スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Darkness 「Love Is Only A Feeling」

ちょっと今更感があるけど、ラウドパークでのDarknessのライブのこと。

Draknessの前はTriviumの出演。
僕はダークネスを前で見たかったので、トリヴィアムは対面ステージ側で観てたんだけど、
演奏が過去最高レベルの素晴らしさで、やっぱりステージ近くの盛り上がってる場所で見たかったな…、
なんてことを思いながらライブを観ていた。

ドラム変わったの大正解だわ。演奏がめちゃめちゃ引き締まってた。
ただ僕はやっぱり『Shogun』以降は好きではないので、選曲がなぁって思ってしまったけど。

そんなこんなでトリヴィアムのライブが終わって、ダークネス側のステージ前方に移動。
復活後の日本初ライブということもあって、かなり人多いかな…と思っていたけど、
大して人は詰まっておらず、するするとPA前のかなり前方まで来てしまった。

そして五分ほど待っているとSEがかかってライブがスタート。
ますはインストナンバー「Bareback」が一曲目。

ジャスティンの登場に沸くアリーナ。いやーかっこいい!
ジャスティンは派手な全身タイツで登場し、レスポールをかき鳴らす。
僕が待っていたダークネスが帰ってきたー。

そして『Permission to Land』の1曲目「Black Shuck」が炸裂。
イントロから手拍子して、盛り上がる。
ジャスティンのボーカル、この曲から絶好調。CDと同じハイトーンのファルセット。
ボーカル、全然劣化してない。超個性的なボーカルが昔と全然変わっていないことに驚き。

そして「Growing on Me」へと繋いで僕のテンションはかなり上がる。
この曲はシングルカットされて、PVもかなり観ていた曲なので、すごく思い入れがあった。
メロディアスなサビのところなんて懐かしくて仕方なかった。
特に目立っていないけど、リズム隊を初めとして、バンドの演奏もしっかりしていて素晴らしい。

続いてジャスティンがMCして曲紹介。あの曲のタイトルをコール。
「Get Your Hands Off My Woman」だ~!

僕が一番聴きたかった曲がこれだった。
僕はイントロから歓声を上げて、ノる。
でも、ライブの頭から薄々と感じていた違和感が…。

あんま、観客盛り上がってなくね?

アリーナ前方だから当然の如く、人はたくさんいる。
曲が終われば拍手もするし、ジャスティンに煽られればレスポンスを返す。
でもぶっちゃけ曲にノッていない人が多い。
いわゆる地蔵スタイルの人が、僕の周りに多かった。

後から振り返ると、きっとホワイトスネイク目当ての人が予め前方に陣取ってたのと、
そもそもダークネスのファン層が、
今回のラウドパークの客層と重なっていなかったんだろうと、思った。

ライブなんて楽しんだもん勝ちで、どんな楽しみ方をしようが、自由だと思う。
別に無理して盛り上がる必要もないし、それを強要するつもりもない。

でも、なんか寂しかった。
僕はダークネスを待っているファンの方々と、盛り上がりを共有したかった。
幸いなことに僕の隣にいた男の人は、かなりのファンっぽかったので、
自分のテンションを上げてくれたけど。

せっかく楽しみにしていたライブなら、盛り上がりの輪の中に入って、観たい。
だからこそ前方に行ったんだけど、正直失敗だと思った。
動くスペースが制限される分、前にいることはデメリットでしかなかった。

とはいえ、バンドの演奏は素晴らしく、
ジャスティンのボーカルは超絶的と言ってもいいくらいの出来だった。

そんな僕のモヤモヤした心境を吹き飛ばしてくれたのが、
「Love Is Only A Feeling」だった。これは本当に良かった。

この曲は本当にコテコテと言っても良いハードロックバラードで、
とにかくベタな盛り上げ方と、ベタなメロディが最高の曲。
あの懐かしいメロディを歌うジャスティンの姿を見ていて、
自分の学生時代のことを思い出して、ちょっと泣きそうになった。

ギターソロも完全に再現されていて、感激。
兄弟日本のギターが完璧にユニゾンして、魂に響く音を鳴らしている。
特にラストのギターソロはすごくぐっときた。

この曲のギターソロ、すごく好きだったから感激だった。
この曲が生で聴けていることが、ちょっと信じられないと、思った。

ここら辺からはバンドと観客も段々とコミュニケーション取れ始めたみたいで、
「Friday Night」では客に歌わせたり、どこかの曲ではコールアンドレスポンスも試みたりと、
どちらかというとアリーナ後方だったように思うけど、会場が温まり始めたようだった。

正直もう記憶も曖昧だけど、それからジャスティンは
フレディ・マーキュリーばりの変態衣装に着替えて更なる喝采を浴びていた。
あの胸をはだけた全身タイツのやつ。
ギター持たないとクネクネした動きで更に変態的。最高だった。

