スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OUTRAGE 「RISE」

Anvilが諦めなかった男達なら、このバンドも諦めなかった男達。

橋本復帰後に入魂のセルフタイトルアルバム『OUTRAGE』をリリースしたアウトレイジ。
このアルバム、めちゃめちゃいいです。会心作。
メタラーの間では、今年出たSLAYERやMEGADETHのアルバムと比較されるくらいの出来栄え。

ぶっちゃけて言えば過去の焼き直しで、
メタルの新たな境地に踏み込むような革新的なアルバムではない。

でも、最高。アウトレイジにしか作れない、最高のメタルアルバム。

インタビューで彼らはアウトレイジのメタルアルバムを作りたかったって言ってたけど、
その通りの出来。下手したら過去の名作よりも、最新作の方がクオリティ上かも。


1曲目「RISE」で一気にもっていかれる。
曲構成やドラムパターン、多くの人間が名曲「MY FINAL DAY」を思い浮かべるであろう曲。

静かなイントロから始まって楽器のボリュームがアップして、コーラス。
すっげー男臭い。そして一気に怒涛の展開に突入。
橋本のボーカルが、刺さる。この人の声、やっぱり好きだわ。かっこいい。

「YOU CARE? I DON'T CARE」はパンキッシュなエネルギーを
スラッシュビートに乗せて吐き出した曲。
この曲でも橋本のボーカルが冴える。ライブでめちゃめちゃ盛り上がりそう。

一転してグルーヴィーな「REIGN」。これは「FOLLOW」を髣髴とさせる。
うねりを上げるベースとタメの効いたドラムがかっこいい。

そしてまた雰囲気は「UNTIL YOU ARE DEAD」にて一転。
70年代ハードロック的なリフがかっこいい。歌メロもキャッチーでいい。

そして「FISTS FULL OF SAND」。これ、めちゃめちゃいいです。名曲。
これは「MADNESS」を彷彿とさせる。
この曲は阿部のギターが素晴らしい。単純なんだけど、身体にくるリフ。パンクに近い爽快感。
ギターソロの構成も素晴らしい。マイケル・シェンカーばりの泣きのギター。

どっしりしたミドルテンポで聴かせる「SHELLS RAIN DOWN」。
コーラスが古き良きメタルって感じで、とても良いです。この曲もお気に入り。
単純何だけど、この曲のリフもかっこいい。センスあるわー、この人。この曲のギターソロも最高。

「LANDSHARK」はまたまたパンク調の疾走ナンバー。
アウトレイジってメタルなんだけど、パンクの影響も強い。
マイナースケールを多用したギターソロとパンク要素、そしてメタルの融合がこの人たちの個性。
この曲ではその真骨頂を聴く事ができる。

あっという間にアルバムはクライマックスへ。渾身のバラード「SHINE ON」。
橋本のボーカルが素晴らしい。

メタルっていうとハイトーンのボーカルが一般的に連想されるけど、
この人の場合、中音域の発声がすごい。切れ味がある。
メタリカのジェームス・ヘッドフィールドばりのボーカル。色気がある。
この曲はライブでもハイライトになりそうな曲。

名曲の余韻そのままにギターインスト「TOR」。
どことなく北欧のメタルバンドっぽいギターフレーズ。ハモリもあるし。
フレドリック・ノルドストロームの影響感じるのってこの曲くらいかも。

ラストに配されたのは、これまたパンキッシュなスラッシュナンバー「TERRORIZER」。
これもライブでめちゃめちゃ盛り上がりそう。
サビで客が一緒にコーラスする光景が目に浮かぶようです。
こういう疾走曲でアルバム締めくくるのは『MASTER OF PAPPETS』のようで、良い。


あっという間の40分。ダレることなく、一気に聴けます。
最初から最後まで捨て曲なし。曲ごとにメリハリあるし、飽きずに聴ける。

フレドリック・ノルドストロームの音もいいです。
ARCH ENEMYほどじゃないけど、硬質でバキバキしたミックス。
音でかくして聴いてると、否が応でも気持ちの高ぶりを感じるような音。

曲が過去の自分達を意識して作られている分、現代的でクリアな音作りは重要な肝だったかもなー、と。
これで録音しょぼかったら、ただの焼き直しにしか聴こえなかったかもしれない。


こういう復活系のバンドって、ライブだと新曲より昔の名曲の方が盛り上がるもんなんだけど、
アウトレイジの場合、新曲も過去の曲と同じくらい盛り上がりそう。
そうなったとき、バンドは初めて復活、現在進行形のバンドって言えるんじゃないかな。

ツアー初日、渋谷BOXXは小さい箱だけど、チケットは即日ソールドアウト。
LOUD PARKでライブが終わった後、自然発生的に起こった「OUTRAGE」コール。
Amazonではあっという間に、ニューアルバムは在庫切れ。

こういった事実を前にすると、彼らを待っている人間って多かったんだろうなと実感する。

今、バンドに流れが来ているのは間違いない。
このチャンスを生かして、とにかく売れてほしい。
日本の市場だと限りがあるから、世界のメタラーに目を向けて、プロモーションしてほしい。
そして音楽で生活するのは無理にせよ、不自由なく彼らが好きな音楽やれる環境を手に入れて欲しい。

