スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

the pillows 「Swanky Street」

帰りの電車の中で久々にピロウズを聴いてみたら、なんか今の心境に凄くハマった。

新しいバンドが続々とデビューして、かっこいい音楽をやるバンドもいっぱい出てきて、
自分より年下の若いバンドの音楽を聴く機会が増えてはいるけど、
やっぱり自分が高校くらいに聴いていたバンドが一番好きなのは、今でも変わっていない。

それってきっとどんな人でもそうなんじゃないかと思う。
自分の青春時代と同期する時代を駆け抜けてきた人達の音楽って、やっぱり特別だと思う。


「Swanky Street」は1996年の曲だから、約15年前の曲。
でも音楽的にも、歌詞も、全然古臭さを感じない。普遍的な何かが、きっとこの曲には宿ってる。

久々にこの曲聴いてみて、歌い出しの歌詞から、ハッとする自分がいた。

誰の記憶にも残らない程
鮮やかに消えてしまうのも悪くない
孤独を理解し始めてる
僕らにふさわしい道を選びたい

明らかにこの曲は「孤独」と「闘い」をテーマにしているんだけど、
この歌い出しのフレーズは、そんな心境をたったこれだけの言葉で語り尽くしている気がする。

「誰の記憶にも残らない程 鮮やかに消えてしまう」なんて実際にはありえないことなんだけど、
自分の人生は自分で選択する、周りの人間なんて気にはしないんだという決意を込めたフレーズに聴こえる。
例え無視されたっていい、顧みられなくたっていい、自分でふさわしい道を選べればそれでいいんだと。

何となく、セールス的には振るわなかった当時のバンドの状態を語っている言葉のような気がする。
このテーマは「ストレンジ カメレオン」にも繋がっている。
寧ろこっちから「Swanky Street」に繋がっているって言ったほうが正しいのかもしれないけど。

しかしながら、彼らは「僕ら」にふさわしい道を選びたい、と歌っている。
孤独ではあるけれど「僕」は決して一人ではない。一緒に進んでいく仲間がいるということ。
正にバンドのメンバー同士に向けたメッセージだと思う。

世間の中で上手くやれずに、もがき苦しんでいる人々にとって、
この四行の歌詞って、凄く心に触れるフレーズなんじゃないかって思う。
孤独ではあるけど決して自分は一人ではない。
こんな心境を自分の姿と重ね合わせることの出来る人って、決して少なくはないと思う。


この後にも、心に触れるフレーズが次から次へと溢れていくのがこの曲。

水溜まりに映る夕日は
オレンジで悲し気で少し暖かい
僕ら何も言わないけれど
同じ事を感じてるって知ってる

このフレーズも凄くいい。「悲し気で少し暖かい」は「僕ら」の心境とリンクしている。
「何も言わないけれど 同じ事を感じてる」なんて、凄くクサいフレーズなんだけど、
なんかここまでストレートに言われると、胸にじーんと湧いてくるものがある。


僕らは間違いながら 何度も傷ついたけど
信号が何色でも ブレーキなんて踏まない
壊れてもいいんだ

実際こんなに無鉄砲じゃいけないんだけど、こんなことを言わせるくらい、
当時の彼らって、音楽にきっと賭けるものがあったんだと思う。

「ブレーキなんて踏まない」
ここぞと決めたら、怖くても前に進まなくてはいけない。

自分も頑張らんといかん。ほんと全ての歌詞が共感出来る名曲だな…。


B00005F7NPPlease Mr.Lostman
山中さわお the pillows
キングレコード 1997-01-22

by G-Tools



the pillows 「Swanky Street」  
2009年の武道館ライブ。盛り上がりが凄い…。勿論演奏も熱い。ギターソロなんて最高です。
ピロウズって本当にCDもライブも素晴らしい、日本が誇るロックバンドだと思います。
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

the pillows 「1989」

ライブやら会社の飲み会やら結婚式やらテニスの試合やらで、
慌しく時間が過ぎていった。

最近本当に実感するのだが、身体は確実に衰えを見せている。
例えば、酒を飲めば、ほぼ確実に二日酔い。
あれだけ毎日のように行っていた飲み会は、今では連チャンがきつい。
オールの飲みも、かなり辛い。

でも多少身体がしんどくても、やりたいと思うこと、楽しいと思うことは、
やっぱりやりたいものである。
というより、面白いと思う人達とずっとつるんでいたい。


先日、あるイベントにてピロウズのライブを観た。
そのライブにて、バンドが結成された1989年当時のことを思い出して作った
新曲を演るというMCに続いて、「1989」が演奏された。

これが凄く良かった。
思わず目頭が熱くなるような感覚に陥ってしまった。

ピロウズには彼らの曲が思うように世間に届かないことに苦しんだ時期があり、
後追いではありながらも、そういった歴史を知ってこの曲に向き合うと、
何とも言いがたい熱い思いが湧いてくる。