ライブ終盤に「I Believe In A Thing Called Love」を投下して、
この曲がライブのハイライトのようになった。

MCでは「俺達のライブは終わりだ」
「でもこの後にはArch Enemy、Limp Bizkit、そしてWhitesnakeがいるぜ!」って言ってから、
ラストの曲に繋いでいたような。

トリのリンプではなく、ホワイトスネイクの名前を最後に出してくるところが、
まー彼らの音楽性を踏まえるに、妥当だったんだろうなって、思った。

そしてあと「来年も来るぜ(また会おう?)」って言っていた。
これが正直な話、僕の救いだった。嬉しかった。


ダークネスの復活ライブ、そして僕にとって初のダークネスのライブ。
バンドの演奏は素晴らしかった。特にジャスティンのボーカルは素晴らしかった。

でも僕にとっては正直残念なライブになった。
もっと盛り上がりの渦中の中で、あのライブは観たかった。
みんなで飛び跳ねたりとか、そんな感じになると思ってたんだけどな…。

来年単独でライブをやってくれれば、きっとファンの方々しか来ないから、
物凄い盛り上がりになるだろうと思っている。
だから、あの言葉がリップサービスにならずに、現実になってくれることを祈るのみ。

クリマンさん、お願いします。
都合のいいときにお願いばかりなのは、申し訳ないと思うけど。


(セットリスト)2011.10.15 Loud Park 2011
Bareback
Black Shuck
Growing On Me
Get Your Hands Off My Woman
One Way Ticket
Love Is Only A Feeling
Friday Night
Is It Just Me?
Cannonball
Stuck In A Rut
Givin' Up
I Believe In A Thing Called Love
Love On The Rocks With No Ice


B0000C4GG7パーミッション・トゥ・ランド
ザ・ダークネス
ワーナーミュージック・ジャパン 2003-10-16

by G-Tools



The Darkness 「Love Is Only A Feeling」



The Darkness 「Love Is Only A Feeling」
2004年のライブ。このときより弟のギターは上手くなっていた気がします。
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

The Darkness 「Get Your Hands Off My Woman」

久しぶりの更新。

自分の今の状況とか、書きたいことは色々あるけど、
リハビリがてらに、いよいよ来週に迫ったラウドパークのことを。

タイムテーブルはまだ出ていないが、ステージ割りは発表された。
恐らく各ステージの右から順に交互に演奏って感じになるのかなーと思われる。

■ULTIMATE STAGE
LIMP BIZKIT/ARCH ENEMY/TRIVIUM/STRYPER/UNITED/AUGUST BURNS RED

■BIG ROCK STAGE
WHITESNAKE/THE DARKNESS/UNISONIC/KROKUS/AMARANTHE/ANIMETAL USA

何だかんだで今年もかなり楽しめそう。
特にUnited。「Combat!」「S.R.S.」「Violence Jack」あたり、やるのかな。
行こうと思えば小さいライブハウスで見れるバンドではあるけれども、
大きな会場で日本のバンドがフロアを盛り上げている様を見届けたい。


僕が今年のラウドパークのチケットを買ったのは、The Darknessを見るためである。
ひょっとしたらこのバンドが出ていなかったら、行かなかったかもしれない。

自分の記事で恐縮だけど、昔(2009年)にこんな記事書いてました。
http://hogeisendan.blog63.fc2.com/blog-entry-164.html

再結成を待望していたバンドが、本当に再結成してしまった。
これはなかなかにテンション上がるものです。
ラウドパークへの出演が決まってからはセットリストも、今のライブ動画も一切情報を絶って、
本番にどんなライブを見せてくれるのかをずっと楽しみにしている。

今でこそ色々なバンドを見に行くようになって、良くも悪くもライブはある意味生活の一部に
なっているけど、昔はそんなにライブを観れない環境にいたこともあって、
一つ一つのライブに対する自分の中での熱量が、昔はもっと高かったように思う。

そんな自分の昔のライブに対するテンションが、ダークネスのライブにはある。
Trivium、Arch Enemyと好きなバンドに挟まれる形での出演になりそうだけど、
ダークネスを前の方で見るために、こっちのバンドは後ろの方で見ることになると思う。


このバンドを知るきっかけになった曲が「I Believe In A Thing Called Love」だとすれば、
ハマるきっかけになった曲が「Get Your Hands Off My Woman」だった。

とにかくこの曲は濃すぎる。
スイングしまくるハードロックなギターリフにジャスティンのハイトーンボーカル。
ダメな人は多分全くダメな、個性的な曲。
2003年に突然変異的に登場したバンドの真髄が、この曲には詰まっていると思う。

絶対に見れないと思っていたバンドが目の前に登場したとき、
僕がどんな感情を抱くことになるのか、今の時点では分からない。
きっと札幌時代のこととか、昔のことを色々と思い返すんだろうなと思う。