LOUD PARKのとき、あのバンドは何だって、出演バンドの中で注目されていたようだし。


バンドにこうした追い風が吹き始めたのは、橋本復帰が起爆剤になったのは間違いないんだけど、
橋本脱退後もOUTRAGEの看板を下ろさずにバンドを続けてきた、
阿部、安井、丹下の三人の忍耐、努力の賜物だと思う。

三人時代のライブは観たことないけど、
小さなライブハウスで、少ない観客相手にずっと頑張ってたらしい。

諦めずに続けていれば、その想いと努力が報われる。
それが現実になっていく様を、このバンドを通して見つめていきたい。


渋谷BOXXは行けないけど、クラブチッタのライブは行きたい。
絶対すごいことになると思う。かなり客集まるんじゃないかな。
第二の黄金時代を期待。


B002PKA9ZEアウトレイジ
OUTRAGE
ビクターエンタテインメント 2009-11-25

by G-Tools



OUTRAGE 「RISE」
さすがに見た目はおっさんだけど、出す音はとにかく若い。
このPVもかっこいい。再始動の幕開けにふさわしい曲。
ちなみにビクターはYoutubeもプロモーションに使ってる様子。いいアイディアだと思う。
多くの人の目に触れてくれるといいなあ…。
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Outrage 「Megalomania」

昨日、久しぶりに酒飲んで記憶がなくなる。
先輩の頭叩いたり、路上で寝ていたりしていたらしい。

いつも思うんだけど、記憶がない状態の自分って「素」なんだろうか。
「いつもの自分?理性」=「素の自分」なんだろうか。
あーやだやだ。フォローしてくれた方々に感謝。

僕には、煽られると、ついつい飲みすぎてしまう癖があります。
基本、酒に弱いんだけど、もっと飲めよ、とか煽られるともう駄目です。
このやろー、見とけって無理して飲んで、記憶が飛びます。

先輩叩いてたのも、恐らくその流れなんでしょう。
これに関しては、罪悪感は、全く無い。


そんな訳で、素晴らしく天気の良い日でありましたが、
酷い二日酔いのため、今日も一日静養に充てざるを得ませんでした。

そんな日はずっとネットしてます。
そんな中でびっくりするニュースを見つけたり…。
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=128528

SLAYERのトムが喉の病気で声が出なくなり、ライブをキャンセルしたとのこと。
これはやばい。来日まであと1週間。治るのか…。日本来るのか…。
治ったにしても病み上がりで強烈なパフォーマンスは期待できないよな…。

これはブルーだ。

そんなこんなで、一日中ネットで情報漁っていた。
そんな中で、アウトレイジの橋本復帰ライブ動画見つけて、繰り返し見てた。
何だかんだでラウドパークまであと1週間だな。


日本のメタルは、Xとか筋肉少女帯、セックスマシンガンズみたいなバンドのイメージが強くて、
どうしても様式面が強調されることが多い。
でも裏のシーンでは、ストイックにメタルに打ち込んで、音楽的探求を続けるバンドがいた。

そんなバンドがアウトレイジ。僕にとって彼らは日本代表のメタルバンドだった。

彼らは海外でレコーディングしたり、世界に目を向けて音作りをしていたバンドで、
そこそこの人気もあったはず。『The Final Day』『Life Until Deaf』は、ほんとによく聴いた。

特に『Life Until Deaf』は様式的なメタルが排除され、グランジの嵐が吹き荒れ、
世界的に多くのバンドがメタルが進むべき道を見失っていた中で、
日本から一つの答えを出した傑作だったと思う。

時代特有のダーク感と、とにかく強靭なリフとリズム。
それでいてメタルの高揚感はそのままに。
はっきり言って日本はメタル後進国だけど、日本人がこんなアルバム作ったのは素晴らしいことだ。


でも彼らは日本でも世界でも、商業的にブレイクするまでには至らなかった。
その音楽性故か、プロモーションの故か。

そしてボーカルの橋本は脱退する。
理由としてはバンドで家族を支えていくことが出来ないからと、どこかで読んだ。
悲しかった。このレベルのバンドでも、食べていけないんだな…って。
自分達のやりたい音楽と、時代がマッチしないと生き残れない。厳しい業界だ。

でもそんなアウトレイジは長い時を経て、橋本が完全復帰し、オリジナルメンバーに戻った。
しかも、もうすぐアルバムも出る。タイトルにはバンド名を冠してきた。『OUTRAGE』。
そして何と、プロデューサーはフレドリック・ノルドストローム。
Arch EnemyやIn Flamesのプロデューサーです。どんな音に仕上げてくるか、これは楽しみ。

彼らの決意の程が伺える。僕が出来るのはCDを買ってあげることだな。

橋本はバンドと平行して仕事をやっているから、
アウトレイジのライブは土日祝日しか基本的にやらない。
音楽に専念してマイペースに活動してもらえれば一番いいんだけど、
そのためにはやっぱり、売れなければならない。

今回のアルバム、売れるといいな。

そしてラウドパーク。すっげー楽しみ。ファンの人達と盛り上がりたい。


B000OZ2GV2ライフ・アンティル・デフ
OUTRAGE
ワーナーミュージック・ジャパン 2007-06-06

by G-Tools



Outrage 「Megalomania」 2007年のライブ。会場の盛り上がりが凄いです。
メンバーも、もうおじさんなんだけど、熱演してます。やっぱり、橋本のボーカルいいですね。



Outrage 「Megalomania」 PV 1995年の作品です。かっこいいー!めがろめにあー!



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。