スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mika 「My Interpretation」

先月、MIKAのアルバムを買った。

といっても今年話題になったセカンドではなく、ファースト。
ブックオフにて250円で売っていたので、迷うことなく買う。
多くの方々が薦めてくれていらっしゃるので、聴いてみようと。

そして、あっという間に、CDとiPodの再生は恐らく30回を超えている。
たぶん1日平均1回ペース。繰り返し聴くこともある。

ハマってしまった。このアルバムの中毒性は、凄い。朝の通勤は6割7割、これ。
珠玉って言葉があるけど、この言葉、このアルバムにぴったりの言葉だと思う。


隙がない。全ての曲が緻密にアレンジされている。
ポップ職人と称されることもあるみたいだけど、確かに職人。

ミーカみたいなポップスは普段あまり聴かないからよく分からないけど、
この人の場合は、とにかく王道。
ビートルズ直系のポップ職人と呼ばれる方々とは違って、
ヒネったコードも進行も、転調もないし、劇的な曲展開もない。

こういう風に展開してくれたら気持ちいいだろうな、って思ってたら、
期待通りに音を置いてきてくれるような感じ。
人の快感のツボをしっかりと認識していて、その秘孔をしっかりと突いてくる。
もう聴いているうちに、やられます。参りましたって感じ。

「Relax, Take It Easy」のように現代風のアレンジの曲もあるけど、
ミーカのファーストには、これ70年代、80年代の曲だって言われても納得するかのような、
そんな曲が並んでいる。

言葉では形容しがたい、美しいメロディと綺麗な高音コーラス。
ピアノを中心としたキーボードワークや、ストリングス、管楽器のアレンジ。
僕が連想したのは、カーペンターズとかジャクソン5とかそこらへんだった。

でも、不思議と古臭さは全く感じない。
なんでなんだろうと思ってずっと聴いてたんだけど、
よく巷で言われるように、音がカラフルで瑞々しいからだと思った。

『Life In Cartoon Motion』の音は、どの楽器も生き生きと響いている。
色んな音が鳴ってるけど、そのどれもがクリアに、呼吸をしているかのように、聴こえる。
これは録音の力だと思う。エンジニアの人がこのアルバムに大きく寄与してるんじゃないかと思った。

あとは何といっても、ミーカのボーカル。圧巻。
色んなボーカルは聴いてきたつもりだけど、これは個性的。
中音域はフレディマーキュリー、高音域はどことなくプリンスを彷彿とさせるけど、
完全にオリジナルな域に達している。

この人の場合、歌唱法でいったら癖の強い、アクのあるボーカルになりそうなもんだけど、
とにかく爽やか。声は妙に若々しいし。

ミーカの場合、曲がとにかく素晴らしいけど、その素晴らしい曲も彼のボーカルあってこそ。
稀代のシンガーソングライターだと思います。絶賛です。
2010年代は彼の時代になってもおかしくはない位のポテンシャルがあると思います。

Wikipediaで簡単に彼の経歴調べてみたけど、
育ちは決してポップではないところが、また考えさせられるところである。
あの珠玉のメロディは、様々な体験の末に生み出されたものだんだな…、って。


『Life In Cartoon Motion』は全部の曲がお気に入りになりつつあるんだけど、
今のところ一番気に入っているは、「My Interpretation」。
とにかく王道です。秘孔を突かれまくりです。完璧な曲だと思う。

曲展開がたまりません。ピアノとギターで静かに始まり、歌が入って、
途中からドラムとベース、そして綺麗なコーラスが入って、サビに突入。
サビのコーラス、女ボーカル入れてると思ってたら、全部ミーカなんですね。唖然。
一気に盛り上がる。このサビのメロディ、最高。

そして2番が終わって、局面は展開。起承転結の「転」に入ります。
ここも最高。そして一気にクライマックスへ…。
最後のサビに乗せて奏でられるギターがたまりません…。
何でこんな素晴らしい曲が書けるんだろう…。恐ろしい。

思わず一緒に歌いたくなってしまう、言葉通り「珠玉」の名曲。
どことなくすねたような歌詞も魅力的。
老若男女、誰にも薦められるほんとにいい曲です。


ちなみにセカンドは、まだ買ってません…。
もっとファーストをめちゃめちゃに堪能して、し尽くしたら買おうと思います。

あと、ミーカを聴くのが遅すぎて、ライブに行けなかったのが悔やまれます。
気付いたときにはソールドアウト。彼の人気考えれば当たり前なんだけど。

ただ、スマッシュが一日限りで呼んでいるのが匂います。
これは来年のフジロックに来るフラグではないでしょうか。
もう私、既に妄想してます。

青空の下、緑に囲まれてミーカのライブ観れたら…、最高だろうな。


気持ち悪いくらいに熱い文章をお送りしました。
30過ぎてミーカにハマるのも、どうなんだろって思ったりもするんだけど…。


B000NA2776Life in Cartoon Motion
Mika
Universal 2007-03-27

by G-Tools



Mika 「My Interpretation」 音のみ



Mika 「My Interpretation」 ライブだとかなりロック寄りなアレンジなんですね。
ベンフォールズばりに立ってピアノを弾いて歌うミーカ、かっこいい。
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。