とにかく僕と同じようにダークネスを待望していた人達と、
めちゃくちゃに盛り上がりたい。

素晴らしいライブになること、本当に期待している。


B0000C4GG7パーミッション・トゥ・ランド
ザ・ダークネス
ワーナーミュージック・ジャパン 2003-10-16

by G-Tools



The Darkness 「Get Your Hands Off My Woman」

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

The Darkness 「I Believe In A Thing Called Love」

最近、The Darknessの『Permission To Land』を中古CD屋で買った。
100円也。いまどき缶コーヒーすら飲めない値段で叩き売られていた。

そんで久しぶりに聴くダークネス。
素晴らしい。これ、絶対名盤だわ。


僕が札幌に住んでいた時代、北海道で唯一の洋楽番組という触れ込みで、
「まる音スーパーデラックス」という番組が深夜にひっそりと放送されていた。
確かに触れ込み通り、洋楽PVを垂れ流すなかなかの番組だった。メタル系のPVも多かった。

別に毎週見ていた訳ではないけど、やってる時間に家にいたら見てた。
バイトから帰ってきたらやってること多かった気がする。

ちなみにこの番組の司会やってたのが、ロッキー和田という人だった。
この人、札幌に洋楽バンドをブッキングするような功労者であるんだけど、
その言動と雰囲気がどうも癪に障る感じで、周りでは馬鹿にされることが多かった。

そんな彼、僕が本州に来てから、少女買春で捕まりました。
全国ネットで出回る彼のニュースは、僕らの周りにあっという間に広まり、
さんざんネタにされたのでありました。

北海道出身の人なら分かるよね…。


そんなことはどうでもよくて、その「まる音」で毎週のように曲が流れていたのがダークネスだった。
下手したら半年くらいずっと流れてたんじゃないか。

当時、すっかりダークネスにハマった先輩は、
まだ幼い自分の子供に毎日聴かせていると、喜んで話していた。
他の音楽よりダークネスがお気に入りだと。ほんとかいな。

確かにでも強烈なインパクトがあった。このバンドには。

まずビジュアル。お前らいつの時代のバンドだって。
ジャスティンの衣装は、いつも胸をはだけていた。
あの映像見たら子供が見たら喜ぶのも分かる気がするけどね。

そして、音楽。これまたいつの時代のバンドだと。
でも、ツェッペリンのようなイギリスの伝統的なブリティッシュハードロックに、
ヴァンヘイレン的な、80年代のアメリカナイズなテイストをまぶした音楽は新鮮であったりする。

とはいえ、音としては完全に80年代のそれ。

2000年代初頭に、ロックンロール・リバイバルなるムーブメントがあって、
それはクラシックなガレージロックを現代風に解釈するようなものだったと思うんだけど、
ダークネスの場合は、徹底的にリバイバルである。

確信犯的に現代的な要素を徹底的に排除し、
過去の音楽を、過去に忠実に、現代において再現している。

当時はそれがすっごくすっごく新鮮だったんだろうな。
このアルバムがUKで1位取ったのです。しかも4週連続らしい。
当然色物扱いだったとは思うんだけど、音楽が素晴らしくなければ、ここまで売れない。


彼らのアルバムを聴いていると、その徹底さに脱帽する。
70年代風の枯れたギターの音もいいし、スイングしまくるリフも最高。
リズム隊も派手なことはやらないけど、とっても安定してる。太いリズム。

何といってもジャスティンのボーカル。
フレディ・マーキュリーに影響受けているんだろうけど、間違った方向に彼は進化した。
裏声を多用するそのボーカルスタイルは、他にはない、唯一無二の存在感があった。

彼のボーカルがあってこそ、ダークネスの音楽が耳に残っていたのは間違いない。


そんなこんなで、スターを気取っていた彼らは、本当にスターになってしまった。
その環境の変化は、彼らに相当なプレッシャーをもたらしたのか、
最終的にジャスティンはクスリに手を出して、バンドは分解してしまったのである。

すごく悲劇的な結末だ…。あれだけゴキゲンなバンドだったのに。


『Permission To Land』

アルバム序盤から、怒涛のように名曲は続く。
「Get Your Hands Off My Woman」「Growing On Me」
「I Believe In A Thing Called Love」「Love Is Only A Feeling」

ここらへんの曲を聴いていると、すごくいいなーと懐かしい気持ちも込めながら感動する一方で、
悲劇的な結末をたどったバンドを思い、苦い気持ちになったりもするのである。

いつか再結成してほしいな。絶対ライブ観に行くんだけどなぁ…。


皆さん、『Permission To Land』、叩き売られてたら買ってあげて下さい。
100円なら損はないですよ。


B0000C4GG7パーミッション・トゥ・ランド
ザ・ダークネス
ワーナーミュージック・ジャパン 2003-10-16

by G-Tools



The Darkness 「I Believe In A Thing Called Love」
ツッコミどころ満載のすさまじいPVです。個人的にギターソロのマーシャルの壁、好き。
これが北海道の深夜、毎週のように垂れ流されていたのです…。そりゃ耳に残るわ…。



The Darkness 「I Believe In A Thing Called Love」
ライブも上手いです、彼ら。ジャスティンのボーカルがライブでも再現されてるのが驚き。



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。