてことが書いてあったような。

メタル的な方向を追求すると、どうしてもリズムやアレンジが難解になる嫌いがある。
二律相反なのかは分からないけど、今回は『The Poison』から『Scream Aim Fire』に見られた
メタル的な方向への進化を一端留保し、広く一般層にもアピール出来るようなメロディを前面に出した、
そんなアルバムが『Fever』だったんだと思う。

個人的には『Fever』を名盤とは呼びたくないけど、素晴らしいアルバムなのは確か。
多くの方々の耳に触れることになって、爆発的なセールスを上げて、
メタルの世界を大いに盛り上げてもらいたいものです。

「Bittersweet Memories」から「Dignity」の流れが、僕はアルバムのハイライトだと思っています。
壮大な世界観を作り上げ、珠玉のメロディで歌い上げるバラード「Bittersweet Memories」、
『The Poison』の頃っぽいリフとアレンジで、疾走感がたまらない「Dignity」。

アルバムの後半にこういった山場を作れるバンドは、本物だと思います。

数年前に観たライブはいまいちだったけど、世界中を飛び回って経験を積んだ、
彼らの成長した姿に期待したいと思う。


B0038VPB5WFever
Bullet For My Valentine
Red Int / Red Ink 2010-04-27

by G-Tools



Bullet For My Valentine 「The Last Fight」 PV
最後のシーン、覆面を被って闘っていた相手が、実は自分自身だった…ってところが印象的です。
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Bullet For My Valentine 「The Poison」

Bullet For My Valentineの新譜が出るらしい。

Rockin'onでサマソニのインタビュー読むために本屋の音楽コーナー行くと、
マットがBURRNの表紙になっているのが目に入った。

昔だったら絶対表紙はSlashだったと思うし、
あの保守系メタル雑誌で、彼等が表紙になっているということを嬉しく思った。
メタルに限らず、健全な世代交代が進むのは、非常に良いことです。


BFMV、僕は彼等も敬愛するIron MaidenやMetallicaほど好きではない。
でもこのバンド、すごく期待している。

彼らはなぜかメジャーデビュー時から聴いていた。
きっかけはよく覚えていないけど、『The Poison』買って聴いて、
ようやくこんなバンドが出てきたかーと、ちょっとした感動があったのを覚えている。

基本的にはメタルなんだけど、ポップなメロディを持つサビが融合されていて、凄く聞きやすい。
爽やかなメタルではあるんだけど、80年代LAメタルほどコテコテさはなくて、絶妙なバランス。
スクリームを多用したボーカルやモッシュパートなんかが、いいアクセントになっている。

細分化されたメタルをまた一つの方向に束ねて、広く一般層に訴えることが出来る様な、
そんなポテンシャルを感じた。
要素要素をでは聴いたことがあっても、トータルとして、こんな音楽は聴いたことはなかった。

単なる回顧ではなく、過去というフィルターを通して、
現代的な音を鳴らしていたところに、彼らの新しさがあったと思う。

彼らは次世代を担うメタルバンドとして賞賛され、いきなり世界的にブレイクし、
次作『Scream Aim Fire』では全英5位、全米4位というセールスまで上げてしまった。
メタルバンドとしては快挙である、これ。

BURRNも期待をかける程、名実共にメタルの将来を担うバンドになった訳である。


とはいえ、彼らに対しては、デビュー直後に観たライブの印象が残ってしまっているのが残念なところ。

デビュー直後なので持ち曲も少なく、数十分のライブだった。
それは仕方ないからいいとして、何ていうかバンドとしての迫力に欠けているなーと思ってしまった。

別にテクニックがないのは構わないんだけど、それをカバーするような熱さが感じられなかったし、
ボーカルも頼りない感じで、いわゆるラウドな音を鳴らすバンドを観てるときに体感できるような、
そんな血の逆流感がなかった。

一言でいうなら、軽かった。
チューニング下げて、低音鳴らしていたけど、軽かった。

それは多分キャリアの浅さ故のものだったと思う。

でもそういった面は今後曲作りを重ねて、ライブの経験積みまくって、
彼らにしか出せない切実な音を作り上げていくことで払拭されていくと思ったし、
やっぱり曲はいいなと思ったので、今後も追いかけていこうとは思った。


その後、彼らは憧れの先人達である、Iron MaidenやMetallicaとツアー回ったり、
各地のフェス含め、世界的にライブを重ねているから、きっとステージのレベルは上がっているはず。

そんな彼等が「今」鳴らす音。
一体どんなものになっているのか、凄く楽しみである。

ちなみにネットに上がっていた新譜の曲は、これ。
かっこいいっす。これ以上はアルバムの楽しみに取っておこうと思う。
http://www.youtube.com/watch?v=Qz6IMjdthr4

次、日本来たらライブに行ってみたいと思っている。新譜とライブ、本当に楽しみ。


ちなみにサマソニでの来日は直前キャンセルだったみたいです。

関係ないけど、今年のサマソニのブッキング、相当苦戦してるみたいですね…。
このままだと今年は行かないかも。

スマパンにNAS、スラッシュ、そしてリチャード・アシュクロフト、観たいんだけどなー。
もう一押しに期待。


B000E0WJICThe Poison
Bullet for My Valentine
Zomba/Trustkill 2006-02-14

by G-Tools



Bullet For My Valentine 「The Poison」 LIVE
1stアルバムからの名曲。リフとギターソロがたまらなくかっこいい。
2本のギターが絡み合うツインリードのフレーズが特にかっこいい。
ボーカルと演奏がレベルアップすれば、きっと凄いバンドになると思います。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。