スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KISS 「I Love It Loud」

ここ最近、突発的にプロレス熱が上がっているので、
プロレスと音楽の関係について書きたいと思います。
多分、100人に1人くらいには理解してもらえると思います。

プロレスの魅力の一つは試合前のレスラーの入場にあると思う。
入場曲と登場の仕方、がレスラーの個性を形成していて、試合前の緊張感を高めていく。
例えそれが「ショー」であろうとも、かっこ良ければそれで良いのである。

そこで思い出の入場シーンをいくつか。

まずはテリー・ゴディ、スティーブ・ウィリアムスの殺人魚雷コンビ。
この二人はとにかくヤバそうな雰囲気を醸し出しながら、走って入場してくるところが良かった。
早く試合をさせてくれ、叩きのめしてやるぜーなんてギミックといったところか。

1992年鶴田、田上組との世界タッグ戦での入場。殺人魚雷コンビの入場は1:55くらいから。
相変わらずヤバい雰囲気での入場。当時のゴディのパワーボムの落とし方は実際にヤバかった。
http://youtu.be/wBjKURJZlJQ

ちなみに入場曲はKISSの「I Love It Loud」。
この曲、ノーペイント時代の曲だと思っていたけど、僕の勘違いだったみたい。
ミドルテンポのへヴィな演奏とコーラスがたまりません。これが1982年のKISS。
へヴィメタルブームに対するKISSからの返答といった感じで、凄くハマっている。

KISSって色モノバンドではあるけど、音楽的な柔軟さとセンスは素晴らしいと思う。
難しいこと一切やっていないのに、あれだけ癖になる曲を作れるんだから凄いなー。

KISS 「I Love It Loud」


B000001ELRCreatures of the Night
Kiss
Island / Mercury 1997-10-07

by G-Tools



続いても外人モノ。スタン・ハンセン。彼のテーマ曲も凄くキャラクターとマッチしていた。
唐突に始まる例の不穏なベースフレーズ。その上に切迫感のあるキーボードのフレーズが被さってくる。

この曲に乗ってロープを振り回したハンセンが走って入場してくる。
普通に客に対してロープをぶち当てている。昔、客にボディスラムかましたこともあった気が。
彼の入場のコンセプトは「怖さ」だと思う。とにかく怖い。
不穏なフレーズがハンセンの怖さをうまく引き立てている。

1991年鶴田との三冠戦。ハンセンの入場は1:25くらいから。
この二人の試合は、どの試合もとにかくど迫力だった。
http://youtu.be/zzfch1K4wz4

昔の全日のエースといえば、やっぱり三沢。僕が小中学校の頃、三沢の人気はとんでもなく高かった。
とにかくかっこ良かったもん。強いし、華があるし。一生懸命さが伝わるし。

僕の思い出の試合は、これ。1991年、鶴田VS三沢の三冠戦。
三沢と鶴田に対する歓声が凄まじい。
特に三沢のテーマ曲はコールしやすいこともあって、どの会場でも大合唱だったように記憶している。
http://youtu.be/sRM6LZIzZMs

前年に切り返しではあったけど、三沢は初めて鶴田にシングルで勝って以来、
鶴田と同格のポジションへと上り詰めていった。
特にエルボーの威力は素人から見ても明らかに凄まじく、
身体は小さくても、いつ鶴田から完全なピンフォールを奪ってもおかしくない、くらいの状況だった。

この試合でも、三沢が悲願の三冠奪取というストーリーを多くの人が期待していたと思う。
しかし、結果は伝説のバックドロップ三連発での鶴田の勝利。力の差を見せ付ける完全KO劇だった。

この二人がもう故人だなんて…。
三沢が亡くなったとき、しばらく僕は信じられなかったことを思い出す。


続いては新日ということで、1991年G1クライマックス決勝での蝶野と武藤の入場。
確か当日、決勝進出者決定戦で蝶野と橋本が対戦していたはず。
若くして既にトップレスラーの雰囲気を、二人とも出している。当時の二人のテーマ曲も良かった。
http://youtu.be/LJphTDVG1pY

この試合もリアルタイムで見ていた。
蝶野の勝利はかなりの驚きで、しかもパワーボムという驚きの結末。
一気に世代交代を印象付ける、素晴らしい企画だったと思う。
これ以来、闘魂三銃士が名実共に新日のエースとなっていった訳だし。

時を経て、2000年の武藤と蝶野の入場。NWOとTeam2000の抗争というギミックでした。
http://youtu.be/-hcHOOwdI7Y

すっかりトップレスラーとしての貫禄がついた二人。
入場時のかっこ良さについて言えば、
この二人以上のレスラーはもう日本から出てこないんじゃないかと思ったりもする。