僕にとってのピロウズの魅力は、さわおの歌と歌詞、
2本のギターを時に激しく、時にメロディアスに、絡ませたギターのアレンジである。

この曲はそんな僕の好きな要素が十二分に詰まった名曲である。
感情を抑えて想いを淡々と吐き出していく序盤と、中間部のギターソロ、
そして最後にさわおのシャウトが炸裂するこの曲構成も素晴らしい。

この曲をあの空間で聴き、感じることが出来たことを幸せに思う。
そして自分にとっての「1989」をもう一度思い返してみたい。

一発で、しかもライブにて、こんなに心を掴まれた曲は久しぶりだ…。


舟を漕いで濡れながら 僕はやっと街に来た
今になって濡れながら 僕はやっとここに来た
Please catch this my song


B00249LRZWRock stock & too smoking the pillows【初回生産限定】(DVD付)
the pillows
エイベックス・エンタテインメント 2009-06-03

by G-Tools



the pillows 「1989」 このアニメのPVも凄く良いです。
ちなみにこの曲は6/3発売のベスト盤に新曲として収録されるようです。



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

the pillows 「LITTLE BUSTERS」

Green Dayのライブには行けないんだけど、その日に別のライブに行ける事になった。

the pillows/THE BACK HORN/lego dig morl

神様も粋なことしてくれるもんだ。

都合の良いときにこそ人は神の存在を心に描くものである、なんてことはまー良くて、
明日は精一杯、彼らの音のエネルギーを感じてきたい。楽しみ。


ピロウズ。
昔から名前は色んなところで挙がっていたけど、まともに聴いたことはなかった。
高校時代に「ミュージック・スクエア」でよくかかっていたんだけど、
当時の僕にとっては、そこまで興味を持つことが出来なかった。

彼らを好きになるにはまだ色々な経験が足りなかったのだ。

そして昨年。
本当にたまたま「ストレンジ カメレオン」を聴いて、彼らにハマり始めた。

更に『Please Mr. Lostman』 『LITTLE BUSTERS』 『RUNNERS HIGH』を続けざまに聴いて、
こんないいバンドを俺は今までスルーしていたのか…、と後悔の念。
毎年ライジングサンには行ってたのに、彼らをスルーしていたのだ、僕は。

といっても、まだピロウズはいいなーってことしか、僕は言葉を持たない。
でも歌詞が好き、音も好き。あとはライブ。
明日の帰りにはきっと彼らに心を掴まれているんだろーな。

信念を貫いて音楽をやり通している人達。
そんなミュージシャンが僕は好きである。彼らもそうなんだろうなと今のところ思っている。

With the kids sing out the future
Maybe kids don't need the masters
Just waiting for the little Busters


B00005F7OZLITTLE BUSTERS
山中さわお
キングレコード 1998-02-21

by G-Tools



the pillows 「LITTLE BUSTERS」



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

the pillows 「インスタント ミュージック」

人を動かすのは情熱と論理であり、
組織の変革に必要なのは双方を持ち合わせたリーダーの存在が必要である。

表面的な論理により形成された型を単に与えても組織は変わらないし、
情熱が先立っても具体的な行動指針が無ければ人は動きようが無い。
パトスとロゴスは相反するのではなく、両輪として機能する。

経営者は情熱と論理を従業員に対して示す必要がある。
この2つの両輪が噛み合い機能する会社は恐らく強い企業であるが、
最近の企業は論理が先立って動いている気がしてならない。

大不況の最中、様々な企業は人件費、設備投資の削減による固定費の削減を試みている。
企業である故、それ自体を問題視するつもりは無いが、
では何故経費の削減をしてまで利益を創出することが必要なのか、
従業員に情熱を持って語りかけている企業はあるのだろうか。

会社は株主のためか、顧客のためか、従業員のためか。
会社が存在する社会的意義とは何か、義務とは何か、
国に多くの税金を納めることか、雇用の機会を設けることか、社会に新たな価値を生むことか。

これらの問いは時代によって移り変わる答えの無い問いであり、
個々の企業においてどこに重み付けするか、そこに企業の特色は現れる。

経営者は今だからこそ会社とは何かを語るべきだと思う。
不況による企業の対応はどこも右へ倣えの感が否めない。
そこに理念はあるのだろうかと。


そんなことを考えていたらピロウズの 「インスタント ミュージック」が聴きたくなった。
こんな歌詞をシングルにしたピロウズは凄いなあ。音楽業界に対する挑戦。

インスタントミュージック世界中に溢れ
子供達は溺れてる
ダイエットミュージックほら夢中になって
くたばっちまえよ


B00005F7PWRUNNERS HIGH
the pillows 山中さわお
キングレコード 1999-01-22

by G-Tools


the pillows 「インスタント ミュージック」


テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。