スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sex Pistols 「Seventeen」

先週は成人式、今週はセンター試験。
自分が当事者だった頃を思い出す。特に成人式のことは今でも比較的鮮明に覚えている。

僕の成人式は、大学を休学しているときに行われた。
大学に行かなくなって単位足りなくなって留年したので、半年休学していたのである。
相変わらずの放蕩生活の一方で、生活費を日雇いバイトで稼いでつなぐ生活をしていた。
金無くなったらバイトする、みたいな。

この半年での出会いと経験は僕にとって最も重要だった時期だったんだけど、
世間的に見れば僕の生活は、身分のないプー太郎、親不孝者の生活。実際、人間的にも子供だった。


そんな僕も成人式に出席したくて地元に帰る。

当日、友人と待ち合わせしてダラダラして、会場に着くともう式はほぼ終わっていた。
ここら辺がまず子供。誰も式の開始時間気にしていない。

しかも僕は私服で会場に行っていた。どんな格好してようが誰にも迷惑かけねーだろって。
誰が僕の格好を見てどう思おうが知ったこっちゃねーって。
本来「式」というものはそんなものではないんだけど、あの当時、僕は本当にそう思っていた。恥ずかしい。

そして式が終わって、スーツや振袖姿の同級生と再開し、ワイワイ騒ぐ。
昼間から酒飲んで、夜も酒飲んで騒いで、気付いたら朝方、実家の近くで吐いていた。
携帯には番号交換したであろうけど、誰のか分からない着信履歴が多数。

僕の成人式は、こんなだった。
とても大人になったとはいえない、そんな一日だった。成人失格である。


とはいえ、成人して何が変わるかといえば、何も変わる訳ではなかった。
成人したとしても、自分が背負うべきものに変化があるとは、どうしても思えなかった。
少なくとも日々の生活の中では。「何」を背負うべきなのか、答えがなかった。

本来「成人」に到達しているか否かには個人差があって、年齢で区切るべきものではない気がする。
成人式に出て同級生と話していて、高校出て既に仕事している連中と話をしていて、
学生である自分とは大きなギャップがあることに気付いた。
彼らは大人、僕は子供。それが僕の感想だった。

社会の一員として労働するという行為が、ここまで人に差を与えるのか、と思った。
彼らは18歳にして成人していたのであろうと思えたし、僕は社会に出るまで成人であるとはいえないと思った。

成人としての自覚は全く無かったけど、友人達と僕の差を実感したことは、
学生の本分である「学ぶ」という行為に対して自覚的になる動機付けになったことは間違いないと思う。

大人になる、という自覚付けにはならなかった僕の成人式だけど、
振り返ってみれば、大きなきっかけにはなっているのかもしれない。そんな20歳の冬の出来事。


なんかその頃とリンクする部分があったので、Sex Pistolsの「Seventeen」を訳してみた。
主人公は17歳の若造のくせに29歳を馬鹿にしています。この歌詞の17歳、ろくでもありません。
でも昔の自分も「lazy sod」であったことは、間違いありません…。
こんな気持ちを持ちながらも、いつの間にか、人は大人になっていくのであります。

日和見主義といわれるかもしれませんが、パンクスも社会の一員なのであります。
達観して社会に参加することをやめるよりも、社会の中であがく人間の方がパンクスなんだと思います。


Seventeen
17歳

You're only twenty-nine
Got a lot to learn
But when your mummy dies
She will not return

お前はたったの29歳
まだまだ勉強することが山ほどあるね
でもママが死んでしまったら
もうずっと会えないんだよ

Oh, we like noise it's our choice
It's what we wanna do
We don't care about long hair
I don't wear flares

俺達は喧騒が好きなんだ
それが俺達のやり方、俺達がやりたいこと
長髪だろうが気にやしない
ベルボトムは履かねーけどな

See my face, not a trace
No reality
I don't work, I just speed
That's all I need

俺の顔を見ろよ、足跡じゃなくて
俺には実態がないんだ
俺は働く気はないし、ただブッ飛びたいだけなんだ
それが俺に必要なこと全てさ

I'm a lazy sod
I'm so lazy
I can't even be bothered

俺は怠惰で最低な奴
俺はとんでもなく怠惰な男
それすらも面倒臭せーんだ


B00000G6PJNever Mind the Bollocks Here's the Sex Pistols
The Sex Pistols
Virgin 2009-12-24

by G-Tools



Sex Pistols 「Seventeen」 LIVE。かっこいいわ…。


Sex Pistols 「Seventeen」 音のみ
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。