ちなみに蝶野のテーマ曲はあのロイヤル・ハントであるのは有名な話。
この曲のライブ映像を見ていると、Children of Bodomの原型はRoyal Huntにあるなと思ったり。
蝶野がこの曲にテーマ曲を変えてから、彼の快進撃が始まったと思う。
蝶野のテーマ曲って、一般人も知ってるもんなー。凄いよ。

Royal Hunt 「Martial Arts」1996年のライブ。



続いては、プロレスの流れを汲んだ格闘技団体、リングスでの入場を。

1999年、前田日明引退試合の相手は何とアレキサンダー・カレリン!ということで、
相当にびびったのを思い出す。前田VSカレリンのテレビにかじりついて見ていた。

何とカレリンの入場曲はOzzy Osbourneの「Perry Mason」。
僕はこの曲好きだったので、入場から驚きだった。
あの荘厳なキーボードのイントロからして、カレリンの強さを引き立てているような。
http://youtu.be/3XP53NIlfXI

そして前田の入場はいつもの通り「キャプチュード」。
この曲も名曲だと思う。引退試合だけあって、前田へのコールが凄まじい。
http://youtu.be/Fhbf3byDy4Y

カレリンって当時オリンピック3連覇、世界選手権9連覇という、
人類最強といわれるのも納得の化け物。
こんな人がよく日本で、しかも格闘技の試合に出てくれたなーって思う。

当時は商業化された格闘技イベントって多くなかったから出来たこと。
僕は一番夢のあった試合が、前田VSカレリンだったと思っている。

続いては2000年、ヘンゾ・グレイシーVS田村潔司での入場シーン。
http://youtu.be/exQKX45hTH8

当時、グレイシーファミリーに日本のプロレスラーは連戦連敗。
ヒクソンに安生は道場破りの末に敗れ、高田も負けていた。高田は更にホイスにも負けている。
そしてリングスに登場したヘンゾ・グレイシー。
当然のように秒殺ショーの末にトーナメントを勝ち上がる。

リングス最後の砦として、そしてUWF最後の砦として、
彼が背負ったものは非常に大きかった。その決意を示したのが、入場テーマの変更だった。
自身のテーマではなく「UWFのテーマ」での入場。

この試合もリアルタイムで見ていたけど、もう興奮しまくっていた。
会場の爆発っぷりが今見ても凄いけど、無理もない。
入場でのサプライズで、僕はこの試合以上のものは無かったと思っている。

実際この試合で彼は判定ながら勝利し、彼はヒーローとなった。
あの時代の田村、ほんとかっこ良かったよなー。


長々と書いてきたけど、最後にやっぱりハヤブサの入場を…。
ハヤブサの入場は1:10くらいから。
http://youtu.be/7L3J_9eVXbM

天才レスラーは悲劇のレスラーへと…。今尚半身不随は完治していないみたい。
団体を背負って頑張りすぎた結果としてのリング上での事故。
あれだけの才能が失われたのは、当時本当に悲しかった。

ハヤブサの入場テーマ曲は、二本のギターのメロディが空を飛び交うというか、
凄く飛翔感のある、それでいて荘厳な、彼のイメージにぴったりの名曲だったと思う。
たぶん彼以上に華のあるレスラーってもう出てこないんじゃないかと思ったり。


本当はもっと簡単に終わらせるつもりだったけど、凄く長々と書いてきてしまった。
それだけ昔のプロレスは面白かったということ。夢に溢れていた。
総合格闘技に侵食されてしまった現在、今は今の面白さはあるのかもしれないけど、
あの当時の盛り上がりは、きっともうやってこないんだと思う。

昔の方が良かった。
最近よく感じるけど、僕も最早旧世代の人間になってしまったようだ。
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

KISS 「Beth」

12年前の今頃、僕は受験生だった。
ちょうど冬季オリンピックをやっていた。あの長野オリンピックのとき。

受験生になると学校が休みになる。
高校の連中と議論になったところではあったんだけど、僕は極力オリンピック見てた。
もう受験直前にあがいても仕方ないしって思って。
一方で精神的な緊張状態をキープするために、誘惑を絶つべきってのも真実なんだけど。

今振り返ると、当時から合理的であることを第一義に置いてたんだなって思う。
だいぶその要素は今の僕から薄れてはいるけど、未だに変わっていない。嫌な性格だ。

しかし、当時受験生で本当に良かったって思う。
はっきり言ってあのオリンピック、個人的には伝説だった。
たぶんあれ以上の印象を僕に残すオリンピックはないだろうな。

なんといっても印象に残っているのが、ジャンプの団体戦。
スポーツの試合という括りで見ても、これほどの感動と興奮は他に無かった気がする。


4年前のリレハンメルのとき、僕はテレビで原田の失敗ジャンプを見ていた。
原田は失敗したけど、笑っていた。それが少年の心に奇妙な印象を残した。
次の日の学校ではそのことが話題になった。失敗したくせに笑ってるなんてふざけてるって。
子供に限らず、多くの大人達も総じて同じ意見だった気がする。

