スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Korn 「Daddy」

音楽を聴いていて、衝撃的な出会いというものがある。

kornというバンドは高校の頃、ラジオで彼らの曲を聴いたことがあったけど、
当時の僕にとって、特に感じるものはなかった。
有島博志っていう、僕が好きじゃない音楽評論家が薦めていたこともあって。

でも時が経って、大学院生になって、たまたまラジオで「Here to Stay」を聴いて、かっこいいなと思って、
『Untouchables』をレンタルして聴いてみたら、いいなと思った。
そんである日、彼らのファースト『Korn』を購入し、誰もいなくなった夜中の研究室で聴いていた。

「Blind」から音の濃密さとジョナサンのボーカルに衝撃の連続だったけど、
ラストの「Daddy」には、いたたまれない気分になった。

こんなものを聴いていいのか、そんな罪悪感を感じた。

誰もいない夜中の研究室の風景は、ただ淡々といつも通りの風景を示していたのに。
窓から見える空は、とにかく真っ暗だった。


音楽という言葉、素直に読めば、音を楽しむということだけど、この曲は全く間逆である。

あるのはジョナサンの悲痛な叫び。
そして彼を突き放すように、感情を押し殺したかのように淡々と進む演奏。
途中でジョナサンは泣き崩れ、悲痛としかいいようのない、言葉にならない心の叫びを上げる。

そこまでしても、彼は歌わなければならなかった。
歌いたい、ではなくて、歌わなければならない。そんな歌であることを感じる。
歌うことによって、心が浄化される可能性を求めるような、そんな情念を感じる。

今ですらこの曲を聴くときには、見てはいけないもの、触ってはいけないもの、
そんなものを取り扱うような気分で、この曲を聴く。

Kornはアルバムごとに音楽性が変わっていったバンドだけど、
とてもじゃないけど昔のような音楽に戻ってほしいなんて、口が裂けてもいえない。
あの当時のあの音は、音楽をやることが救いであったかのような、悶え苦しむジョナサンがあってのものだから。

人を憎むということの悲痛。
彼の叫びを聴いていると、明らかにいつもと違う自分にはない感情が沸き起こってくることを感じる。


「Daddy」は歌詞だけを読んでいると、父親にレイプされた体験を歌っているように思えるけど、
実際には少年期、彼は両親とは別の人間に虐待を受けており、
そのことについて両親に話したけど、全く取り合ってくれない体験を歌ったものとのこと。

比較的幸せに育ってきた人間には、理解することができない悲痛。
だからこそ、この曲は興味本位では聴いてはいけないんじゃないか、そう思うのである。

ちなみに「Daddy」はライブで全く演奏されないというのは有名な話。
過去にやったことがあるらしいけど、
途中でジョナサンがフラッシュバック起こして歌えなくなってしまったらしい。

それ以来、スタジオで収録されたあの演奏を再現することなんて不可能だと考え、
この曲は封印されたようである。


この曲を人に薦めるようにブログで書いていいのかって思っていたんだけど、
今日はいい機会かもしれないと思って、書く。
Kornの音楽面に関しては、また近いうちに書きたい。

ボーカルのジョナサンの人となりに関してはここで詳しく書かれているので、
参照していただけると、よりKornの音楽の尋常じゃない情念の一端に触れられるような気がします。
http://kornjapan.com/v3/band/jonathan.shtml
http://kornjapan.com/v3/skrap/quotesjon.shtml


Daddy
父よ

Mother, please forgive me. I just had to get out all my pain and suffering.
Now that I am done, remember I will always love you; I'm your son.

母よ、俺を許してくれ。俺は痛みと苦しみを今ここでぶちまけてしまうんだ。
そして、やっちまった。でも覚えていてくれ、俺はいつでも貴方を愛しているよ。俺は貴方の息子だ。

Little child looking so pretty
come out and play, I'll be your Daddy
Innocent child looking so sweet
I rape in my eyes and on your flesh I'll eat

とても可愛らしい小さな子
外へ出て遊んでいる、俺はお前の父親になるんだ
とても可愛らしい無垢な子
俺は目で犯す、新鮮なうちに食べてしまうんだ

You raped, I feel dirty
It hurt as a child
Tied down, "That's a good boy."
And fuck your own child

お前はレイプした、俺は汚らわしく感じた
子供に傷を負わせたんだ
縛りつけ、こう言った。いい子だねって
そして自分の子供をレイプしたんだ

I scream, no-one hears me
It hurt, I'm not a liar
My God, I saw you watchin'
Mommy, why? Your own child

俺は叫び声を上げる、でも誰も聞いてはくれない
傷つく、俺は嘘つきなんかじゃない
神よ、貴方は見ていてくれたよな
母よ、なんでだ。貴方の子なんだぜ…

Little child, looking so pretty,
come out and play, I'll be your Daddy

とても可愛らしい小さな子
外へ出て遊んでいる、俺はお前の父親になるんだ

You raped, I feel dirty
It hurt as a child
Tied down, "That's a good boy."
And fuck your own child

お前はレイプした、俺は汚らわしく感じた
子供に傷を負わせた
縛りつけ、こう言った。いい子だねって
そして自分の子供をレイプしたんだ

I scream, no-one hears me
It hurt, I'm not a liar
My God, I saw you watchin'
Mommy, why?

俺は叫び声を上げる、でも誰も聞いてはくれない
傷つく、俺は嘘つきなんかじゃない
神よ、俺は貴方を見ていてくれたよな
母よ、なんでだ…

It's alright
それでいいんだ

"I didn't touch you there."
Mommy said she didn't care.
「そこではあなたのことには関与しなかったわ」
母は気に留めなかったと言った

"I didn't touch you there."
That's why Mommy stopped and stared.
「そこではあなたのことには関与しなかったわ」
立ち止まり、じろじろと見ていただけなのは、それが理由さ

Motherfucker
Fuck!!
Fucking bitch
I fucking hate you
Bitch
You fucking ruin my life
You fucked...
I hate you

I fucking hate you
Fuck you...


B000002AUUKorn
Korn
Virgin 1994-10-13

by G-Tools



Korn 「Daddy」 音のみ
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。