スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・クロマニヨンズ「エイトビート」

つい先日にブルーハーツのことについて書いたけど、次はクロマニヨンズ。
もう20年以上も最前線でバンドをやっているヒロト&マーシーだけど、
今でもこんな凄い曲を簡単なように作ってしまう。
音楽に愛された人たちってきっといるんだろう。

心の琴線に触れる曲。
この曲の歌詞はヒロトらしさが良く出ていると思う。

ただ生きる 生きてやる
呼吸をとめてなるものか
エイトビート エイトビート

こんな簡単な言葉の羅列がとてつもなく壮大なスケールの意味を持つなんて。深い。
気分が落ち込んでいるときにはこのフレーズが頭に浮かぶときがある。
呼吸をとめてなるものか。

クロマニヨンズはベースもドラムも凄く上手いし、かっこいい。
マーシーのギターはもう何回も過去に使い古しているパターンのバッキングだけど、
彼だからこそ許してしまえるカッティング。
マーシーの鳴らすカッティングは特徴的で気持ちがいい。ジャカジャーンと。

『FIRE AGE』は1stや2ndよりも色々なリズムパターンがあるし、聴いてて飽きない。
「スピードとナイフ」なんて軽快なテンポの名曲。
クラッシュがアルバムを出す度に音楽的な要素を広げていったときのようなんだけど、
彼らは恐らく確信犯的にやってるんだろう。

次のアルバムが楽しみである。
そして今年も彼らを1度は観ることになるだろう。
今年観たら9年連続か。すげー。


B001D4C72QFIRE AGE (通常盤)
真島昌利 甲本ヒロト
BMG JAPAN Inc.(BMG)(M) 2008-10-15

by G-Tools


ザ・クロマニヨンズ「エイトビート」


スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。