そして4年後。ノーマルヒル、ラージヒルと個人戦で日本はメダルを取っていたけど、
僕の中でも、世間的にも、団体戦で金メダルを取れるのかってのが最大の関心事だったように思う。
メンバーの総合力では勝って当たり前という布陣だったので、
あとは精神的な領域が結果を左右するであろうことは、事前に言われていた。

1回目のジャンプ、原田はまるでデジャブの如く、ジャンプを失敗した。
あの悪天候の中、失敗といえるのかという議論はあるだろうけど、
他選手の結果を比較するに、やっぱり失敗だった。

しかし2回目での日本の追い上げは凄かった。
岡部、斎藤と大ジャンプの連続で日本は順位を上げ、いよいよ原田の2回目のジャンプ。

あのジャンプはシビれた。
異常な角度で高く飛び出して、どこまで行くのって感じで飛んでいった。
殆ど平らなところで転倒せずに着地。

後ほど原田は複雑骨折してもいいくらいの気持ちで飛んだって言ってたけど、
それくらいの気持ちが伝わるようなジャンプだった。感動と興奮で胸がいっぱいになった。

最後の船木のジャンプ。無理しなくても普通に飛べば金メダルという状況。
相当な重圧があっただろうけど、第一人者の実力を見せ付けた、芸術的なジャンプだった。
アナウンサーの「綺麗な飛形できた」って言葉は今でも印象に残っている。


オリンピックに出ている選手達って、はっきり言って、他人。
「他人」ではあるんだけど、その大会に懸ける想いや情熱、背景にある努力と歴史を感じることによって、
他人が応援したい対象になっていくのを感じた。自分のこと、友達のことのように嬉しいと思った。

競技後のインタビューには泣きじゃくる原田がいた。
テレビでは決して表には出さなかった、素の彼がいた。
ひょうひょうとしているように見えたけど、4年間の重圧ってのは、僕なんかが全く想像できないほど、
暗く、重く、憂鬱なものだったんだと思った。

あの映像を見て、僕は人間の中にある歴史というものをより意識するようになった。

僕以外の人間は他人。そして他人が僕に見せてくれるのは、ほんの一側面の表情なんだって。
人間の歴史ってのは、僕が想像するのより、何十倍、何百倍も大きいものなんだって、意識するようになった。
表面的な印象で人間の価値を決めてはいけない。当たり前のことを、当たり前にできるようになりたいって思った。


たまたまその日は親も仕事が休みだったのか、このジャンプ団体戦は、最初から最後まで一緒に見てた。
お互い感動を伝え合うのが照れ臭かったのか、歓喜に沸く画面を、ただ無言で見つめていたのを思い出す。

ひょっとしたら僕は、大学に受かったら、あと1ヵ月後には家を出るんだなってことを意識してたのかも。


とにかく長野オリンピックは良かった。
僕は全くトリノオリンピックは見てないし、オリンピックというものに対して、興味もだいぶ薄れてきたけど、
アスリート達が目指すべき最高峰の場所として、在り続けてほしいというのが希望である。

絶対に、単なる金儲けの手段に陥らせてはいけない。
感動を与える、と書くと陳腐な表現になるけど、実際僕はそういう体験をしたので、
そういう体験をする可能性がある人がいるなら、オリンピックは続いて欲しいと思う。


ジャンプ団体戦のダイジェスト動画
http://www.youtube.com/watch?v=vQn1qQUhXlo&feature=related

競技後のインタビュー
会場の雰囲気が異常です。あの場にいた人たちは一生モノの体験になったのではないでしょうか…。
http://www.youtube.com/watch?v=XnxKC61Cy-g&feature=related


受験のため、僕は北海道に降り立った。
雪舞い踊る北の地は文字通りに別世界で、僕はこれから別世界で生きていくんだという決意を抱かせた。

札幌には親戚がいたので家に泊めてもらって、当日も会場まで送ってもらった。
その車の中のラジオから流れてきたのは、KISSの「Beth」だった。
高校の頃、僕はKISSが好きだった。曲も簡単だったので、ギターでコピーしていた。

僕はこの曲を初めとして、色々な音楽を聴きながら、受験勉強をしていた。
単なる偶然ではあるんだけど、ラジオから流れる「Beth」を聴きながら、
今まで自分がやってきたことが、間違いじゃなかったんだって気がした。


「Beth」を聴くと、そんな昔のことを思い出す。

そして僕はめでたく大学に入り、いろいろあって、今に至る。
その間には、テレビに現れるようなかっこいいドラマがあるわけではないけど、僕なりの歴史がある。


B000001FBWDouble Platinum
Kiss
Polygram Records 1990-10-25

by G-Tools



KISS 「Beth」音のみ



KISS 「Beth」オーケストラをバックにしたライブ。みんなKISSメイクしてて、違和感ありまくりで、いいです。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。